【キングダム】極悪非道な桓騎軍メンバーまとめ

スポンサーリンク

キングダムに登場する秦国の武将で、政や信の味方でありながら、初登場時から極悪非道な振る舞いが目立つ桓騎軍。

今回はそのメンバーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

桓騎軍の成り立ち

桓騎自身が元野党の首領であり、桓騎軍の幹部たちは盗賊時代に吸収、征服した盗賊団の頭領達で、その部下達もそのまま軍に吸収しています。

やたらと柄が悪かったり、奇抜な格好をしていたりしている者が多いのはこういった経歴の人間が多いためであり、彼らをまとめて従わせられるのは、桓騎に高いカリスマ性があることの現れと言えるでしょう。

幹部のほとんどが、このような出自からどこか常軌を逸したような獰猛さや残虐さを持っており、信や政の味方でありながら、不気味な雰囲気の漂う軍だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

桓騎軍のメンバー

 

桓騎

秦の筆頭将軍「白老」蒙驁の副将で、名のある武将たちからも「化け物」と評されるほどの戦の天才です。

同じく副将の王翦と合わせて秦の六将軍にも並ぶ実力者と言われていますが、国内外での知名度は低く、趙の李牧ですらその実力を知りませんでした。

将軍としては「凡庸」と評される蒙驁が高い戦果を上げているのは、彼と王翦の力による所が大きいようです。

 

出自

かつて秦軍の討伐軍に対して無敗を誇った山賊の頭領であり、傲岸不遜で冷酷な性格は、この頃に形成されたものなのかもしれません。

このころには、とある邑を攻め落とした際、自ら村人全員の首を切り落としたことで「首切り桓騎」と渾名されていました。

 

戦略

誰から習ったでもない彼独自の戦術を用い、ゲリラ戦術や相手の虚を衝く戦い方を得意としており、勝つためであれば非情な作戦でも実行します。

また、敵への過剰な拷問、殺戮などの卑劣なことも平然と行い、秦への忠誠心も薄く、合わせて出自も山賊ということから一部の味方の武将から疎まれていますが、ある種のカリスマ性を持っているからか、部下からは慕われています。

古参の部下は、桓騎の原動力は「全てへの激しい怒り」だと話していますが、これに関しては詳しいことはまだわかっていません。

 

雷土

元々桓騎とは別の野盗団にいましたが、現在は桓騎軍のNo.2を務める五千人将であり、桓騎に意見できる唯一の人物です。

巨体を生かした武力が特徴時ですが、意外に頭も切れるため、戦況を見極めることにも長けています。

しかし、常に冷静な桓騎とは対照的に、血の気が多い性格のようで、飛信隊と対立した時には一番に信に殴りかかりました。

黒羊丘の戦いでは、隊がバラバラになって窮地に陥ってしまい、一時撤退したものの、趙軍の作った砦を燃やし尽くすことで逆襲を果たしました。

 

摩論

雷土と同じく五千人将で、桓騎軍の軍師です。

桓騎軍では珍しく、優しく紳士的な口調で話します。

桓騎軍の作戦参謀を務めていることからもわかる通り、知識量が豊富で、各国の名のある武将はすべて頭に入れており、前線に立ちながらも戦場の全体図を描きながら戦っています。

 

黒桜

桓騎軍副官の女性で、前述の雷土、摩論と同じく五千人将です。

桓騎には将軍としてだけではなく、異性としても心酔している様子で、思いを寄せていると思われます。

野党時代から桓騎の配下であったことから、桓騎のことは「お頭」と呼び、自身の配下からは「姐さん」と呼ばれています。

野盗時代からの付き合いがあることから、桓騎のどんなに残忍な指示にも従っていますが、黒桜自身も知的かつ武芸にも秀でた強力な武将で、戦場では騎馬を駆りつつ、一射で2本の矢を放って命中させたり、攻守ともに適切かつ迅速なタイミングでの増援を送ったりと、幹部として非常に有能な様子が描かれています。

 

オギコ

桓騎軍所属の千人将で、独特な髪形に、鼻輪という非常に特徴的な恰好をしています。

いつも桓騎の肩もみをしており、落ち着きのない行動や、頼りない言動が目立つものの、千人将であることから、接近戦での武力には桓騎からも信頼を寄せられています。

黒羊丘の戦いの前に飛信隊に何故か伝令として派遣されていますが、彼の挙動があまりにも怪しすぎたために飛信隊に止められていました。

 

ゼノウ

獰猛さでは桓騎軍随一と言われているゼノウ一家の頭で、気に食わない場合には見方でも殺してしまいます。

隊員も常軌を逸したメンバーが所属しています。

蒙武よりも一回り大きい体格の持ち主で、大きく見開いた目をギョロギョロと動かすため何とも不気味なキャラクターですが、見た目に反せず並外れたパワーの持ち主で、黒羊丘の戦いの最終局面では、趙軍に対して立て直しが不可能と思われるほどの壊滅的なダメージを与えました。

 

砂鬼一家

残虐さでは桓騎軍随一とされている一家です。

リーダーも隊員も全員灰面を被っており、基本的に素顔は見せません。

有益な情報を入手するためですが、捕虜への残虐な拷問を好んで行い、「砂鬼に捕まる事が中華一の不運」と言われています。

桓騎軍の拷問係を担当しており、一家の者は切断された指や耳で作られた何とも悪趣味なアクセサリーを身につけて、常に死臭を漂わせています。

桓騎は砂鬼一家の拷問を利用して、敵に恐怖心を与えることも戦略に組み込んでいるようで、例えば、黒羊丘の戦いでは五日目に黒羊丘近辺に住む村人達の屍で作った「贈り物」を紀彗達に届けて脅して、戦いの勝敗を決定づけました。

 

倫玉

黒羊丘の戦いで、桓騎に付き従って騎馬隊を率いていました。

桓騎軍の中では珍しくかなり良識のある人物であり、砂鬼の拷問を目の当たりにして嘔吐していました。

また黒羊で桓騎軍と飛信隊が衝突した際、那貴と入れ替わりで桓騎軍に一時加入していた尾平を割って入らせたことで結果的に殺し合いに発展するのを防いだ人物でもあります。

 

馬印

黒羊丘の戦いで飛信隊への伝達係として動いていた武将です。

桓騎が一日目の飛信隊の失態の咎で信の片腕を要求した際、危うく信に自身の腕を斬られそうになりました。

 

角雲

「守りの達人」と呼ばれている千人将です。

守備的体系を取るために黒桜から呼び出され、黒羊丘の戦いに参加しましたが、奇襲してきた紀彗に首を刎ねられ死亡しました。

 

外摩、智春

黒桜軍の2人の武将です。

外摩は顔が醜い太った中年で、智春は桓騎軍では珍しい美形の青年です。

 

巴印

雷土軍で、尾平とともに行動していました。

襲った村人が落とした財宝を尾平に渡したことで事件を引き起こした張本人です。

 

ホウロ

雷土軍の一員で、伝令として働いています。

 

岩迅

雷土軍の一員です。

仲間達とともに信を嘲笑にしたことに殴り掛かって来た尾平を逆上して殴り殺そうとしましたが、那貴に止められました。

その後、那貴と彼の隊を侮辱したことで那貴の怒りを買い、首を折られて死亡しています。

 

那貴

桓騎軍の元千人将で、黒羊丘の戦いの後正式に飛信隊に加わりました。

常に冷静ですが、本人は「怒らせると雷土よりおっかない」と話しています。

スポンサーリンク

まとめ

以上、桓騎軍のメンバーをまとめてみました。

いかがでしたか?

 

極悪非道という印象が強い桓騎軍ですが、作中ではまだまだ活躍を続けています。

しかし、李牧からも弱点を見抜かれているようであり、実は史実でも彼に敗北することになっていることから、今後は活躍に陰りが見えてくるように思います。

非常に汚い手段で手柄を上げていく人物に見えているかもしれませんが、実際戦国時代にいた武将はこんな人物が多かったのかもしれないなとも思います。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です