【ヒロアカ】195話のネタバレで心操がヒーロー科に参戦

スポンサーリンク

クラスごとに競うことになった訓練にまさかの心操が加わることに!

クラスごとのチームの組み合わせとはどのようになるのか。

また、心操は緑谷とは敵対するのか、それとも仲間として戦うのか?

最新話のヒロアカ195話のネタバレをまとめていきます。

スポンサーリンク

ヒロアカ195話のネタバレの要約

 

対抗訓練の内容とは?

心操の登場に驚く緑谷であったが、みんなは心操のコスチュームに興味津々。

「会話すると洗脳されちゃうんだよね?」と以前体育祭でのことを振り返る生徒たちだったが、峰田は緑谷は掛かったけど解いていたことを伝える。

謙遜する緑谷だが、緑谷の中で心操とのことを気にかけていた。

 

相澤先生から挨拶を求められると、「何名かはすでに体育祭で接したけれど、拳を交えたら友達とか・・そんなスポーツマンシップ掲げられるような気持ちのいい人間ではありません。俺はもう何十歩も出遅れている。悪いけど必死です。立派なヒーローになって俺の個性を人のために使いたい。この場のみんなが超えるべき壁です。馴れ合うつもりはありません。」と静かな口調で挨拶をする。

緑谷は体育祭で心操に言われた「恵まれた人間にはわからないだろう。誂え向きの個性に生まれて望む場所へ行ける奴らにはよ!」という言葉を思い出しながらも緑谷は心操の決意に目を背けず受け止めていた。

他の生徒たちは、「ギラついてる!初期の轟君をみているようだ。」と軽く拍手をしていた。

 

挨拶も終わり、戦闘訓練の説明をし始める。

「今回はA組とB組の対抗戦!舞台はここ運動場ガンマ(工場地帯を模した訓練場で視界や足場の悪さに定評がある。)の一角。双方4人組をつくり1チームずつ戦ってもらう!」B組の生徒たちからは「心操を加えたら41名。この半端はどう解決するのでしょう。」と質問される。

「心操は今回2戦参加させるA組チーム・B組チームそれぞれに1回ずつ。つまり5試合中2試合は5対4の訓練となる」と説明する。

 

それを聞いていたA組の生徒は4人は不利だと講義するが、、「ほぼ経験のない心操を4人の中に組み込む方が不利だろ。5人チームは数的有利を得られるがハンデもある。今回の状況設定は敵グループを包囲し確保に動くヒーロー!お互いがお互いを敵と認識しろ!4人捕まえた方が勝利となる!双方の陣営には激カワ据置プリズンを設置。相手を投獄した時点で捕まえた判定になる。」と説明する。

説明を受けた双方のクラスは納得した様子で最後に相澤先生が、「慣れないメンバーを入れること、そして5人チームでも4人捕らえられたら負けってことにする」と付け加える。

 

くじをそれぞれ引き、チームが確定し最後に心操が数字を引くと、A組では1番のチームへ、B組では5番のチームへ参加することが決まり、それぞれのチームで挨拶を交わす。

A組「あんなこと言ってたけど仲良くやろうぜ!個性の調整を教えて。モテるだろ?モテる面だ。俺にはわかる。」

B組「君いいよ!共に憎きA組をブチのめそうじゃないか!」
B組の5番に入ったことで緑谷との再戦が決まり、緑谷はメモ帳を出し「力をつけた心操くん。どう来るのか楽しみだ。」と意気込む。

 

始まる対抗訓練

オールマイトとミッドナイトも訓練の見学に訪れる。

「どっちが勝つと思います?」とミッドナイトに質問されるオールマイトは、「どうだろうねぇ〜多くのピンチを乗り越えてきたA組は確かに強い。しかし、成績を見ると実はB組の方が伸びてるんだ。トラブルがない分着実に地力を上げてきている。ピンチに力を発揮するA組か堅実に全体を底上げしたB組か楽しみだ」と答え、スタートの合図が鳴り響く。

 

A組1番の梅雨は、「お互いある程度手の内はわかっているけれど基本数で押せるようにバラけないでいきましょう。」と指示を出す。

さらに梅雨は話を続け、「1番厄介な個性から片付けたいな。向こうもまず上鳴ちゃんをどうにかしたいって考えているかも。あとは経験値じゃ劣るものの洗脳が強い心操ちゃん。」、それを聞いていた上鳴は、「頼りにしてるぜ」と少し焦りを見せる。

 

すると遠くから相手の戦況を把握した口田が、「左方向から塩崎さん!一人だって!ツルで広範囲を探りながらこっちに向かってる。」、それを聞いたメンバーたちだったがその瞬間、切島と梅雨がB組から攻撃を受けてしまう。

「口田氏の索敵に捕捉されるのは折り込み済みですぞ。塩崎氏ももっとも警戒するであろう事も!彼女を囮に私は這い寄り近づく!準備をさせれば上鳴氏の独壇場となる可能性が高いそれ故愚直に攻め入る!私は鼻が効くのですなぁ!」とB組の宍田と円場がA組に攻撃を仕掛ける。

「よっしゃー蹴散らせ宍田ー!」と宍田に指示を出すと、「任されましたぞー」と答え、攻撃がくることに慌てる上鳴。

 

しかし、宍田の攻撃が止んでしまう。

「俺の声でしゃべりやがった?」と円場が見ると心操は、「もう一つの声帯。ペルソナコード」と言い、マスクを通して他人の声に成りすまし宍田を洗脳してしまう!

スポンサーリンク

ヒロアカ195話のネタバレの考察

 

いよいよA組vsB組の気になるチーム分け

いよいよA組とB組の対抗訓練が始まりましたが、気になるチーム分けを一気にご紹介していきます。

  • A組1番
蛙吹 梅雨、上鳴 電気、切島 鋭児郎、口田 甲司、心操人使
  • B組1番
塩崎 茨、宍田 獣太郎、鱗 飛竜、円場 硬成
  • A組2番
青山 優雅、常闇 踏陰、葉隠 透、八百万 百
  • B組2番吹出 漫我、黒色 支配、小森 希乃子、拳藤 一佳
  • A組3番
轟 焦凍、障子 目蔵、尾白 猿夫、飯田 天哉
  • B組3番
鉄晢 徹鐡、回原 旋、角取 ポニー、骨抜 柔造
  • A組4番
爆豪 勝己、耳郎 響香、瀬呂 範太、砂藤 力道
  • B組4番
凡戸 固次郎、取蔭 切奈、泡瀬 洋雪、鎌切 尖
  • A組5番
緑谷 出久、芦戸 三奈、麗日 お茶子、峰田 実
  • A組5番物間 寧人、庄田 二連撃、柳 レイ子、小大 唯、心操 人使

 

このようなチーム分けになっています。

それぞれの個性がうまい具合に
分かれて戦うので、今後どのような訓練を繰り広げるのか楽しみです。

 

心操の個性が強すぎる?

今回参加している心操がいきなり訓練に出場するチームとなり、新たに人の声をモノマネするマスクを手に入れていました。

そのことにより、相手は味方だと勘違いして返答してしまい洗脳されるというチート的な個性に成長していました。

今までは心操の声だけに反応しなければ防げた個性も他人の声を真似ることができてしまうと間違えて返答してしまい洗脳されてしまいます。

この洗脳を破ることができる方法があれば対処できるのですが、今のところ緑谷は洗脳を解いたことはありますが、どのようにしたのかあまり覚えていないとなると洗脳をされてしまうともはや無敵の個性です。

これからの戦いからより一層心操から目が離せません!

スポンサーリンク

まとめ

今回から本格的にクラスごとの訓練が始まりましたが、いきなり心操の成長した個性には驚きました。

さらに、まだB組の生徒で個性が明らかになっていない生徒たちもいるので、この訓練で明らかになってくれることを楽しみにしています。

第1試合目から激しい訓練が行われるので、毎試合どのような展開になっていくのかこれから毎週楽しみになります。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です