【ブラッククローバー】160話のネタバレでマグナVSラックの展開に!?

スポンサーリンク

アスタとユノは、ハージ村を救い次の戦いの地へ向かいます。

一方かつての仲間だったラックと戦うことになってしまうバネッサとマグナの姿が。

最新話である160話のネタバレについてまとめていきます。

スポンサーリンク

ブラッククローバー160話のネタバレの要約

 

一旦別れて戦うことにするアスタとユノ

育った故郷のハージ村の神父や子供達を救ったアスタとユノでしたが、すぐさま次の戦いの地へと向かいます。

アスタの新たな剣でエルフの転生から救われた魔法騎士は、自分のしたことを覚えておらず困惑していました。

「紫苑の鯱の評価回復の為に地道にまずは恵外界のパトロールをしていたのに・・・わけわかんないよぉ〜〜一体なにがどうなっているんだよぉ〜〜」。

 

エルフ化が解けて、キャラに戸惑うアスタたち。

子供達もアスタとユノの成長の凄さに興奮し、助けられた神父も喜びを表現していたが、アスタとユノは「また今度ゆっくりな」と言い、ハージ村を後にする。

急いでいく二人に神父は悲しそうだったが、「国を救ってくる」という言葉に二人の成長を喜んでいた。

 

アスタとユノは、そろそろ平界に差し掛かろうとすると、ユノが前方の北側と南側の2ヵ所からエルフの魔力を感じるという。

アスタは「別れていくしかないな」と提案し、「俺にはこの剣があるからそっちは二人で行ってくれ」とユノと紫苑の鯱の魔法騎士に伝える。

王都で会おうと約束を交わし、二人は別々の方向を目指す。

 

かつての仲間との戦い

バネッサは魔力に気づき、マグナは「町が襲われているから」と来てみると、そこにはかつて仲間だったラックの姿が。

「どういうことだ」とラックに問いかけるが、外見のままで中身はエルフに変わってしまっているラックが「そいつが誰かに会いたがってたようだけど君たちかな?けど残念。転生魔法でこの体はもうルフルのものになったんだよ!」と言い、マグナに攻撃を仕掛けてくる。

 

しかし、攻撃は当たらず戸惑うルフル。

まったく見当違いのところへ攻撃させられたことに気づき、「面白い魔法だね」とルフルは言うと、マグナも攻撃を仕掛けるが攻撃を失敗してしまう。

バネッサの魔法猫のルージュにより、黒の暴牛のみんなを味方することに気づき、中身は違えどラックも黒の暴牛だということで守られていることに気づく。

 

マグナはバネッサに「魔法を解除しろ」と指示するが、バネッサは「何言っているの?いまのラックの攻撃が当たったらアンタは即死よ!それに恐らく禁術魔法でラック本人は眠らされているだけ」とマグナに伝えるが、「だからあのバカの目を覚まさせてやろうといってるんだ」とラックの姿のルフルに攻撃をする。

「単純な魔法だね。こんなの当たるワケ・・」と余裕を見せていると、魔法が消えたことに驚くが、「どんな魔法も僕には当たりっこないよ。君たち人間じゃ僕には勝てない。僕の攻撃は避けられるかな?」とマグナに攻撃をする。

 

しかし、バネッサがサポートに回り、「私との修行の成果かましてやんなさい!」とマグナに伝える。

マグナの攻撃は単純だが、なにかの仕掛けがあることにルフルは気づく。

するとマグナは、「これがオレの新たな炎魔球『時限爆殺散弾魔球』だ。当たらなくても爆発する」と説明し、「どれがどこで消えて爆発するか読み切れるか」と挑発しながら攻撃をする。

 

依然としてルフルは攻撃をかわし続ける。

「魔の感知で避けてるのなら通常の魔球に紛れて後ろを取れる」とバネッサは推測し、マグナもルフルの背後を取り攻撃を仕掛ける。

しかし、ルフルの感知力の凄さでマグナに気づき攻撃を防ぐ。

 

するとマグナも感知力とスピードの凄さをわかっていて、時限爆弾を仕掛け、「オレが自分ごと爆破するバカだってことを知らねーだろ」と言い、ルフルを巻き込み爆破させる。

攻撃を受けたルフルにマグナは「ラックだったらオレがここまでバカやるのもわかっていたかもな。打たれ強さと我慢強さはオレの方が上だ!」と伝え、『極大爆殺轟炎魔球』の攻撃をルフルに打ち込む。

「オレはラックのことをよく知っている。誰だか知らねーがテメーは、ラックのこともオレのことも知らねー。だから勝てるワケねーんだよ。わかったらさっさとあのバカ返せ」とルフルに伝える。

 

するとルフルは笑いながら稲妻が走る。

向かっていたアスタもそれに気づく。

「誰が誰に勝てないって?人間が!」と、ルフルは覚醒したかのように変化する。

スポンサーリンク

ブラッククローバー160話のネタバレ考察

 

紫苑の鯱の評価回復のためと言っていたが・・・

ハージ村を襲ったエルフの転生にかかっていた魔法騎士が、紫苑の鯱だったことが明らかになり、「評価回復のためにパトロールしていた」と言っています。

紫苑の鯱は以前どんなことをしてしまったのかおさらいしていきたいと思います。

 

以前王都を襲撃した白夜の魔眼メンバーのラデス。

そのラデスは、元々トップの実力で魔法騎士団に入団しています。

その入団先が紫苑の鯱でした。

 

しかし、その実力がありながらも、紫苑の鯱団長のゲルドル・ボイゾットに追放され、恨みを持ち、白夜の魔眼に入ったことが明らかになっています。

ゲルドルがそのとき団長だったのか明らかになっておらず、誰が追放したのか明らかになっていません。

しかし、その団長のゲルドルが王都に白夜の魔眼の侵入を助けたことは明らかになり、逃げようとしたところアスタに敗れ拘束されました。

このことから紫苑の鯱の評価は、全騎士団の中でも最低の評価を得ていることがわかりますね。

 

修行していたバネッサとマグナ

「修行の成果を見せてやりな!」とバネッサはマグナに言っていますが、決して何もしていなかったわけではなかったようです。

案の定マグナは、新たな炎魔法の力をつけルフル(ラック)を追い詰めます。

 

しかし、マグナとバネッサの修行とはどこで行われていたのか、どんな修行を行ったのかは明らかになっていません。

ですが、ここまで強くなったということは、厳しい修行を乗り越えてきたからだと推測します。

 

また、バネッサの魔法で猫のルージュも出てきますが、正直このルージュの強さを知っている人であれば、ルフルも簡単に倒すことができるのではないかと思いました。

なんてったってルージュが触れた人間をバネッサの都合の良いように変えるというとんでもなくチートな魔法なのです。

 

だから、最初のルフルがマグナに攻撃し、見当違いに外れたのも、マグナがルフルに攻撃を仕掛けて失敗したのも、ルージュが二人に触れていたからなんです。

しかも、このルージュは捕らえることもできなければ、攻撃も当たりません。

うまく使えば最強の魔法と言ってもいいくらいです。

 

エルフに転生したラックの強さとは?

エルフの転生魔法にかかっているラックですが、元々黒の暴牛内でも圧倒的な強さを誇っていたラック。

そんなラックの強さを振り返ってみましょう。

 

ラックは元々「バトルマニア」とも言われ、必要以上に戦うことが好きで「狂喜のラック」とも言われていました。

性格も変わっており、個人で戦うことが多く、その戦闘能力は貴族さえも負かしてしまうほどです。

 

また、雷の魔法を使うため、応用が効き、攻撃力も高いことから「性格が破綻していなければどの団もラックをほしかった」と団長ヤミが言うほどだったのです。

魔の感知もずば抜けていたため、敵に誰よりも早く気づいたり相手の戦闘能力も測ることができるほどの実力者です。

そんなラックが、エルフの転生によりさらに力をつけたとすれば、強くなったと言えど、マグナでは少し荷が重すぎるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ルフル(ラック)VSマグナ&バネッサのしれつな戦いが繰り広げられる中、アスタはラックの雷に気づきます。

覚醒したルフルにアスタも戦いに参加するのか?

ユノが向かった先に待ち受けるエルフの転生を受けた魔法騎士は誰なのか。

まだまだ王都につかないアスタとユノの戦いから目が離せませんね。

次回も激しい戦いのブラッククローバーが楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です