【ヒロアカ】作中の謎の一つ!脳無の正体を考察!



ヒロアカに登場する不気味な敵キャラである脳無。

彼らの正体はいったい何なのでしょうか?

今回は脳無についてまとめてみました。

脳無とは

脳無とはヴィラン連合が造り出した「改人」(改造人間)の総称です。

これまでに複数の個体が登場しており、見た目も能力もそれぞれ異なっていますが、頭頂部が欠損しており、脳が露出しているという点、上裸、裸足という点は共通しています。

複数の「個性」を持っているため、どの個体も総じて戦闘能力は高く、全盛期の力は発揮できていないものの、No.1ヒーローのオールマイトは圧倒されていました。

しかし、ある理由から自発的に行動することはできず、戦闘時にはヴィラン連合のメンバーのうち誰かからの命令に従って行動しています。

これまでに登場した脳無一覧

脳無には名前が付けられていないので、以下の名称は全て仮のものです。

 

USJ襲撃時の脳無

個性:「ショック吸収」・「超再生」ほか

死柄木弔や黒霧と共に現れた脳無です。

「対オールマイト用」を見据えて作られた特製品で、作中で初めて実戦投入された脳無でもあります。

「ショック吸収」や「超再生」など、オールマイトとの戦闘を目的とした個性を複数与えられているため、イレイザーヘッドに重傷を負わせ、その後対峙したオールマイトは大苦戦を強いられました。

肉体もタフに作られているようで、連続パンチを食らって外まで吹き飛ばされたものの、しぶとく生存しており、警察に身柄を拘束されました。

イレイザーヘッドの「個性」で個性を無効化しても強力なパワーを持っていたため、素体そのものが屈強な肉体を持っていたものと考えられます。

 

上顎がない脳無

個性:不明

保須市で暴れた三体のうちの一体です。

頭部に上顎や目が無い以外は、上記の「USJ襲撃時の脳無」と似た黒色の姿をしています。

個性は不明ですが、片腕でヒーローを押さえ込み、もう片方の腕で別のヒーローを投げ飛ばしている描写があることから、パワーに関連した「個性」を持っている可能性があります。

 

四ツ目の脳無

個性:吸収と放出、筋力増幅、舌を複数に枝分かれさせる個性

上記の脳無と同じく保須市襲撃事件に現れた三体の内の一体で、むき出しになった脳の側面に4つの目と異様に長い手足が特徴です。

素早く動くことができ、戦闘時にはこの異様に長い手足で攻撃してきます。

個性は吸収と放出に加え、さらに全身の筋力を一時的に増幅させたり、自分の舌を複数に枝分かれさせて網のように変化させて相手を捕らえたりする個性も持っていますが、肉体そのものの強度はUSJに現れた脳無には遥かに劣るようです。

グラントリノ、エンデヴァーと交戦し倒され、警察に拘束されています。

 

翼の生えた脳無

個性:翼で飛行する個性

保須市襲撃時に現れた一体で、翼で飛行する個性を持っています。

物をつかむのに適した鋭い鉤爪を持っており、鳥のような特徴を持った脳無です。

駅前で暴れ、ヒーローを掴みながら飛び回っていましたが、ステインとの戦闘で疲労したデクを上空から攫った際に、血が流れ落ちたことでステインの凝血で動きを封じられ、頭部を斬られて殺害されました。

殺害される前のこの行動には、何か意味があったのでしょうか?

 

林間合宿襲撃時の脳無

個性:背中から複数の腕と工具を出す個性

荼毘の声にのみ反応するように調整された脳無です。

バイザーをつけて猿轡をはめ、背中から複数の腕と工具を出す「個性」を持っています。

作中の仕草から察するに、これまでに登場した脳無と比べると、わずかに知性が残っているようです。

工場で休眠状態になっていたところをベストジーニストらヒーローたちによって捕縛され、自身は巨大化したMt.レディに捕まるが、オール・フォー・ワンの攻撃に巻き込まれて消滅しました。

 

工場の量産型の脳無たち

身体的特徴はバラバラで、林間合宿に現れた脳無と共に工場で管理されていた脳無たちです。

後にオール・フォー・ワンが、自らの個性で死柄木を取り押さえていたオールマイト達に差し向け現場を混乱させましたが、エンデヴァーらによってすべて倒されたようです。

 

ハイエンド

個性:「筋肉増強」、羽で飛行する個性

これまでの脳無とは異なり、異様に長い首と側面の皮膚がボロボロに破れ、筋繊維が剥き出しになっているという特徴を持っています。

首の奥から顔を覗かせており、黒霧に似たような目を光らせていますが、脳も剥き出しになっているのかは不明です。

片言ですが喋ることが可能で、ある程度知性があるような描写が見られます。

エンデヴァーと交戦した際には、「筋肉増強」と羽で飛行する個性を披露していました。

脳無の正体とは

さて、すでに様々な個体が登場している脳無ですが、正体は何なのでしょうか。

実は、脳無の正体は人間です。

本名や素性は一切不明ですが「ドクター」と呼ばれている人物にDNAの混製や薬物で廃人にされた人間に、オール・フォー・ワンが複数の個性を与えることで誕生します。

 

例えば、USJに現れた脳無は、捕獲された後の警察による身体検査や調査によれば、元は恐喝などの前科を持つチンピラと診断されています。

作中に登場するほとんどの脳無が、無知性で命令に従うことしかできないのは、薬物投与によるところもありますが、与えられた「個性」に肉体が耐えきれないことも、思考停止状態にある大きな要因となっているようです。

 

ヒーローたちも基本的には一人につき一つの「個性」しか持っていないことからもわかる通り、オール・フォー・ワンのような特殊な「個性」を持っていなければ通常の人間が複数の「個性」を持つことはあり得ません。

それを薬物とオール・フォー・ワンによって無理やり可能にしているわけですので、彼らが無知性な化け物と化しているのも頷けますよね。

まとめ

以上、脳無とその正体についてまとめてみました。

いかがでしたか?

 

オール・フォー・ワンはすでに登場していますが、脳無作成に欠かせないもう一人の重要人物である「ドクター」はまだほとんど描写されていません。

その目的や正体も気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です