【テニスの王子様】最強の技が決定!登場した技の強さランキングベスト10!

スポンサーリンク

コミックだけではなく、アニメ・ミュージカルなど様々な分野で人気を持続させている「テニスの王子様」。

登場する沢山のキャラクターがそれぞれの特性を生かした奇抜な技も人気の理由の一つでもあります。

今回は、テニスの王子様の作中で登場した最強技をランキング形式でご紹介いたします。

スポンサーリンク

テニスの王子様 最強の技ランキングベスト10

 

10位 COOLドライブ

主人公の越前リョーマが使用するスマッシュです。

作中で度々名前は紹介されていましたが、実際は関東大会の準決勝・立海大付属とのシングルス1で真田弦一郎相手に1度だけ使用されました。

球に強い回転をかけることによって、全く跳ねることがなく打ち返すのが不可能なボールです。

バウンド前に返球しようとしても、ボールはラケットから相手の方まで駆け上がってしまいますので、今のところ攻略法はありません。

余談ではありますが、本誌掲載時にCOOLドライブを放ったリョーマの指が6本に描かれていたことから、この6本目の指をCOOLドライブと呼ぶファンもいます。(なお、コミック版では修正されています)

 

9位 イリュージョン

立海大付属の3年生幸村精市が使用する技です。

技と言っても、スマッシュやサーブのようなものではなく、相手のプレイスタイルや難易度の高いテクニックまでも模倣してしまうという技です。

10手以上も先を読むことのできる頭脳と観察力を持ち合わせた幸村ならではの技です。

その精度は模倣の域を超えており、容姿までもがその相手のように見えてしまうほどです。

跡部と幸村がダブルスを組んだ際には、まだ試合前ということにも関わらず、審判が名前を呼び間違えてしまう描写があります。

まさにイリュージョンのような技です。

 

8位 風林火陰山雷

立海大付属の真田が放った技で、それぞれの漢字に意味があります。

これは武田信玄の軍旗にある「疾きこと風の如し」から始まる有名な、「風林火山」をモチーフにした技です。

足されている2つの文字は「陰」と「雷」です。

まず「陰」とは、隙を見せずに様々な行動パターンを相手に連想させることによって、先の行動を読めなくさせるという意味合いです。

また、「雷」は雷のごとく光の速さでどこにでも出現し、落雷を思わせる直角に曲がる打球を打ち込む、ということです。

この技によって繰り出される球威はすさまじく、相手のラケットを貫くほどです。

この技もまた、返球不可能とされています。

 

7位 サムライドライブ

この技も主人公である越前リョーマの必殺技として名高いショットです。

空中で体をひねりながら打ち返されたボールは凄まじい回転がかかり、またそのボールをネットのワイヤーに直撃させることによって、ボールは真っ二つになってしまいます。

さらにそのボールは相手のコートに落ちるため、相手は二つに割れたボールを返球することは不可能です。

テニスのルール上、ボールに何らかの破損などで弾まない場合は、ボールが最後に落ちている方の失点となります。

現実的に考えてしまうと、故意的にボールを壊しているので、微妙なラインではありますが、グレーゾーンと言えるでしょう。

 

6位 手塚ゾーン

名前つけられている通り、青学テニス部部長手塚のもち技です。

ボールに特殊な回転をかけることによって、相手の返球を意のままに操ることができる技です。

片足を軸にした動作のため、足跡が弧を描いたように残るのが特徴的で、原作の中で描写は過激化していき、手塚自身が竜巻を起こしてボールを引き込んでいるようにも見えます。

また、この技については、松岡修造が著書の中で現実的にも不可能ではないと明言しています

手塚ゾーンという名前で親しまれており、手塚の代名詞のようにもなっていますが、実は作中でこの技を初披露したのは、リョーマの父「越前南次郎」です。

スポンサーリンク

5位 超ウルトラグレートデリシャス大車輪山嵐

四天宝寺中学校の遠山金太郎が使う必殺技です。

連載前は金太郎が主人公として描かれていた漫画でもあったため、かなり派手な大技で、全国大会でリョーマとのエキシビジョンマッチで使用されました。

その全容は明らかになっていませんが、驚異的なジャンプをした先で体を回転させ、その遠心力を味方につけて打ち込むスマッシュの一種です。

かなりの威力を持つ豪球で、小柄な金太郎が類稀なる身体能力を利用して編み出したパワー技です。

 

4位 手塚ファントム

コチラもその名の通り、手塚の必殺技の1つです。

6位の手塚ゾーンとは全く逆の考え方で、特殊な回転をかけることによって相手の打球をすべてコートの外に出してしまうという技です。

球への回転を主軸とした技なので、球威は落ちると考えれば、打ち返すことはできそうですが、打球はアウトになってしまいますので、点数を取ることができません。

この球を打ち続ければ負けなしとも思われますが、腕にかなりの負担がかかってしまいます。

1度の試合で2~3回は使用可能でも頻繁に使うことはできません。

ここぞというときの切り札ともいえる技です。

 

3位 零式サーブ

こちらも手塚が使用する技です。

手塚のもち技でもある「零式ドロップ」をサーブに落とし込んだ技で、零式ドロップと同じように、ボールは地面に落ちた瞬間弾まずに手前に戻ってきてしまいます。

こちらも返球不可能とされており、サーブに落とし込んだことで手塚は邪魔されることなく完璧に打つことができるため、最強とも言えます。

しかし、こちらの技も腕にかかる負担が大きく、1回の試合で頻繁に使うことはできません。

どうしても1点を奪いたいときや、相手の戦意を削ぐためのきめの一打として打たれると、より効果的でしょう。

 

2位 五感剥奪

9位のイリュージョンでも紹介した幸村が使う技です。

こちらの技もイリュージョンと同じように直接的な攻撃などではなく、相手選手に「イップス」という精神障害を引き起こさせるものです。

幸村の目指す「完璧なテニス(パーフェクトテニス)」では、どんなショットをどこに打っても返されてしまうため、相手は絶望しテニスをプレイしていること自体が苦痛へと変わります。

このように一時的に「イップス」の状態を引き起こすことによって、最終的には心身症のような状態になり、相手選手は五感さえも失ってしまうという恐ろしい技です。

他キャラクターのように決まり手となるスマッシュなどを持っておらず、頭脳を使って精神的に相手を追い詰めていくプレイスタイルを得意としている幸村だからこそ、編み出せた技と言えるでしょう。

 

1位 天衣無縫の極み

テニスプレイヤーの中では唯一、越前南次郎が開いたと伝わる無我の境地です。

己の限界を超えた者だけがたどり着けると言われている「百戦錬磨の極み」「才気煥発の極み」に続く最後の扉です。

作中では越前リョーマが対幸村戦で発動しており、天衣無縫の極みに至ったリョーマは髪が逆立ち、色素が薄くなるなど、覚醒したことを体現するかのように、容姿にも変化が表れています。

リョーマの父である南次郎によると、天衣無縫の極みというものは実際には存在せず、「テニスが楽しくてしょうがない」という状態のことだという説明があります。

テニスを始めたばかりで楽しくてしょうがない時期は、誰もが天衣無縫だということです。

2位で紹介した五感剥奪を主軸としている幸村とは対照的なこの技は、完全なる五感剥奪のカウンターとして表現されています。

スポンサーリンク

まとめ

最強の技だけをみると、やはり手塚の技が目立ちます。

作中でも最強と言われているキャラクターなだけに、繰り出す技も最強と言えるでしょう。

この他にも様々な奇抜・奇才な技が登場するテニスの王子様。

今後どのような技が紙面を彩るのか今後の展開も目が離せません。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です