【ヒロアカ】207話のネタバレで爆豪に明らかな変化が!?

いよいよ始まるA組とB組の第4セットの合同訓練!

まだ明らかになっていないB組の個性が続々と明らかになっていきます。

どのような個性でどのような戦い方をしていくのか?

また、負けじとA組の個性も応戦し、成長した爆豪の姿も・・・!!

ヒロアカこと僕のヒーローアカデミーの最新話である207話のネタバレをまとめていきたいと思います。

ヒロアカ207話のネタバレの要約

 

いよいよ始まる第4セット

「ステージ的にさ、瀬呂くんとねぇ耳郎さんがねぇダメだよねぇ・・絶対メンドイ。」

B組の作戦会議で凡戸 固次郎が話し始め、泡瀬も意見を述べる。

「加えて砂藤・爆豪と火力の高い2人!バランス最高。後手に回ったらそのまま死ぬと思った方がいい。」

 

さらに、鎌切尖や取蔭切奈も会話に参加する。

「なんだっていいぜェ・・・早く切り刻んでしまおうぜェ・・」

「ちょっと黙ってて。先手必勝!倒しましょっと。」

 

B組は入念に作戦を立てているようだった。

「さて第4セット!!AーB共に1勝1分け。現在両者互角のように思えるがぁあ!?しかしA組の一勝はほぼ心操のおかげ!!はたして互角と呼べるのか!?」

 

ブラド先生のB組贔屓の解説に文句を唱えるA組の生徒たち。

「酷い言い方だぜ!ブラド先生!!」

 

するとそれを聞いていたオールマイトやミッドナイトは、「”操血”のくせに頭に血ィ上っちゃってる。」「愛が行き過ぎている・・!!しかし・・・」と言う。

そんな会話をしていると、A組の担任である相澤先生が文句を言っている生徒の方へと近づいていき、「おまえらやめろ。現場で失敗しても同じ事をするのか?B組の方がより深く対策を講じてる。これが事実だ!俺よりブラドの方が上手だったようだ。」と返す。

 

担任である相澤先生から言われた言葉にぐうの音も出ないA組の生徒たち。

「所詮トラブルメーカー!知ってた!?トラブルってのは未熟者が引き起こすんだよ!!」

すかさずちゃちゃを入れる物間。

 

しかし、オールマイトは話を続け始め、「B組も日々鍛錬して力をつけている。だがA組もこのままじゃないハズだ。」と言う。

それを聞いたミッドナイトはA組贔屓しているオールマイトに突っ込むが、「私は皆好きさ!」と言葉を交わすものの心の中では、「君の活躍期待してるよ!爆豪少年!!」と思っていた。

 

B組の個性が明らかに

「遅ェーーーンだよのろまが!!」

いきなり意気込みA組を鼓舞する爆豪。

「ウチ”音”聞きながらなんだけど!」

耳郎は爆豪に伝えるが、いいからついてこいとだけ伝える。

 

「相変わらず”ついてこい”だな」

「体育祭の時から変わんねぇや」

「なんだかんだ協力してくれるけどでも・・・」

砂藤や瀬呂、耳郎は爆豪の独断にならないかを作戦を思い出しながら心配していた。

 

「いいかオラ三下!とりあえず俺についてこい!!俺が先頭で上を進む!てめぇら俺をサポートできるようにしとけ!耳は常に音で雑魚共の位置探っとけ!」

それを聞いた瀬呂は爆豪に質問する。

 

「え?攻めるん?向こうめっちゃ迎撃性能高いの揃ってんじゃん。せっかく耳郎いるんだし、隙窺お、隙慎重に!」

すると爆豪もそれに対して、「馬鹿が、だから先手取らねーとやべェんだろうが!隙は窺うもんじゃねぇ動いてついてくるんだ!姿を見えりゃこっちのもんだ。いいな!」と返す。

作戦を思い出していた耳郎は改めて本当に大丈夫か心配だった。

 

「止まれ!いる!耳!!全員近くにいるハズだ探れ!!」

耳郎に爆豪が指示を出し、耳郎は個性をつかい、B組の位置を把握し始める。

 

「早よしろや!!」

指示を急がせる爆豪だったが、耳郎は何かに気づく。

 

「待って・・・やっぱやられた!!」

すると建物の影から声が聞こえてくる。

 

「ハイしゅーりょー」

するとそこには取蔭が個性をつかい全身をバラバラにして切り離し、爆豪に攻撃を仕掛け始める。

 

「威力はそれほどじゃねぇが・・ウゼェ!的が小さすぎる。」

やっかいな攻撃を受ける爆豪をよそに、A組は瀬呂の個性でバリケードを作り始める。

 

しかし、B組の生徒は追い打ちをかけるように、凡戸の個性をつかい瀬呂の個性を相殺する。

「ええーやった。切奈のプラン通りじゃん!」

 

瀬呂は逃げようとするが、鎌切の個性で逃げ場を妨げる。

「接近に合わせて音を鳴らすことで気付かせない。ボンドでベタベタのパイプとテープ。さわればくっついてとれねえぞ!」

 

砂藤は冷静に判断しながら、せめて二人だけでもこの状況から離すようにしようとする。

「A組の動きが全部逆手に・・・!!」

 

緑谷もモニター越しに見ながら心配していた。

すると大きな爆音とともに爆豪がネバネバになったテープを焼き尽くす。

 

それを見かねた鎌切が隙を突いて耳郎の方へ向かっていく。

「まずは一番めんどい耳郎から」

 

向かっていく姿を見かけた爆豪は、耳郎を助けに向かっていく。

「救けて勝つ!勝って救ける!俺はもっと強くなってんぞ!!」

その言葉通り耳郎を救けながら、向かってきた鎌切を爆撃する。

ヒロアカ207話のネタバレの考察

 

ヒロアカ第4回のキャラクター人気投票

今回ヒロアカの人気投票の結果も掲載してあったので、ここで少しご紹介していきたいと思います。

この機会にぜひどのキャラクターが人気があるのかを知っておくと、さらにヒロアカを見るときに面白くなります!

  • 第1位 爆豪 勝己
  • 第2位 轟 焦凍
  • 第3位 緑谷 出久
  • 第4位 ホークス
  • 第5位 切島 鋭児郎
  • 第6位 ベストジーニスト
  • 第7位 八百万 百
  • 第8位 エンデヴァー
  • 第9位 飯田 天哉
  • 第10位 オールマイト

10位までの結果がこのような形になりました。

 

特に爆豪は3年連続の第1位ということで、その人気さがわかります。

今回の合同訓練第4セットで爆豪が登場したことで、注目を浴びる訓練になることは間違いなさそうです!

ホークスも初登場にも関わらず第4位!

他にもヒーロー編で活躍したエンデヴァーなどもランクインしています。

今後もどのようなキャラクターに人気が過熱するのか楽しみです!

 

B組の個性の詳細

B組の個性が明らかになったので、詳しくご紹介していきたいと思います!

 

取蔭 切奈/個性「トカゲのしっぽ切り」

全身バラバラに切り離し行動できる!個性伸ばしによりなんと現在50に分割可能!

 

凡戸 固次郎/個性「セメダイン」

接着剤を噴出!乾きの早さは調節可能!

 

鎌切 尖/個性「刃鋭」

全身から刃を出すことが出来る!

 

この3人の個性が明らかとなりました。

やはり名前から想像できるような個性をもっていましたが、今後どのように個性をつかって攻撃を仕掛けてくるのかも楽しみです。

 

まだ泡瀬の個性が明らかになっていませんが、泡瀬は泡などをつかった個性をつかってくることが考えられます。

B組は円滑な攻撃を仕掛ける中でA組が苦戦な展開になっていますが、今後A組の生徒たちがどのような展開をしてくるのか見ものです!

取蔭もただバラバラに切り離して攻撃をするだけでなく、他にも何か秘策があるのかもしれないので、今後の行動にも注目していきます。

まとめ

今回第4セットでB組の生徒たちの個性が明らかになりました。

A組が苦戦の中で、爆豪が大きな成長を見せつける場面もありました。

次週どのような戦いの展開が待ち受けているのか?

また明らかになっていないB組の泡瀬の個性はいつ出てくるのか?

今後も第4セットに注目してご紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です