【ヒロアカ】209話のネタバレでいよいよ始まる第5セット!!

圧倒的なスピードでB組を追い詰めた第4セット!!

爆豪の心境の変化でここまで戦いが変わるのかと誰もが思っていた。

そして、いよいよ最後の戦いである因縁の第5セットが始まります。

緑谷の個性の変化は大丈夫なのか?

心操と物間が互いに協力したらどのような戦いになるのか?

ヒロアカこと僕のヒーローアカデミーの最新話である209話のネタバレをまとめていきたいと思います。

ヒロアカ209話のネタバレの要約

 

圧勝したA組!!

「わずか5分足らず・・・!!思わぬチームワークでA組4-0の勝利だ!!」

第4セットの終わりを告げるアナウンスが流れる。

 

お互いのクラスの先生もこの戦いを振り返っていた。

相澤先生「必要以上の損壊も出さず補足からの確保も迅速。機動力・戦闘力に優れた爆豪を軸に3人ともよく合わせた。」

ブラド先生「過去の成績と戦闘力の差を考えた堅実な手法だった。が固めすぎて骨抜のような柔軟さに欠けた!」

 

2人の先生から話を聞いたA組とB組はそれぞれのクラスに戻っていた。

「皆までダサイ事になっちゃってごめん・・・」

「いやぁあんだけ動ける奴が”いい子ちゃん”になっちゃったら穴なんかねぇよ・・・」

「この敗北を胸に刻もうぜぇ・・・・」

取蔭や鎌切、泡瀬は3人で話し合っていた。

 

「かっちゃん!おめーやりゃーできるのなぁ!耳郎かんぜんヒロインだったわ」

「不良が子猫拾った感じだよなー」

A組は瀬呂と上鳴が耳郎をイジる形で終わった第4セットのメンバーを迎え入れていた。

 

するとそこへオールマイトが爆豪の元へと歩み寄ってくる。

「震えたよ!」

一言爆豪に声をかけるオールマイト。

 

「風邪でもひいてんじゃねーの」

爆豪は恥ずかしそうにオールマイトの元を去っていく。

 

するとそこへ空気も読まず緑谷が爆豪へ声をかける。

「かっちゃん!凄かった!!」

その言葉に爆豪も答えるように、「俺ァ進んでんぞ!てめーにゃ追いつけねぇ速度でだ!」と言う。

 

するとそれを聞いた緑谷は誇らしく、「超えるよ!見ててよ!」と次の戦いを意気込む。

「うるせぇなんな事言いに来たんか!てめーには絶対超えられねぇよボケゴミカスが!!」と返す。

 

その二人のやりとりを見ていたオールマイトは緑谷にも歩み寄り、「いい幼馴染をもった。」と一言だけ緑谷に伝える。

そんな姿を遠くから見ていた心操。

 

物間は一人いまだに苛立ちを隠しきれていなかった。

「あの激昂ヒステリック爆発男が・・・素晴らしいじゃないか。」

 

するとそこへ意気消沈した取蔭もやってくる。

「物間〜〜〜ごめんなぁ。B組勝てなくなっちゃった。」

 

すると物間は励ましも兼ねて取蔭に話し始める。

「何を謝るんだい取蔭!!未熟だった同胞が省みて成長しているいいことさ。確かにB組の勝利は消えたが、まだ負けていない僕はねわかってほしいだけさ。何のトラブルも起こさない真面目な者と、悪目立ちして不相応な注目を浴びる者どちらが正しいのか。誰もが他人の人生の脇役であり、自分の人生の主役なんだ。」

 

それを聞いた物間に第5セットともに戦うB組の生徒が集まり始める。

「やはり取蔭さんたちと同様の形でよいと考える。バランス的にも彼女らと我々のチームは類似している。テクニカルな”個性”の持ち主が揃っていて身を隠したままの攻撃手段が豊富だ。そして何よりこっちは5人だ。白兵戦を仕掛けるメリットがない。」

庄田が分析も兼ねて戦い方を提案する。

 

「でも今の戦い見るとやっぱ緑谷ウラメシくない?」

そう話すのは柳だった。

 

何を話しているかわからない心操に庄田が説明する。

「彼女語で”こわい”の意さ!」

 

さらに続けて庄田が話し続ける。

「機動力と戦闘力でいえば爆豪と同等かそれ以上じゃんね。最近になって遠距離も習得したらしいし。こっちがちょっとでも綻んだらさっきと同様、あいつに突破口ひらかれるよ。」

 

それを聞いた心操も提案する。

「じゃあ緑谷最優先で決定だね。何としてもまず緑谷をいただく。ただ・・あいつには洗脳を自力で解かれてる。けど物間の力と合わせれば抑えることは可能だと思うよ。」

 

物間に心操が提案をもちかける。

「アテにされすぎるとコワイな。僕の方は『スカ』の可能性がある。何にせよ動きを止めなきゃ始まらない。頼むぜ心操くん!」

 

先生たちも最後の合同訓練を前に心操のことを話あっていた。

「最終だ。心操くんどうですかね。」

「ヒーロー科編入の可否を見極める下準備。第1セットでは充分な活躍を見せたがまた同じ手が通用するかどうか。」

「A組も強力なチーム・・頑張ってほしいですねーーー」

 

始まる第5セットの裏で動き出すオールフォーワン

いよいよ始まる最終セットを前にA組の生徒たちも準備をしていた。

「とりあえず心操でいんだよな。不安なってきた。洗脳されたくねーーーよ」

「あんまそこだけに捉われんよーにね。向こうは姿見せなくても、どっから来るかわかんない攻撃が揃っとるもん。」

麗日と峰田が話をしている。

 

チームの個性としては、『浮かす』『溶かす』『くっつける』だけだと不利に感じている麗日たちだった。

「やっぱオイラの『モギモギグレープ畑作戦』いこうぜ!!」と峰田がみんなに提案するが、「誰も引っ掛かんないよ、とにかく!先に見つけて罠にハメる!これね!」と芦戸が提案すると、そこへ緑谷が登場する。

 

「その囮役に僕が!!」

しかし、その言葉に芦戸は不安もあった。

 

「どう?何か”個性”がへんかもとか言ってたけど・・・」

「うん。全然何ともないやいつも通り!ただ・・あの4セット目見せられたら向こうは僕を警戒すると思う・・・!いつも以上に動かなきゃ」

芦戸の不安を払拭するように話す緑谷。

 

「大丈夫かよーーおまえ頼りだぜ・・?」

それを聞いて念を押す峰田だった。

 

「第5セット目!本日最後だ!準備はいいか!?最後まで気を抜かずに頑張れよーー!!スタートだ!」

アナウンスと共に第5セットがいよいよ始まった。

するとそんな中、オールマイトにグラントリノから電話がかかってくる。

 

ーーーー合同訓練場から離れたとある場所

「1541番だ。また動きやがった。」

「昨日から何回目だ」

「・・・刑の確定と執行・・急げないものかね。こっちの身が持たん」

「”一人殺せば殺人、百人殺せば英雄”」

「チャップリンだっけか?」

「先日も現れたろう?”ギガントマキア”直系の部下だ」

「敵連合だけじゃない、こいつのシンパがどれだけ潜伏しているか・・・いま下手に刺激しない事が大事なんだよ」

モニターを見ながら話をする二人。

 

すると捕えられている人物が口を開く。

「いやぁ・・迷惑をかけてすまない。あまりの懐かしさに・・・体が疼いてしまってね。弟の声がする。」

そう話すのは敵連合の長であるオールフォーワンであった。

ヒロアカ209話のネタバレの考察

 

第5セットのA組とB組の生徒たち!!

合同訓練の最終セットとなる第5セット目に出場する生徒を個性とともにご紹介していきたいと思います。

また明らかになっていないB組の生徒の個性も予想していきたいと思います。

 

第5セット目

 

A組

  • 緑谷 出久/個性:ワン・フォー・オール
  • 麗日 お茶子/個性:無重力
  • 峰田 実/個性:もぎもぎ
  • 芦戸  三奈/個性:酸

 

B組

  • 物間 寧人/個性:コピー
  • 庄田 二連撃/個性:???
  • 小大 唯/個性:???
  • 柳 レイ子/個性:???

このB組のメンバーに心操が加わったメンバーになります。

 

B組の生徒の個性があまり明らかになっていませんが、名前から考えれる個性としては・・・。

  • 庄田は二連撃という名前の通り、1回の攻撃で2度ダメージを与えることができる
  • 小大は自由に体の大きさ、もしくは物の大きさを変えれることができる
  • 柳だけがよくわかりませんが、何か霊的な能力を持っていることだと推測します。

どのような戦いになるのか、次週も楽しみです。

まとめ

いよいよ始まる第5セットの戦いですが、裏で何か動きがある伏線も気になります。

因縁の対決はどのような展開になるのか?

B組の明らかになっていない個性はどのようなものなのか?

次週様々なことが明らかになることを期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です