【ナルト】最強キャラは誰!?作中に登場した忍びの強さランキングベスト10!

「ナルト」には多くのキャラクターが登場しましたが、作中最強は誰なのでしょうか?

ランキングトップ10を作成してみました。

スポンサーリンク

ナルト 最強の忍びを決める作中に登場したキャラの強さランキングベスト10

 

10位 三代目雷影

四代目雷影と同等かそれ以上に鍛えられた肉体をしており、ナルトの「風遁・螺旋手裏剣」を受けても傷一つ付かない程の頑丈さを誇っています。

生身でも尾獣とやり合うことが出来た唯一の忍とも言われており、雷遁を利用した忍体術「地獄突き」は特に強力な技です。

 

9位 千手扉間

二代目火影であり、初代火影柱間の弟です。

兄と同じく六道仙人の血筋であり、高等忍術である「飛雷神の術」「穢土転生」「影分身の術」などを開発した人物であります。

五大性質変化に加えて陰陽遁をも使うことが出来、洞察力にも優れています。

兄とは違い、里のためなら非情な手段も辞さない徹底したリアリストであり、うちは一族や他里の忍からは悪名高い人物としても知られています。

 

8位 九喇嘛

尾獣の中でも最強とされる狐の姿をした魔獣です。

「陽」のチャクラがナルトに、「陰」のチャクラがミナトに封じられました。

半分に分けられた状態でも他の尾獣を凌ぐパワーを持っていますが、ナルトと完全に和解しコンビを組むようになってからは、仙人モードと自身のチャクラを融合させて攻撃を仕掛けたり、影分身をしたナルトを通じて忍連合にチャクラを分け与えたりと、第四次忍界大戦連合側の戦力の要ともいえる活躍を見せました。

 

7位 トビ / うちはオビト

かつては木の葉の忍として、サスケ、リン、ミナトと共にチームを組んでおり、仲間想いで熱い心を持ち、負けず嫌いでやや好戦的な性格でしたが、第三次忍界大戦の「神無毘橋の戦い」で死亡したと思われていました。

しかし、実際にはマダラによって救出されており、当初こそ仲間の元へ戻るべくリハビリに励んでいた物の、マダラの策略によってカカシがリンを殺す場面を見てしまったことからリンが存在する世界を創るべくマダラの計画に乗る事を決意しました。

第四次忍界大戦の開戦を宣言した張本人であり、大戦中は一時的に十尾の人柱力にもなり、忍連合を苦しめました。

 

6位 千手柱間

初代火影であり、木ノ葉隠れの里の創設者の一人です。五大性質変化全てに加え、陽遁[28]や木遁、仙術チャクラを操り、当時の忍界において「最強の忍」「忍の神」と呼ばれていました。

また、死後も「柱間細胞」と名前がつけられるほどの途轍もない生命力とチャクラを備えていることから、遺体となってからも大蛇丸をはじめ多くの忍達に利用されることとなりました。

スポンサーリンク

5位 うちはサスケ

ナルトの親友でありライバルでもある人物です。

物語のもう1人の主人公とも言えますが、兄であるイタチへの復讐のため、そしてナルトに対してコンプレックスを抱いて第一部の終盤で里を抜けます。

万華鏡写輪眼やうちは一族ならではの様々な忍術を扱うことが出来、忍界大戦終盤には六道仙人の力を授けられたことで左目に輪廻眼を開眼させます。

カグヤを封印し大戦を終結させるまではナルト達と協力していたものの、その後すぐに「革命」を宣言して現五影と尾獣を抹殺することを宣言し、それを阻止すべく立ちふさがったナルトと最後の戦いを繰り広げました。

最後にはお互いに片手を失い倒れ、親友として自身を気にかけるナルトの思いを痛感し、心が折れたことで自身の敗北を認め、ようやく仲間とも和解し、同時に自身の復讐心にもピリオドを打ちました。

 

4位 うずまきナルト

本作の主人公であり、後の七代目火影です。ストーリーが進むごとにみるみる力をつけ、仙術や九尾チャクラのコントロールなど、使える技のバラエティーも増え、戦闘能力も向上していきました。

自身に九尾が封じ込まれていることで、幼少時から里の人間から忌み嫌われていましたが、ペインを倒した後にはついに「里の英雄」と称えられ、第四次忍界大戦後には六代目カカシの後を継ぎ火影になりました。

六道仙人の息子の1人、大筒木アシュラの転生者であり、大戦終盤では六道仙人の力を授かって六道仙術を開花させています。

 

3位 大筒木ハゴロモ

伝説の僧侶である六道仙人その人。

三大瞳術の一つである血継限界「輪廻眼」の最初の開眼者であり、体内に十尾を宿した最初の人柱力です。

雷遁や風遁、医療忍術で腰を直すなど様々な術を使いこなし、さらにカグヤの封印を目的として、後に六道仙術と呼ばれることになる仙力を習得しました。

カグヤ封印後に旅に出た際、様々な人との出会いを通して、チャクラは個々を繋げる力であると説く「忍宗」を説いたことから、忍びの始祖とも言われています。

第四次忍界大戦ではマダラにより瀕死の状態に陥ったナルトとサスケの精神世界に現れ、自分と同じ十尾の人柱力となったマダラを止めさせるために自身の力を2人に託しました。

 

2位 うちはマダラ

かつてのうちは一族の長。

木ノ葉隠れ創始者の一人です。

サスケの一世代前の大筒木インドラの転生者であり、一族に代々伝わる巨大な「団扇」を愛用して、超高等の火遁忍術を扱う強力な忍です。

弟のイズナの死後にその万華鏡写輪眼を移植して「永遠の万華鏡写輪眼」を開眼しており、さらに柱間の細胞の一部を奪って自らに移植したことで、死ぬ間際には「輪廻眼」を開眼し、柱間の木遁忍術も使用可能になりました。

第四次忍界大戦において、カブトの「口寄せ・穢土転生」によって復活しましたが、自ら印を切ることで口寄せ契約を解除し、不死身の体と無尽蔵のチャクラを手に入れます。

規格外の実力で忍連合軍を圧倒するだけではなく、救援に駆けつけた五影達をも死の淵まで追いやります。

大戦終盤には「無限月読」の発動に成功しますが、これは実は黒ゼツの暗躍によるものであり、カグヤ復活の触媒とされ、カグヤが再封印されたのちは外道魔像ごと全ての尾獣達が抜けたために既に虫の息であり、本当の最期を迎えました。

 

終末の谷で柱間に敗退した後、死亡していましたが、右目に仕込んでいたイザナギが時間差で発動したことにより現実を書き換えて復活し、身を隠しながら柱間の再生能力を得るために柱間細胞を自らの体内に投与して輪廻眼を開眼します。

その後は輪廻眼を長門へと密かに移植し、自らの身体を封印石(月)から口寄せした外道魔像に直結させることで辛うじて生き永らえ、柱間の細胞を利用した人造生命体である白ゼツを大量に生み出して自らの手足として使役し始めるようになります。

そして、「神那毘橋の戦い」で瀕死の重傷を負っていたオビトを言葉巧みに自らの協力者として仕立て上げ、死を迎える際には、自身の復活も含めた「月の眼計画」を託しました。

本来は長門によって復活を遂げる予定でしたが、長門が死亡したことにより頓挫し、前述の通り不完全ながらもカブトによって復活を遂げることとなります。

 

1位 大筒木カグヤ

六道仙人こと、大筒木ハゴロモ、及びその弟である大筒木ハムラの母であり、かつて神樹に宿っていたチャクラの実を口にして力を得て、乱世を治めました。

六道仙人曰く、かつては民からの信望も厚い人格者だったようですが、いつしか鬼と呼ばれるほどに変貌し、再封印を成し遂げたナルトも「心が無いようだった」と言っています。

ストーリーのラスボスとして登場し、第四次忍界大戦において、黒ゼツの働きによりマダラの身体を奪い復活を遂げます。

しかし、ナルト、サスケ、サクラ、カカシの第7班の奮闘と、オビト、六道仙人のサポートもあり、黒ゼツと共に再び六道・地爆天星で封印されました。

 

カグヤが神樹からチャクラの実を奪ったことがきっかけで、それを取り戻そうとした神樹こそが十尾だと言われていましたが、実はこの記録は黒ゼツによって偽装されていた物でした。

実際には、神樹と同化した(おそらく)カグヤ本人こそが十尾であり、自分の息子たちに分けられたチャクラを取り返すために魔物と化したようです。

 

まとめ

以上ランキングでした。

いかがでしたか?

カグヤと六道仙人を忍と言えるかどうかは少し微妙ですが、チャクラを使っているということで、今回は忍として扱い、ランキングに入れてみました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です