【ヒロアカ】182話のネタバレで文化祭が無事終了!次の展開は!?

ヒロアカこと僕のヒーローアカデミーの最新話の182話ではついに文化祭がスタートします!

それでは、ヒロアカ182話のネタバレについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ヒロアカ182話のネタバレの要点まとめ

 

いよいよ始まるA組の文化祭!

戦いを終えた緑谷が学校へ着くと、待っていた青山。

「緑谷くん遅いよー!なぜそんなボロボロに?」と問いかける。

「転んだ」という緑谷。

それで納得した青山は持っていた着替えを渡し、「みんな待ってる」と緑谷に伝える。

 

そんなボロボロの緑谷を見かけたエクトプラズムは、「待て、その擦り傷と土まみれの顔で出るつもりか?それでは楽しませる前に心配されるぞ。ちゃんと治してからでも間に合うだろう。」と伝え、その言葉に緑谷は強く共感したような表情だった。

エリちゃんの保護役として体育館にいた相澤先生は、パトロールをサボっていたプレゼントマイクにツッコむ。

すると続けて「この中には最近の雄英に対する不平不満をA組に向けている生徒もいる。楽しもうなんて気はなく、品定めのために来てる輩が、彼らの目にお遊戯同然に映らないといいんだが。。。」と担任の相澤先生は話す。

 

そんな輩の一人が、「バンドとかダンスとかフツーに上手にやったところで結局あんたらの自己満じゃない」と言い出す。

それがヴィランが漬け込むスキにも変わらないので、こういった行事は大事だったのかもしれませんね。

 

悲願のA組のステージスタート

そんな中、集中する響香。

「好きにやってもいい」という言葉を胸に、爆豪の叫び声で『雄英全員を音で殺す』とバンド演奏が始まる。

 

バンドの担当は、ベースが常闇でキーボードが八百万、ギターが上鳴、そしてドラムが爆豪。

演奏と共に「ツカミはド派手」と切島が話す。

その圧倒的なパフォーマンスに輩な生徒は圧巻されていた。

 

大声で「よろしくお願いします!」と響香の一声でさらにステージは盛り上がる。

すると梅雨がそろそろ青山と緑谷のパートに入る頃、緑谷が言っていた「エリちゃんこれまできっと辛かっただろうし、楽しいって思ってもらえないかな」という言葉を思い出す。

 

麗日も楽しそうに踊り、息ぴったりの緑谷と青山の見せ場『人間花火』が完璧に決まる。

これには観客の生徒たちからも歓声がおこる。

 

ミリオは緑谷の見せ場の短さに笑っていた。

すると、今度は峰田と障子がなにかを始め、輩な生徒から「結局なに?一発芸大会?」と言われていた。

 

すると、切島の掛け声で瀬呂と轟が個性を使い始め、口田も個性を発動させる。

爆豪は「サビだここで全員!!」と掛け声を出すと、A組の生徒全員が個性を発動させサビの演出に取り掛かる。

 

そして、個性が活かされた圧巻のステージに。

観客の生徒たちは、テンションが上がり、会場は興奮度マックス。

 

なぜか委員長の飯田は一人でロボットダンスをし会場を沸かせ、響香は過去のことを振り返り母親から言われた「自分の仕事(おと)で他人に何をもたらせる」か。

「そういう意味じゃ音楽もヒーローも一緒だよね」と響香はアドリブを入れる。

 

ステージが始まる前に響香から「本番で変なアドリブしないでね?」と言われていた爆豪が、「おめーがするんかい」とぼやいていた。

輩な生徒たちもこの会場の空気にのまれ一緒に盛り上がっていた!

そんなステージをエリと見ていたミリオは、緑谷やサー・ナイトに向けてエリが抱えていた幻影の闇をぬぎ払うことができ、笑顔になっていたことを泣いて喜んでいた。

スポンサーリンク

ヒロアカ182話ネタバレの考察

 

実は、見張りの先生はヴィラン!?

エクトプラズムとか他に助けてくれた見張りの先生たちが、どうしてもヴィランにしか見えてきません。

強面だし。

しかし、そんなエクトプラズムの言葉のお陰で緑谷はステージにかける思いを再確認できたと思います。

最近なにかと雄英では起こっていたので、不満に思う生徒たちがいて当たり前です。

 

無事に文化祭編は終了!次は一体?

とりあえず今週で文化祭編は終わるのかな?

エリが笑顔になり良かったですが、次の展開の伏線がなく、どうなるのかまったく読めません。

とりあえず今回A組の生徒たちがたくさん出てきたので、記事を書いている私も誰がどの個性か何度も読み返すことになりました!

 

さて考察ですが、緑谷の特訓もまだ中途半端なので、特訓を再開するのか?

または、戦い終えたジェントルとラバラバのその後のストーリーが?

そろそろまた本格的に、ヴィラン連合軍が動き出すのか?

 

ヒーローアカデミーということだけあって、学校行事は欠かせないところでもあるので、それにエリの結末が組み込まれていたのは素晴らしいと思いました。

まともな考察は言えませんでいたが、ただ言えることは作者の方が最近忙しいのか体調を崩したのかわかりませんが、絵が雑になっていることですw

先週あたりくらいから、描写がところどころ間に合っておらず文化祭で大事なシーンも雑な描写で、よく理解できずじまいだったのが残念です。

なので、生徒を調べ直し、どんな個性だったか知り頭の中で想像しました。

 

183話以降の予測

緑谷と今後のヒーローアカデミーの流れを推測していきたいと思います。

過去の話からまだ伏線が回収できていないことを考えると、

  • オールマイトとの訓練再開
  • 特訓により緑谷の個性が出現?
  • エリが笑顔になったことで、個性をコントロールできるようになる
  • やっと心を開き親子関係が良くなった轟とエンデヴァーだったが、、、、
  • ギガントマキアの正体が明らかに
  • 死柄木が次は俺たちだと言った真意があきらかに
  • 黒霧とグラントリノはどうなった?

以上は30話ほど遡り、まだ伏線として残っていることです。

 

特に一番は緑谷が無個性だったのに、個性の兆しが見えた件について、もし本当に見つかったらオールフォーワンの個性+緑谷の個性ということになるのでしょうか?

 

ワンピースで言う黒ひげ的な??

まぁそれはないと思いますが、一番有能な今後はギガントマキアとオールフォーワン再開からの、ってやつでしょうか。

遡ってみてまだこんなにも伏線があったなんて驚きでした。

 

まとめ

今回エリは笑顔になったことですし、ミリオも前向きにヒーローとしてまた歩み出してほしいです。

他にも学園祭をきっかけにA組の団結力が高まったので、今後のヴィラン戦もしくは新たな敵との戦いに十分力を付けて挑んでほしいです。

しかし、考察でも書きましたが、描写がひどいので以前のハンター×ハンターの長期休載前を見ているようで、一段落ついたとは言え、今後の連載は大丈夫かと不安になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です