【ハイキュー】最強キャラ決め!作中に登場したキャラの強さランキングベスト10!

アニメ、実写映画でも人気の「ハイキュー」。

作中で最強のキャラを私の視点から、ランキング形式で選んでみました!

スポンサーリンク

ハイキュー 最強キャラランキングベスト10

 

10位 強羅昌己

  • 所属:生川高校3年
  • 主将

強烈なジャンプサーブを武器とするエーススパイカーです。

唇が分厚いことから「タラコ」と呼ばれたり、ヘアスタイルの特徴から「ブロッコリー」と呼ばれたりするだけでなく、強面なことから優しく振舞っても怖がられることもある、少し可哀想なポジションになることも多いですが、選手として、また主将として優れた選手であることは間違いないでしょう。

 

9位 中島猛

  • 所属:和久谷南高校3年。
  • 主将
  • 背番号:1
  • ポジション:ウイングスパイカー
  • 身長:173.4cm
  • 体重:65.8kg

スパイク時に腕を振る角度を変えてブロックアウトを狙う技術を持つ、技巧派のエーススパイカーです。

高い技術だけでなく、リーダシップも発揮して、個性豊かなメンバーの所属する和久谷南高バレー部の主将として、チームを上手くまとめ上げています。

 

8位 天童覚

  • 所属:白鳥沢学園高校3年
  • 背番号:5
  • ポジション:ミドルブロッカー
  • 身長:187.7cm
  • 体重:71.1kg

県内屈指のミドルブロッカーで、「読みと嗅覚」のゲス(guess)ブロックを得意としていることから「ゲスモンスター」と呼ばれていますが、読みにくいフェイクでもあっさりと見抜くことが出来る「天才ブロッカー」です。

自身と正反対のプレーヤーである月島のことは「普通の方」と見下しながらも、有能なブロッカーとして認めているようです。

 

7位 西谷夕

  • 所属:烏野高校2年
  • 背番号:4
  • ポジション:リベロ
  • 身長:159.3→160.5cm
  • 体重:51.1kg

「烏野の守護神」と称されるほど、レシーブの技術に優れ、抜群の反射神経と勘の良さを併せ持つ「天才リベロ」です。

及川の強力なサーブや牛島のスパイク等の強力な攻撃も拾っています。

努力家で思いやりがあり、調子に乗りやすいところがたまに傷ですが、コートにいると選手が安心できるという存在感のある選手です。

 

6位 大平獅音

  • 所属:白鳥沢学園高校3年
  • 副主将
  • 背番号:4
  • ポジション:ウイングスパイカー
  • 身長:182.7cm
  • 体重:82.4kg

パワースパイカーで、牛島には劣るもののブロックの上からスパイクを打ち込むことができます。

また、レシーブ力もある高レベルのプレーヤーで、主将である牛島が攻撃に専念できるよう上手く支えているプレーヤーでもあります。

あまり攻撃に参加することが無いため、目立って描かれることはありませんが、まさに白鳥沢の影の立役者ともいえるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

5位 黒尾鉄朗

  • 所属:音駒高校3年
  • 主将
  • 背番号:1
  • ポジション:ミドルブロッカー
  • 身長:187.7cm
  • 体重:75.3kg

都内屈指のミドルブロッカーです。巧みなスパイクだけでなく、レシーブのレベルも高く評価されています。

ブロックの技術は、烏養からも「ブロックの名手」として名が上がるほど高く、主将としてチームメイトを律する責任感にもあふれているため、技術面だけでなく精神面でもチームの主柱となっています。

 

4位 影山飛雄

  • 所属:烏野高校1年
  • 背番号:9
  • ポジション:セッター
  • 身長:180.6→181.9cm
  • 体重:66.3kg

もう1人の主人公とも呼べる選手で、当初こそ日向のライバルでしたが、次第に相棒となっていきます。

高校1年生ながら、圧倒的なボールコントロール力と観察眼を活かして、誰もが舌を巻くほどの精密なトスを繰り出します。

トス回しだけでなく、サーブレシーブ、長身を生かしたブロックも得意としており、及川を始めとする周囲の人間からは「天才」と評されています。

しかし、影山自身は自身のことをそうは思っておらず、高い志でバレーボールに打ち込んでおり、そのことは烏養にも「才能に胡座をかかず、容赦なくストイック」と評価されています。

中学時代にも高い実力を持っていましたが、あまりにも勝利へのこだわりが強かったため「コート上の王様」と皮肉めいたあだ名を付けられて孤立し、中総体県予選決勝戦にチームメイトから「お前のトスはもう打てない」と言われて交代を命じられた経験があり、後々までトラウマになっていました。

しかし、全日本ユース代表合宿時にこのトラウマを払拭し、あえてスパイカーに合わせないことで月島の打点を引き上げることにも成功するなど、「新・コート上の王様」への第1歩を踏み出しました。

 

3位 木兎光太郎

  • 所属:梟谷学園高校3年。
  • 主将
  • 背番号:4
  • ポジション:ウイングスパイカー
  • 身長:185.3cm
  • 体重:78.3kg

全国トップ5のエーススパイカーで、一見するとパワースパイカーに見られがちですが、実はコースの打ち分けに長けた技巧スパイカーです。

超インナースパイクは烏野高校メンバーを唖然とさせていましたね!

選手としての優れた能力は、尋常ではない練習量によって培われており、夏の合同合宿を除く普段の自主練習には副主将である赤葦のみが付き合っています。(合同合宿時は黒尾が相手をしていました。)

後輩の面倒見が良く、烏養から「敵味方関係なく士気を上げてしまう選手」と評されるほど。

高いテンションでチームを鼓舞しますが、どちらかというと「チームを引っ張る」タイプのエースではなく、「チームに引っ張られる」エースであるため、自身のミスやチームの状態に左右され自身の感情に起伏が生じ、ミスなどが続くと赤葦に「今日はもう俺にトスを上げるな」と言ってしょぼくれモードに突入してしまうなど、高い能力を持ちながらも、少々不安定さを残す選手です。

 

2位 及川徹

  • 所属:青葉城西高校3年
  • 主将
  • 背番号:1
  • ポジション:セッター
  • 身長:184.3cm
  • 体重:72.2kg

第3位の木兎光太郎と悩みましたが、このランキングでは及川徹を第2位したいと思います!

攻撃型セッターで、華麗なトスと、パワー、スピード、コントロールの全てを兼ね備えた強烈なジャンプサーブを武器としています。

個人のプレー能力も高いですが、高いコミニュケーションスキルと、敵味方問わず発揮される鋭い観察力で、司令塔として試合を有利に進める能力にも長けています。

普段は甘いマスクで女子から人気を集めることで岩泉から怒りを買ったり、誰彼構わずあだ名を付けたりと、少々おちゃらけた性格ですが、試合では一言でチームの雰囲気をガラッと変えることが出来るカリスマ性を発揮する司令塔の鑑のような働きをする選手です。

「チームの力を100%引き出せるセッター」として牛島からも一目置かれています。

 

1位 牛島若利

  • 所属:白鳥沢学園高校3年
  • 主将
  • 背番号:1
  • ポジション:ウイングスパイカー
  • 身長:189.5cm
  • 体重:84.8kg

第1位は全国トップ3のエーススパイカーの1人、「絶対王者」牛島若利です!

鷲匠監督の持論である、「シンプル イズ ベスト」を体現するように、パワーも高く、無駄がないプレースタイルで試合では大いに活躍し、チームでも約40%の得点は彼によって稼がれています。

父親も同高校のバレー部出身で、在籍時には「全国優勝」を果たしており、まさに「天才」の代表格とも言える選手です。

そのため、世間からは「怪物」や「バケモノ」と呼ばれていますが、彼のことを良く知るチームメイトからは「バレー馬鹿」と呼ばれています。

レシーブやサーブの威力にも定評があるまさにオールマイティーな選手であり、東北から唯一日本代表ユース(U-19)に選ばれています。

 

まとめ

いかがでしたか?

以上、「ハイキュー」最強キャラランキングでした!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です