【ヒロアカ】200話のネタバレで明らかになるB組生徒の個性!

スポンサーリンク

常闇の黒の堕天使という黒影の成長させた個性で、B組を追い込んだかのように見えましたが、何重にも考えられたプランを変更してB組の生徒たちによる反撃が始まります。

まだ明らかになっていなかったB組生徒の個性も明らかに!

さらに、この戦いで作戦を練るリーダー同士の戦いも白熱します。

ヒロアカこと僕のヒーローアカデミーの最新話である200話のネタバレをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヒロアカ200話のネタバレの要約

 

明らかになる新たな個性

訓練場を覆い隠すように無数に生えてくるキノコ。

「菌茸類が大地を埋め尽くしていく。」

常闇は飛びながら訓練場を見渡していた。

 

せっかく青山の個性で黒色が隠れる場所をなくしていたが、展開は急変。

「クロハナビラタケくん、キシメジちゃん、エノキタケにヒトヨタケ、生えろや生えろ世界をキノコで魅了しろー!」

上機嫌なB組の小森希乃子。

 

しかし、それを外野から見ていたA組の生徒である峰田は、「人体にまで生えるのかよ・・・ホラーだ」と震えながら恐れていたが、B組の生徒から「彼女のキノコは2〜3時間で全部消えるから後に引かないんだ。」とそれとなくフォローが入る。

黒色は希乃子のおかげでまた身を隠すことに成功する。

 

そこで拳藤から言われていた作戦を思い出していた。

「プランAは黒影を乗っ取って奇襲攻撃だ!向こうは必ず黒影を飛ばして私たちを探す。リスク低くて強い手だからね。黒影を操られるとは思ってないだろうしパーっと誰か捕まえちゃってよ!もし失敗してもリスクとして相手は必ず”光”を使う。私たち3人はその”光”で居場所がわかる。光あるところで黒影は強い行動をとれない。」

 

一方拳藤はまんまと作戦通りにいき、プランBを希乃子や吹出に任せていた。

まんまとB組の作戦通りになってしまったことを八百万はさすがだと賞賛していたが、手を緩めずチームの生徒たちに指示を出し始める。

「皆さん落ち着いて。まずは一かたまりに!」

 

しかし、そこからB組の反撃が始まり始める。

”ゴンッ”、”ガンっ”、”ドガッ”、あーーー〜”ズドッズンッ”

その言葉通りの巨大な壁が突如現れ始める。

 

その攻撃はB組の生徒である吹出の個性だった。

A組の青山のレーザーでも傷一つつけることができない。

さらに”ジメジメ”と言葉を出し、言葉の通り湿気を多くするような加湿器機能を備えたものが出てくる。

外から見ている生徒たちはA組の範囲攻撃をする2人にはきつすぎると分析し、今の攻撃により八百万だけが分断されていることに気づく。

 

A組とB組のブレーン対決

「ブレーンを切り離した!あとは力で攻め切る!!」

八百万の元にはB組チームの指示を出してきた拳藤が戦いを仕掛ける。

とっさに八百万は拳藤の攻撃を防ぐものの、簡単に盾を壊されてしまう。

 

「得意分野に持ち込めばこっちにも勝機はあるってね!考える時間は与えない」、そう言い放ち八百万に攻撃をし続ける拳藤。

外から見ていた鉄晢は、「あっと言う間に有利な状況をつくり出しやがった!!これがうちの拳藤さんよ!!」と、盛り上がるB組の生徒たちだったが、A組の轟は「最善手かはわかんねぇな。八百万を警戒しての分断なら見誤ったかもな。」と言う。

その言葉を聞き驚くB組の鉄晢。

 

拳藤からの攻撃を受けながらも八百万は思っていた。

「拳藤さん私ね。違いますの本当は。違いますのよ拳藤さん。私未だに頓馬の未熟者。そんな私を”上”だと仰って下さる貴方に情けない姿を見せるわけにはいきません!百!これまで培ってきた全て!今の私を見せなさい!」

追い込まれながらも八百万は笑顔を見せていた。

轟は話を続けながら、「あいつを警戒すんなら四人の総力でまっさきに潰すべきだった。窮地からの組み立てこそ八百万百の得意分野だ!」と言う。

スポンサーリンク

ヒロアカ200話のネタバレの考察

 

新たなB組生徒の個性

今回新たに明らかになったB組の個性を詳しくご紹介していきたいと思います。

今まで明らかになっていなかったため、キャラの容姿などで判断していた個性ですが、わかるとさらにヒロアカを楽しめること間違いなしです。

 

B組生徒

小森 希乃子:個性/キノコ

体から胞子を飛ばし瞬時にどんな場所にもキノコを生やす!湿気が多い程よく飛びよく生える!

 

吹出 漫我:個性/コミック

擬音を具現化できる!

 

さらに明らかになっていましたが復習として

拳藤 一佳:個性/大拳

拳がでっかくなる!パワーもその分でっかくなるのだ!!

 

今回、B組の2人の個性が新たにわかりましたが、実際吹出の個性は漫画家でらしい発想の個性でした。

今回の話の中で吹出の擬音を具現化する力で海外だったらどうなるのかとするどいツッコミをしていましたが、確かにそれはそれでどうなるかが楽しみです。

いずれ吹出の個性の技を募集する企画なんかもあったら面白いかもしれませんね。

 

B組でまだ個性が明らかになっていないのは、取蔭 切奈・角取ポニー・鎌切 尖・小大 唯・柳 レイ子・庄田 二連撃となっています。

今後のB組の個性が明らかになってくるのも楽しみです。

 

拳藤が一目置いている八百万って?

拳藤がライバル意識を燃やしている八百万ですが、轟も八百万を絶賛するシーンも今回ありました。

そこまで八百万ってすごかったっけ?と思われる方にも今回八百万のいままでをご紹介していきたいと思います。

 

八百万 百:個性/創造

生物以外のあらゆる者を自分の体内(脂肪)で創り出し、素肌から取り出す事ができる能力!

 

個性だけでも素晴らしい力を持っていると思いますが、その他にもクラスの副委員長を務め推薦枠で雄英に入学してきた特待生でもあります。

さらに、頭脳明晰であのヒーロー元No.1であったオールマイトよりも分析に優れていることもわかっています。

体力テストなどでも轟や爆豪などを抑えて1位を取るほどの身体能力を備えているため、文武両道として雄英の同じ学年の中でもTOPクラスの生徒ということがわかる。

 

ここまですごいと轟が賞賛するのもわかるし、拳藤がライバル視というか尊敬の意を持って戦いに挑んでいることがわかると思います。

余談ではありますが、大食いキャラでもある八百万は個性を使うため、太ったことはなく、今の体型をキープしているそうです・・・羨ましい。。

ちなみに、今回同じチームで訓練を行っている常闇に一度負けてしまったこともあります。

来週拳藤とどのような戦いを繰り広げてくれるのか、八百万の活躍が楽しみです!

スポンサーリンク

まとめ

今回ヒロアカこと僕のヒーローアカデミーの最新話200話では、A組とB組の激しい攻防が繰り広げられB組の個性も新たに明らかとなりました。

来週あたりでこの第2セットは終わってしまうのではないかと予想するので、最後に拳藤と八百万の一騎打ちがどのような結末を迎えるのか楽しみですね!

個性が明らかになったり生徒たちの個性を披露する展開が続いていますが、そろそろヴィランや新たな展開があればさらに面白くなるのではと思いつつ、とりあえず来週のヒロアカこと僕のヒーローアカデミーが楽しみです!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です