【ヒロアカ】206話のネタバレで爆豪がいよいよ登場

波乱の中、倒れるA組とB組の生徒たち。

果たして第3セットはどのような結果になるのか明らかになります。

さらに、訓練した生徒たちがそれぞれ思う気持ちとは?

早くも第4セット目に取り掛かろうとしている中、B組の期待の生徒が・・!

しかし、A組には爆豪が控えており、どのような戦いになるのか?

ヒロアカこと僕のヒーローアカデミーの最新話である206話のネタバレをまとめていきたいと思います。

ヒロアカ206話のネタバレの要約

 

どうなる!?第3セット!!

「一気に4名ダウン!!しかしまだ!”牢に入る”までは戦線離脱にはならないぞ!!どうなる!」

アナウンスが流れる戦いの場では、一人の生徒が意識を取り戻す。

 

「左の手足が・・・重い・・!片足だけじゃパワーが足りん!!轟くん・・!すまない・・!!俺がもう一足・・もう一足早く駆けつけられていれば・・!」

「飯田意識はあるが動けないかーーー!?地味に回原の暴れが効いたと見ている!俺は!投獄直前まで抵抗し彼の足止めに尽力していた!いいぞ回原!おまえがMVPだ回原!!」

B組の担任であるブラド先生が、偏向実況で状況をアナウンスしていた。

 

そんな様子を見かねた芦戸がブラドに、「でもでもォこのまま皆ダウンしてたら1-0でA組のリードのままだよーー!」とA組を援護するような発言をするが、B組の物間が高笑いし始める。

「派手な方に気を取られて見てないんだ!?鉄哲たちが熱戦繰り広げてる間に形勢は変化してるのさ!!」

そこには障子と角取が戦っている姿がモニターに映し出される。

 

何も知らなかった芦戸は、「障子とポニーちゃん!!尾白にグルグルされてそのままじゃなかったっけ!?尾白は!?」と。

すると響香が説明し始める。

 

「あの後・・・」

角取VS障子と尾白が戦っていると、骨抜により身動きが取れなくなってしまう。

しかし、尾白は角取を捕まえ拘束したままだっため、その拘束を解くために骨抜が尾白に近づいていく。

 

それを察知した尾白は、個性をつかい骨抜の個性から抜け出すことに成功する。

障子も助け出し、骨抜を弾き出すがそのせいで角取が個性をつかい、尾白を捕らえそのまま角で牢まで直行させる。

 

「どんな状況でも投獄されるまで戦線離脱にはならない!だがどんな状況でも”投獄されれば戦線離脱”だ!!拘束は解かねばならない。状況は1-1。」

ランド先生も状況を説明する。

 

角取は一人でも状況を判断しながら障子と交戦していた。

「回原さんは!?捕まった!?だとしたら1-1ね!?障子さんに拾われたらダメでーす!でもどうしよ!?操作角4本全部フリーで障子さんに勝ててないのに攻撃に回さなきゃもっと勝てまセン。轟さん投獄できればリードだけど・・3人”持った”ままでは遅くて牢に辿り着く前に捕まりマス・・!私負けたら負け。
それなら絶対に届かない高さから!機を窺うのデーース!
勝てずとも絶対に負けはしない。」

 

角取は轟を抱えたまま、同じクラスの骨抜と鉄哲を角で浮かせていた。

「皆を負けさせるのは・・いやデスので!」

 

するとアナウンスが流れる。

「20分経過!!第3セット終了!!投獄数1-1!!引き分けだ!!!」

 

うずうずしていた爆豪出陣!!

「大漁大漁、看護教諭が壊れるぞ。」

看護ロボによって運ばれる負傷した生徒たち。

 

モニターから見ていた上鳴は煮え切らない気持ちだった。

「本番をふまえれば”逃げて救援待ち”は理に適った行動ですぞ」

B組の宍田は冷静に上鳴に伝える。

 

麗日や緑谷は飯田のことを心配しながら、その勇姿を尊重していた。

「気絶者多数につき第2セット同様反省会は後に回す!!よしでは第4セット準備をーー・・」

アナウンスが流れる。

 

保健室では轟が目を覚ましていた。

鉄哲は保健室から出て行くときに轟に声をかける。

「轟!試合は引き分けだったが、俺は負けたと思ってる!ヤベェ熱さだった!!また闘ろうぜ!!」

 

轟の隣には飯田も運ばれており、飯田が訓練の結末を説明する。

「俺がもっと速ければ勝てた内容だった。俺はまだまだ遅い。骨抜くんの柔軟なスタイルに対応できなかった!」

 

飯田の言葉を聞き、轟も話し始める。

「・・・助けてくれただろ朧気に覚えてる。おまえは速いよ。俺が遅いだけだ。俺が遅いから心配かけさせちまった。安心させられるようなヒーローになんなきゃな・・・」

そう言いながら自分の訓練を思い出し、まず氷結で先手を取るのが癖になっている、体に染みついてることを反省していた。

 

「いや!君が頼りない等は決して!俺はいつでも誰の元へでも駆けつけるんだ。インゲニウムを継ぐ者の信念だ。」

飯田もこの戦いでさらに成長が必要だということを再確認していた。

 

するとカーテン越しに話を聞いていたB組の骨抜が、「炎の件とかレシプロとか正直俺も課題が残ったままなんで、また相手してくれない?」と轟と飯田に話しかけてくる。

二人は揃ってもちろんと答え再戦を約束する。

 

「位置についたら始めるぞ!第4セットスタートだ!」

アナウンスが流れ、第4セットに参加するA組とB組の生徒たちが集まる。

 

「ちょ!なにソレ!マジで言ってんの!?」

「嘘だろ!そんな策が・・」

A組の方では何やら爆豪が同じ組の生徒たちに作戦を伝えていた。

 

「ああああ後がないよAB互いに一勝ずつ!負けか引き分けになれば”勝”てないよもう!あー僕この第4セット楽しみだよねぇぇ。なんたってあの取蔭がいるからねぇ〜〜ねぇ爆豪くん!!取蔭切奈!B組もう一人の推薦入学者!彼女はとってもやらしいぞ!!」

B組の物間が話しているのをよそに、勝つ気満々の爆豪は「見てろやクソデク!」と静かに気持ちを高まらせていた。

ヒロアカ206話のネタバレの考察

 

要注意人物B組の取蔭 切奈!

第3セットも終わり、いよいよ第4セットが開催されますが、第4セットのB組の個性情報はほとんど明らかになっていない生徒ばかりだったので、どのような戦いになり個性をつかってくるのかも気になります。

中でも物間が紹介した取蔭切奈の個性などを予想してしていきたいと思います。

 

そもそも取蔭は、B組の骨抜と一緒の推薦入学で雄英に入学しているので、実力はお墨つきです。

恐竜が好きだということもあり、コスチュームは鱗のようなものをモチーフにしていることがわかります。

 

ヒロアカでは名前からある程度の個性がわかるので、爬虫類のトカゲ(取蔭)のような個性をもち、能力をつかってくるのではないのかと予想できます。

個人的にはコスチュームがX-menに出てくるミスティークのような感じだったので、どんな人物にもなり変われるのかと思いましたが、それは物間と似ているのでないかと思います。

爬虫類のトカゲということで、壁などに擬態したりすることは考えられます。

 

また、多くの方が予想している個性が『トカゲのしっぽ切り』という噂もあるので、手足など切られても再生能力があるのか、もしくは切るという部分でいとも簡単になんでも切ってしまうことができる能力なのかもしれません。

どのような能力になるか確証はありませんが、次週取蔭や他のメンバーの個性も明らかになると思いますが、ぜひ注目していきたいと思います。

まとめ

今回のヒロアカでは第3セットが引き分けという結末になってしまいました。

さらに第4セットではどのような戦いが待っているのか。

爆豪が開始前にチームのメンバーに話した作戦なども気になります。

B組の個性も今後わかり次第紹介していきますので、ぜひ期待しておきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です