【フェアリーテイル】最強キャラが決定!強さランキングベスト10!

2006年からおよそ11年のあいだ連載された週刊少年マガジンの看板漫画『フェアリーテイル』がついに完結しましたね!

どんなときも得意の速筆で連載ペースを落とさず、前作『RAVE』に引き続いて長編を見事描き切った真島ヒロ先生は、ほんとうにバケモノですね。

いまは大好きなゲームに没頭して、次回作の充電をしてほしいものです。

 

さて、完結こそしたものの、いまだ余熱の残る傑作『フェアリーテイル』。

この作品の魅力を支えていたのは、なんといっても魅力的なキャラクターにあると言えるでしょう!

 

そこで今回は、役者がすべて出そろったからこその「最強キャラランキングベスト10」をまとめてみたいと思います!

みなさんのお気に入りキャラはランクインしているでしょうか?

スポンサーリンク

フェアリーテイル最強キャラランキングベスト10

 

10位 グレイ・フルバスター

 

概要

妖精の尻尾に所属する青年の魔導士。

古株でナツやエルザよりも早くギルドに所属している。

ナツとは犬猿の仲ではあるものの、本当に嫌いというわけではなく、度々一緒に戦うシーンが描かれることもある。

師匠であるウルをゼレフ書の悪魔デリオラに殺害されており、ENDを倒すことが目的となる。

師匠のウルから教えてもらった氷の造形魔法を扱い、父親のシルバーとの戦闘後は、さらに氷の滅悪魔法まで身につけた。

脱ぎ癖があり、無意識に服を脱いでしまっていたシーンは作中何度も描かれていた。

 

魔法

氷で盾や槍、壁、斧を作り出す氷の造形魔法を操る。

シルバーとの戦いの後、氷の滅悪魔法という上位互換の魔法も扱えるようになった。

 

9位 ラクサス・ドレアー

 

概要

妖精の尻尾のS級魔導士の一人。

三代目マスターであるマカロフの孫で、大鴉の尻尾のギルドマスター、イワン・ドレアーの息子。

序盤は敵キャラとして描かれるが、バトル・オブ・フェアリーテイル編を経て、天狼島で再登場して以降はギルドメンバーとの交流も描かれるようになる。

第2世代の滅竜魔導士であり、体内に魔水晶を埋め込まれたことで雷の滅竜魔導士となる。

 

魔法

雷の滅竜魔導士で、雷を自在に操ることができる。

 

8位 ラーケイド・ドラグニル

 

概要

ゼレフの子供という設定で登場しましたが、その正体はゼレフ書の悪魔の中の一体。

スプリガン12の一人であり、「アクノロギアに勝てる可能性を持っている秘密兵器」とゼレフに言われるほど。

かなり特殊な魔法を扱い、ギルダーツ、ラクサス、そして、アイリーンさえも骨抜きにしてしまう能力をもつ。

 

魔法

睡眠欲・食欲・性欲といった人間の欲を増幅させる能力。

睡眠欲を極限まで増幅させ、永眠につかせるR・I・P(レストインピース)という反則級の魔法も扱う。

 

7位 アイリーン・ベルセリオン

 

概要

スプリガン12の一人で、オーガストと並んで最強の魔導士と言われる実力をもつ。

エルザの実の母親で、もともとは400年以上前に存在したドラグノフ王国の女王。

付加術の魔法を編み出し、当時普通に存在していた竜の力を人間に付加する魔法を生み出し、これが滅竜魔法の最初となる。

自身も滅竜魔導士となるが、その副作用で次第に竜化が進んでいく。

完全に竜の姿となってしまい、人間の姿に戻る方法を探していたところ、偶然ゼレフと出会い、ゼレフの魔法で人間の姿に戻ることができた。

 

魔法

高位付加術士(ハイエンチャンター)で、ウェンディの上位互換的能力。

物質だけでなく、大気や大陸、星にまで付加をかけることができ、作中最強規模の魔法を扱う。

世界再構築魔法ユニバースワンは、王国の縮尺を20分の1に縮め、そこにいる人間をランダムに再配置するという意味がわからない魔法をつかったり、ドラゴンの姿に戻ったときは極限付加術で隕石を落下させるという魔法を使用する。

 

6位 エルザ・スカーレット

 

特徴

妖精の尻尾のS級魔導士の一人で、妖精の女王の異名をもつ。

楽園の塔を建設するために集められた奴隷の1人で、そこでジェラールと出会う。

反乱を起こした際に老人に命を救ってもらい、その後、妖精の尻尾に加入することになる。

奴隷時代に右目を潰されており、現在は右目は義眼である。

 

魔法

騎士(ザ・ナイト)という魔法で、魔法空間にある鎧を瞬時に装備することができる。

鎧には特殊能力が施されており、使い分けながら戦っていく。

 

5位 ギルダーツ・クライブ

 

特徴

S級魔導士の一人で、妖精の尻尾最強候補。

美人に目がなく、スケベキャラとして描かれる。

100年クエストに挑んだ際にアクノロギアと遭遇し、左手と左足を失っている。

天狼島編以降、カナが自分の娘だと知ってからはカナのことを溺愛するという親バカっぷりを見せる。

 

魔法

クラッシュという触れたものをすべて粉々にする魔法をつかう。

物質だけでなく、水や炎、光までも粉々にすることが可能。

 

4位 オーガスト

 

特徴

スプリガン12の一人で、「スプリガン12最強」と呼ばれる男。

実は、ゼレフとメイビスの子供であることが判明する。

 

魔法

相手の魔法を見た瞬間にコピーできると同時に自身には相手の魔法が無効になるという反則レベルの魔法をつかう。

どれだけ強力な魔法を受けても無傷だったのはこの魔法の力によるもの。

 

3位 ゼレフ・ドラグニル

 

特徴

魔法の歴史上、もっとも凶悪と言われる魔導士で、「黒魔導士」と呼ばれている。

正体はナツの実のアニで、イシュガルとは別の大陸でアルバレス帝国の皇帝として君臨する。

アンクセラムの呪いにかかり、不老不死の体と周囲をの生命を死に至らしめる力を得てしまう。

メイビスと出会い、同じく呪いにかかっていたメイビスと恋に落ちるが、自身にかかった呪いのせいでメイビスを死なせてしまう。

 

魔法

アンクセラムの黒魔術の呪いの力で周囲の生命を死に至らしてめてしまう。

 

2位 アクノロギア

 

特徴

世界最強の竜で、その正体は400年前に起きた竜族間の戦争・竜王祭で滅竜魔法を与えられ、竜の王になった滅竜魔導士。

天狼島に突如姿を現し、フェアリーテイルメンバーをまとめて片づけてしまうほどの力を見せた。

炎の滅竜魔導士であるナツは炎を食べることができますが、アクノロギアはすべての魔法を食べることが可能。

実質、アクノロギアに対して魔法は無力となる。

 

魔法

滅竜魔導士で、漆黒の竜に姿を変える。

 

1位 ナツ・ドラグニル

 

特徴

フェアリーテイルの主人公で、火の滅竜魔導士。

正体はゼレフの弟で、すでに幼少期に死亡。

弟を蘇らせたいと願ったゼレフがゼレフ書の悪魔として蘇らせた。

 

魔法

火の滅竜魔導士で炎を自由に操ることができる。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まだまだ語りつくせないほど魅力的なキャラが舞台裏に控えているのが現状で、とてもランキングトップ10では物足りないようにも思えますね。

それだけ『フェアリーテイル』は濃密だったのでしょうね。

みなさんもぜひ、いまいちど単行本を読み返して作品を味わってみてはいかがでしょうか。

これまで気づかなかった発見があるはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です