【ヒロアカ】183話のネタバレで文化祭編が無事終了

スポンサーリンク

ヒロアカこと僕のヒーローアカデミーの最新話の183話では、文化祭も終盤を迎え、それぞれの救われた気持ちが明らかになります。

ヒロアカ183話のネタバレをまとめていきます。

スポンサーリンク

ヒロアカ183話のネタバレの要点まとめ

 

エリや雄英の生徒たちに伝わったA組のステージ

A組のステージも無事成功し、エリの顔にも笑顔が戻りました。

続いてB組の劇が終わり、会場を後にする生徒たち。

 

片付けをしていたA組の元へ、オールマイが来て、緑谷を心配して怒ります。

素直に謝る緑谷にエクトプラズムからの報告であらましを聞いていたオールマイは、そこまで強くは言いませんでした。

するとそこへ、エクトプラズムとハウンドドッグが現れ、ハウンドドッグは緑谷に説教を始めます。

 

「大した怪我もなく結果的に文化祭が続いているが、おまえは仮免のヒーロで雄英の生徒。揉めるなら頼るべきだった。俺らだって守らなければいけないんだ。」、その言葉を素直に聞く緑谷は落ち込んでしまう。

すると続けて、「陰気臭い面せずまだ文化祭は続く」と一喝され、殴られ飛んでいく。

 

オールマイトは、「代わりに言ってくれたことを感謝する」とハウンドドッグに伝えるが、「そもそもこのような事態になったのもお前の軽率な判断で。」と言わんばかりにハウンドドッグは吠えていた。

それを見ていたエクトプラズムが、「人語を忘れるのは本当に怒っているときだけだ」と呟く。

 

ミリオとエリが緑谷に話かけにくる。

エリは、緑谷たちのステージに興奮冷めずに気持ちを伝え、それを聞いた緑谷は泣いて喜び、「楽しんでくれてよかった」と伝えた。

他の生徒たちからもA組のステージの反響は良いようで、品定めに見ていた輩も「ごめん!こき下ろす気で見てた!」と大声で伝え、その場を去っていく。

 

A組の生徒たちもいろんな生徒たちから高評価をもらい、「やってよかった」と喜びを分かち合っていた。

そんな中、一人だけ黙々と片付けをする峰田。

なぜかカリカリしている峰田は、「早くしねえとミスコンの良い席取られるぞ」と言い、みんなを誘ってミスコン会場へ。

 

文化祭も終わり、エリとの別れ

華麗なドレスを裂いての演舞を行っているB組の拳藤が、強さと美しさの共存で素晴らしいパフォーマンスをしていると、「そんなパフォーマンス地味で何もわかっていない」と豪語するミスコン女王の3年生がちょっと変わった圧巻のパフォーマンスをしていた。

それを見たエリは、「何する出しもの?」とミリオに聞くと、ミリオも「わからなくなった」と困っていた。

 

続いて雄英ビッグ3の波動が出てきて、去年負けた敗因を踏まえ、みんなを魅了する純真無垢な妖精のような演技をしてみせた。

他の生徒たちも終わり、「結果発表は夕方5時からのシメのイベントです。」とアナウンスが流れ、A組の生徒たちは各自で文化祭を楽しんでいた。

 

ミスコンの結果発表でグランプリに選ばれたのは波動だった。

文化祭が終わり、来てくれたことを感謝する緑谷だが、元気のないエリの姿に「顔を上げて、、、サプライズ!」と言い、エリにリンゴアメを渡す。

 

ミリオも探していて、エリも食べたかったが、文化祭の露店ではなかったため断念していたが、
緑谷がプログラムを見て、「もしかしたらないかも」と思い、買い出しのときに材料も買い、作っていたことを伝える。

相澤先生もエリに、「また近いうちにすぐまた会えるはずだ」と伝え、エリは笑顔で美味しそうにリンゴアメを食べる。

エリに別れを告げ、手を降る緑谷はまだ手が痛むため、何か思い込んでいた。

 

自首したジェントルと相葉の二人は?

取り調べを受けていた相葉の凄まじいパソコン能力に驚く警察は、「この才能世の中の為に使う気ない?」と伝えるが、相葉は即答で「ない」と伝え一言。

「私はジェントルの為になりたいんだもの」。

 

ジェントルも同じく今回の件の取り調べを受け、未遂も多いが重ねた罪の多さから考えて、「あんたもあの子も、、、、」と伝えると、「相葉くんが直接手を出したことはない。彼女と私は同罪ではない。」とジェントルは警察に訴え、警察も「相思相愛かい。やだやだ。」と言い、「元ヒーロー科、犯罪動画投稿者か、、、」と警察は言うと、「夢を思い出してしまった。恐くて走り出してしまった。たとえ間違った道だとしても。」と、ジェントルは呟くと、警察から、「今日止まれたのは正解だったな。人生やり直しができないと言う奴は、やり直す気がないやつか、結果を急ぐせっかち野郎だけだ。」と言われ、ジェントルは震えながらふさぎ込む。

「茶でも飲むか?」と言われ「、、、、、、紅茶を、、、、」とジェントルは言い、「粗茶だよ!」とツッコまれる。

スポンサーリンク

ヒロアカ183話のネタバレの考察

 

文化祭のそれぞれの詳細

文化祭では描写が多く使用されていたので、ここでは今回の文化祭で行われた内容を言葉でお伝えしようと思います。

B組のステージは劇を行いましが、その内容がなかなか面白かったです。

 

「我が名はロミオ。アズカバンの亡霊パリス伯爵よ!ジュリエットを返してもらう。」。

このセリフで、ロミオとジュリエットにハリーポッターを混ぜてきて、「ロミオ・・オビワンから父親のこと聞いているだろう。ゴンドール王国の王であったと・・あれは嘘だ。」。

この会話でスター・ウォーズとロード・オブ・ザ・リングを合体させます。

もはや茶番でしかなかったので、ネタバレには省きましたが、なかなかわかる人にはわかる内容で面白かったです。

 

他にも、ミスコンが終わり、A組の生徒たちは各自文化祭を楽しむ姿が描写されていました。

爆豪はSAS◯KEのようなアトラクションで遊び、轟と飯田は校長と雄英の顔ハメパネルで写真を撮り、麗日と梅雨はエリ達とクレープを食べに、峰田と芦戸と上鳴はお化け屋敷に行き、脅かしていたのは普通科の心操。

緑谷は一人調理室で何かを作っている姿があり、サポートかの発目は機械を説明する姿が。

ミスコンに出ていたB組の拳藤を鉄哲と物間が励ましたりと、様々な生徒達が雄英の文化祭を楽しむ姿が描写されていました。

スポンサーリンク

まとめ

今回まで続いた文化祭編と捕まったジェントルと相葉の話でしたが、最終的に全員がハッピーエンドの終わり方でよかったと思います。

次回から次の展開に進んでほしいですね。

しかし、ヒロアカはみんな個性が強すぎて。

ジェントルの取り調べをしている人はもはや人ではなく、ゴリラですからねw

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です