【ヒロアカ】最強の個性が判明!?個性の強さランキングベスト10!

4月からアニメ第2期が始まり、ますます盛り上がりを見せる「僕のヒーローアカデミア」!

原作の漫画本編ではインターン編が始まり、敵である死穢八斎會(しえはっさいかい)を含めて強力な個性を持ったキャラクターが増えてきました。

そこで、今回は今まで登場しているキャラクターの個性の中で、最も強力な個性は何なのか、ランキングにしてベスト10を決定してみたいと思います。

スポンサーリンク

個性とは?

そもそも「個性」とは先天性の超常能力です。

中国の軽慶市で発光する赤ん坊が生まれたというニュースから始まり、原因は不明ながらも世界各地でこの超常能力が目覚める人が続出するようになりました。

 

作中では現在の世界総人口の約8割が何らかの「特異体質」となり、超人社会となっています。

通常4歳ころまでに、両親のどちらかの個性、あるいは複合的な個性が発現します。

 

しかし、主人公の緑谷出久のように何の個性も目覚めない場合や、「オール・フォー・ワン」の弟のように、「個性を与える個性」という発現を確認しにくい個性を持つ場合など、一部例外の人物も存在します。

それでは、現在までの個性強さランキングトップ10をまとめてみましょう!

スポンサーリンク

ヒロアカ最強の個性ランキングベスト10

ランキングを作るにあたって、キャラクターの技術と強さは度外視して、純粋な個性の強さを基準にすることを心がけています。

 

第10位「二倍」

http://heroacamatome.ldblog.jp/archives/12208603.htmlより引用

持ち主:トゥワイス(分倍河原 仁)

 

トゥワイス本人曰く、「1つを2つにするシンプルな力」です。

トゥワイス本人を含め、対象の人物を複製することが出来る汎用性の高い能力だと思います。

コピーには性格と「個性」も反映されており、分身の数には制限がありません。

しかし、作中で分身させた自分自身に殺されかけており、分身の思考まではコントロールできないようです。

 

第9位「セメント」

https://matome.naver.jp/odai/2145249189479236701/2145249703490108703より引用

持ち主:セメントス(石山堅)

 

触れたコンクリートを粘土のように操る能力です。

作中の説明文にあるように、コンクリートだらけの現代社会では非常に強力です。

コンクリートのある場所ではもちろん強力な能力ですが、コンクリート自体を創り出す能力ではないため、コンクリートの無い場所では弱体化する可能性が高いです。

周りの環境に依存する能力であるように思うため、9位です。

 

第8位「透過」

http://onepiece-jump-manga.com/1064655055.htmlより引用

持ち主:ルミリオン(通形ミリオ)

 

ルミリオンが息を止めている間だけあらゆる物や攻撃をスルー出来る能力です。

ほとんど全ての攻撃を透過することが出来、能力を解除した時には質量のある物同士が弾き飛ばされる現象が発生します。

弾き飛ばした先は体の向きやポーズでコントロールできるため。ミリオ自身はこれを利用した戦法で現在No.1ヒーローに最も近い存在となっています。

 

しかし、発動時には自身の身に着けている衣服すら落ち、光、音、空気すらも取り入れることができなくなってしまい、視覚、聴覚、呼吸機能などが遮断される、言ってみれば実体のない存在になってしまいます。

ミリオ自身が作中で言っているように「質量を持ったまま落下の感覚だけがある」というデメリットがあり、元々が強い個性だったわけではなく、ミリオ自身の努力で強い個性になっています。

 

第7位「ワープゲート」

http://heroacamatome.ldblog.jp/archives/6943679.htmlより引用

持ち主:黒霧

 

自身の肉体を黒い「もや」に変えて、離れた空間をつなぐワープゲートにすることができます。

多数の敵(ヴィラン)を侵入させたり、体の一部の部位のみを近距離に移動させたりすることが出来ます。

作中では物体が半端に霧を通過した状態でゲートを閉じることで、体の一部を引きちぎることも可能な描写があり、攻守ともに使い勝手が良い、強力な個性と言えるでしょう。

「もや」になっていない頭部と胴体は実体であるため、攻撃が当たってしまうという弱点があるようです。

 

第6位「抹消」

https://matome.naver.jp/odai/2145026240920387601より引用

持ち主:イレイザー・ヘッド(相澤消太)

 

凝視している間に視た者の「個性」を抹消する能力です。

相澤本人がドライアイを患っているため長時間は使うことが出来ませんが、個性そのものは強力と言えるでしょう。

しかし、雄英襲撃時に脳無からダメージを受けたことで、使用可能時間が短く、インターバルが長くなってしまっているため、相澤自身の身体的な戦闘力は高いものの、個性は弱体化してしまった印象は否めません。

 

第5位「黒影(ダークシャドウ)」

https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/34428.htmlより引用

持ち主:ツクヨミ(常闇踏陰)

 

常闇とは別の人格を持つ、伸縮自在なモンスターです。

通常であればコントロールしての戦闘が可能ですが、闇が深くなり、攻撃力と獰猛さが最大となった状態ではコントロール不能になってしまい、動くものを全て無差別に攻撃する、非常に危険な存在になります。

現在はコントロールすることが出来ませんが、この暴走した状態は非常に強力です。

 

逆に昼間などの日光下でも使用可能ですが、個性そのものは弱体化してしまうため、周囲の環境への依存度は高い能力となってしまっています。

これからのパワーアップ次第で、闇の中の戦闘では無敵ともいえる個性となり得るのではないでしょうか。

 

第4位「半冷半燃」

https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/32425.htmlより引用

持ち主:ショート(轟焦凍)

 

右半身で凍らし、左半身で燃やす能力です。

巨大な氷塊や炎を自由自在に作り出し、ビルごと一気に凍らせたり、1人で多数の敵を一瞬で戦闘不能にしたりするなど非常に強力な個性です。

使い分けが難しく、例えば氷結の能力を最大出力で放つと、巨大な氷壁を発生させる代わりに体に霜が降りてしまい、能力を連続使用することが出来なくなるなどの弱点があります。

両半身の個性を同時に使用できるようになり、精度があがれば今後さらに強力な個性になるでしょう。

 

第3位「オーバーホール」

http://xn--u9jtfa9a6jpc0e2eyfb2970g.net/2017/01/30/post-1301/より引用

持ち主:オーバーホール(治崎)

 

対象の分解、修復をする能力です。

ヴィラン連合と接触した際には分解のみを行うことで、構成員のマグネを殺害し、Mr.コンプレスの左腕も吹き飛ばしました。

分解にはこのように、相手を即死させる力がある一方、修復能力では対象を無傷の状態で修復可能です。

攻守ともに優れた能力ではないでしょうか。

 

第2位「ワン・フォー・オール」

http://heroacamatome.ldblog.jp/archives/5529702.htmlより引用

持ち主:オールマイト(八木俊典)→デク(緑谷出久)

 

基本的には「自らの肉体を強化する」というとてもシンプルな能力です。

しかし、個性の所有者が認めた相手に譲渡し、さらに所有者が「個性そのものの力」を育てることが出来、譲渡ごとに力が増していきます。

所有者の肉体が譲渡された能力に耐えられる必要がありますが、所有者の肉体の状態を無視すれば、個性の自体の力は上限なく育つため、非常に強力です。

 

現在の所有者であるデクは、肉体がまだ強くなりきっていないため、解放できる力に限度がありますが、デクが強くなれば個性自体も強力になるため、今後ストーリーが進むほど強力な個性となるでしょう。

 

第1位「オール・フォー・ワン」

http://cosmonote.blog.jp/archives/1058198787.htmlより引用

持ち主:オール・フォー・ワン(本名不明)

 

他社の個性を奪い取り、また他社に与えることの出来る能力です。奪い取った力をストックし、さらに複数の個性を同時に発現することもできるため、現時点では最強の個性でしょう。

どのようにして個性を奪うのかは不明ですが、どの個性でも奪われて、使われてしまえば太刀打ちすることは出来ないのではないでしょうか。

 

これだけ強力な個性ですが、弱点は現時点では明かされておらず、まさにチートと言える個性です。

現在は持ち主が捕まっていますが、作中の描写から脱獄しそうな雰囲気が漂いまくっているため、いずれデク達ともぶつかるでしょう。

 

まとめ

以上、現時点でのランキングを作ってみました。

個性の力だけを比べたのでこのような順位になりましたが、どんな個性でも使い方で強くなれるのがヒロアカの面白いところですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です