【トリコ】最強キャラランキングベスト10

スポンサーリンク

長きに渡って「週刊少年ジャンプ」に連載されていた人気漫画「トリコ」。

作中で最強のキャラクターは誰なのでしょうか?

独断と偏見に基づいてランキングベスト10を作成してみました!

スポンサーリンク

トリコの最強キャラランキングベスト10

 

10位 ドン・スライム

読者が考案したキャラクター、ドン・スライムが第10位です。

エリア6に向かう途中に磁貝の中に紛れ込んでいた食霊で、かつては「宇宙の災害」とも呼ばれていましたが、何らかの理由で死亡し、食霊となりました。

最終的にはネオに食われて死亡しますが、全宇宙を支配した王だった時代にはパンチ一発で星を破壊し、小さな星すら複製する程の力をもっていたり、あらゆる物体に見た目だけでなく、細胞レベルにまで姿を変えることができ、地球上の多くの生物を同時に宿主として操ることができたりと、「災害」の名前にふさわしい能力を有しているので、10位にランクインしました!

 

9位 スタージュン

第9位は美食會副料理長の1人であるスタージュンです。

通称「スター」と呼ばれ、「シバの兜」という黒い仮面で顔を隠しています。

三虎と同じく生まれつきグルメ細胞をもっているため、顔には火傷の痕のような痣がありますが、仮面の下はかなりの美男子です。

実力は美食會会NO.2で、最新式のGTロボですら自分の能力を思い通りに発揮出来ないほどの恐るべき戦闘力の持ち主です。

掌や全身をマグマ級に高熱化させる能力をもち、それにより触れた物体を瞬時に焼いたり、鉄の沸点2800度は下らない火力の炎を自在に操ったりすることが可能となっています。

また、トリコのアルティメットルーティーンと同じように自分の技が成功するイメージ(思い込み)を相手に共有させ、威力と成功率を強化することも出来ます。

 

8位 GOD

作中に登場する最高級の食材です。

トリコを始め、全ての美食家にとって究極の目標でもあります。

神格獣類に分類されており、捕獲レベルは圧巻の10000という作中最高ランクの捕獲レベルを誇っています。

見た目はカエルそのものですが、食材の王でありながら、究極の捕食者でもあり、近くにいるだけでも命を吸われ、その食欲は月すらも一口で平らげると言われており、自身に引き寄せられた食材(猛獣)を無作為に食い尽くすなど凶暴な一面をもっています。

また、身体は頑丈でありながら俊敏な動きも可能で、非常に長い舌を武器に戦います。

 

7位 次郎

第7位は「ノッキングマスター」と呼ばれている伝説の美食屋である次郎です。

無類の酒好き老人ですが、市販されていないオリジナルのノッキングガンをつかって、自身の肉体を強化したり、死んで間もない生物の心臓を再び鼓動させたりと、ありとあらゆるノッキング法を熟知しており、本気になると筋肉隆々のがっちりした男に変貌します。

引退した身でありながら、本気になった時にはグルメ界の巨大な猛獣さえ威嚇だけで屈服させるだけの凄まじい力を秘めています。

 

6位 一龍

IGO会長であり、アカシアの一番弟子です。

作中に登場した時には既に美食家を引退していましたが、その驚異的な身体能力と戦闘力はいまだ衰えておらず、トリコが「四天王」と呼ばれるようになってからもトリコを完全に子供扱いできる強さを誇っています。

その真の強さは、ボスの三虎を除く美食會の幹部全員が束になっても勝てない程であり、平方根の法則により自身や周囲の少数派の原子を操り、それを利用して空を飛ぶことも可能です。

 

5位 ネオ

グルメ細胞の悪魔であるネオを第5位にしたいと思います。

アカシアの内側に合った恐ろしい食欲の原因は、体内に潜んでいたネオが原因です。

ジョアいわく、元々は1つのグルメ細胞だったようですが、100億年以上も昔から何度でも蘇る捕食生物と化しており、身体の一部だけでもブルーニトロや捕獲レベル4000近い猛獣を一瞬で食べてしまうことができ、天変地異さえ食らうことが可能です。

グルメ界に君臨する八王の総攻撃に対しても一瞬で吸収して全て防ぎ切り、彼らを瀕死の状態まで追い込んでおり、まさに食物連鎖のトップに君臨する生物と言えるでしょう。

 

第4位:三虎

美食會ボスでアカシアの三番弟子です。

「万物は全て餌」と豪語し、自身の伸縮自在で強靭な舌を操り、あらゆるものを一瞬で食らい尽くしてしまいます。

驚異的なミラーニューロンの才能をもち、人の動きや技を真似することに長け、カメレオンのように体色を変えて周りの景色と同化して自身の姿を消すというトリッキーな能力ももち、トリコたち四天王が4人がかりで発動した王食晩餐も一人で使用することができるという非常に強力なキャラクターです。

まさに人間の限界を超えたような強さを身に着けており、最終決戦のアカシア戦でトリコと共闘した時にもその強さをいかんなく発揮していました。

 

3位 完全体アカシア

いよいよランキングベスト3です!

第3位は「美食神」アカシアの完全体です。

作中で500年ほど前にこの世の全てを「食破」したことで、この異名がつけられました。

グルメクラゲとグルメ細胞の発見者であり、晩年に全ての食材の頂点に立つ幻の食材「GOD」を発見したと言われており、当時100年以上にも渡って繰り広げられていたグルメ戦争を食によって終結させた功労者という一面ももっています。

自らの食欲の根源でもあったネオをも完全に体に吸収したことで、元々8000以上もあった捕獲レベルが30000にも達し、「無限釘パンチ」すら2回吸収して止めています。

巨大な手で地球自体を破壊できる長大な威力を持つ攻撃を行うことができ、まさに化物となった状態です。

最後の戦いではトリコの怒りのフルコースを喰らってもなお全てを食い尽くそうとしていたところ、トリコの中の三人目の鬼にとどめを刺されたことで理性を取り戻し、ネオを止めるために悪役を演じ、トリコたちを怒らせていたことを明らかにしました。

最期はネオをトリコに託し、死亡します。

 

2位 トリコ

本作の主人公であるトリコは第2位にしたいと思います。

「美食屋四天王」の一人であり、人並み外れた筋肉質の肉体と身体能力を持つ大男です。

生まれついてのグルメ細胞もちで、赤鬼オーガーと青鬼、そして謎の鬼の三種類の悪魔を宿しています。

他の美食屋同様、世界中の珍しい食材を使った「人生のフルコースメニュー」を作ることを目標とし、最終目標には伝説の食材「GOD」を据えています。

しかし、例え「GOD」出現によるグルメ戦争が勃発しても世界中の人々に分け与えて阻止すると心に決めており、正義感にあふれた優しい性格をしています。

戦闘や狩りは素手で行い、ナイフ、フォーク、釘パンチを基本とした破壊力のある技を使用する一方、頭の回転も速く知識も豊富という知的な一面ももち、自分が訪れる大自然の生態系なども完全に把握しています。

さて、トリコを超える第1位は?

 

1位 スペースタイパン

第1位は最終話に登場した生物です。

小松が「八王の何十倍も強そう」と言っている通り、捕獲レベルは驚異の53万となっている恐るべき怪物です。

捕獲レベル30000の完全体アカシアですら大苦戦の末倒したわけなので、当然作中にこれを倒せるキャラはいないのではないでしょうか。

ほぼネタキャラだと思いますが、一応登場したので第1位はこのスペースタイパンに決定しました。

スポンサーリンク

まとめ

以上、トリコの最強キャラランキングベスト10でした!

いかがでしたか?

物語が進むにつれて強力で巨大な食材が沢山登場したため、人間以外が多くランクインしています。

最終回後に宇宙に飛び立ったトリコたちのその後も気になるところですが、ファンとしてはいつか続編が出てほしいところですね!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です