【ブラッククローバー】163話のネタバレでラック(ルフル)VSアスタが決着



ラックがエルフの転生により、中身がルフルとなってしまい仲間のマグナやバネッサと戦うはめに!

アスタも合流し協力してルフルを追いつめる!ルフルからラックを救うことができるのか?

いよいよ決着です!最新話である163話のネタバレについてまとめていきます。

ブラッククローバー163話のネタバレの要約

 

大切な黒の暴牛メンバー

ルフルを倒したアスタは、エルフの転生を阻止することができる新たな剣でルフルを刺そうとする。

しかし、ルフルも簡単には攻撃を許さず最後の力で抵抗する。

すると、そこへマグナとバネッサも取り押さえるのを手伝う。

 

「あれ?さっきまで何か声が・・微かに聞こえてた気がしたんだけど・・なんだっけ?誰だっけ?」、幼い頃のラックが心の内側で自問自答している。

ラックと呼ぶ声の先を見るとそこにはラックの母親の姿が・・。

「こっちへ来なさいラック。あなたは普通じゃないんだから私と一緒にいなきゃダメなのよ」、そう言われてラックは母の元へ行こうとする。

 

「そうだ・・こんな僕を愛してくれるのはお母さんだけなんだ。僕はお母さんのために生きてるんだ・・お母さんを笑顔にするために・・」、ラックの心の内側では母の元へ歩み寄っていたが、ルフルは最後の力を振り絞り「全魔力を放出してこの人間の体もおまえたちも僕もおしまいだ!消えろ消えろ!死んでしまえ人間!!」と、アスタたちに抵抗し続けていた。

「何なんだ?この気は・・?これは魔力なの?凶々しいドス黒い何かが膨らんでく・・・このままだとコイツが別の邪悪な何かになる・・!?」、アスタとバネッサは、そのルフルの抵抗の凄さに恐怖を感じていた。

 

「みんな僕の大切なものを奪った・・人間絶対に許さない!!」、そう話すルフルにアスタは、「何のことかわかんねーけど、俺たち人間のせいなら・・・ごめん・・本当にごめん!!けど俺たちにとってラックが・・その大切な仲間なんだ・・・!!頼むから奪わないでくれ!それにおまえの大切な人達は、おまえがこんなになるのを望まないんじゃないか・・?」と、ルフルに呼びかける。

すると、内側にいたラックは、母の元に向かうのをやめて、「ごめん!母さん。僕行かなきゃ。こんな僕でも・・大切なものが出来たんだ!いままでありがとう・・・!」、内側の幼いラックが、母に話し光が射す方向へと走り出す。

その姿を見て泣いて喜ぶ母の姿が。

 

ヤミ「今日からてめーは黒の暴牛の一員だ。しっかり暴れろよイカレ小僧」

バネッサ「あらぁ〜何だかカワイイ子来たわね〜私のことお姉ちゃんだと思っていいわよぉ〜」

チャーミー「コレ食べてみ?」

ゴージュ「オレの妹マリーだ。天使だろう」

アスタ「アンタが俺をどー思ってても知らん!アンタは俺の仲間だ!」

ノエル「まったくメチャクチャな先輩ね。私は王族だから許してあげるわ!」

マグナ「決勝戦で戦うのはオマエとあのユノってヤツじゃねー。俺とラックだ!!」

ルフルは、心の内側ラックの思い出を思い出し、さらにルフルも自分のことを思い出す。

 

「僕たちと君たちが必ず共に仲良く生きられる世界がきっと来るよ・・!僕たちはわかり合える・・!」、ルフルはアスタの攻撃を受け、最後にアスタに話しかける。

「君たちみたいな人達と・・人間と仲良くなりたかった・・!」、そう言い残すとルフルは消え、ラックのエルフの転生も解け始める。

 

ラックは立ち上がり、「僕は・・・僕は・・みんなの・・黒の暴牛の仲間だよね?」と、
泣きながらラックはアスタ、バネッサ、マグナに質問する。

ラックに戻ったことを確認するアスタとバネッサ。

マグナはラックの元へ行き、「あたりめーだろ!バカヤローが・・!」と抱きよせる。

ラックは安堵して、アスタたちも無事にルフルからラックを取り戻すことができた。

ブラッククローバー163話のネタバレの考察

 

エルフの転生の暴走

エルフの転生の魔法により、魔力も数段に強力となり、凄まじい力を発揮しますが、今回のラックの件で、あまりにも暴走してしまうと邪悪な何かになってしまうようなことが明らかになりました。

以前にもエルフ化した魔法騎士団が、力を使いすぎて黒くなっていく様子が描写されていました。

 

エルフの転生をして力を使いすぎてしまうと、悪魔に変わってしまうのではないかと考えられます。

エルフが悪魔になってしまうと、アスタの中に眠っている魔神なども明らかになっていくのではないでしょうか?

悪魔はエルフ?エルフが悪魔?今後のエルフ化した戦いを制していくうちに、エルフと悪魔の関係や、アスタの中に眠る魔神も明らかになっていくことでしょう。

 

ラックと母親との過去に何が?

ルフルから乗っ取られていたラックですが、内側で幼い頃のラックと母親が出てきます。

そこでラックは、「お母さんのために生きている」と言います。

いったい過去に何があったのでしょうか振り返ってみたいと思います。

 

ラックは、幼い頃からあまり出来の良い子ではなかったので、母親からよく叱られていました。

そのせいか周りから何を言われても感情を出さず、笑顔でいることに感覚が麻痺してしまい、それを逆に母親は怒っても笑顔でいるラックをさらに叱ってしまいます。

ですが、成長して魔力も戦闘も強くなっていくと貴族を負かすようになり、それを知った今まで叱ったことしかなかった母親が褒めてくれて、いつしかラックの中では「自分が勝てば母親が喜んでくれる」という思考になってしまい、いつも一人で戦っては勝利することを必要以上に求めてしまいました。

それは母親が死んでもなお心の中で呪いのようにラックを縛り付けていました。

 

このようなことがあったラックでしたが、アスタと出会い戦いを協力するようになり、さらに今回では初めて感情を表に出し泣いてしまいます。

壮絶な過去と母親からの呪縛をラックも乗り越えたということでしょう。

 

ブラクロの今後を予想

今回ラックを取り戻すことができたアスタたちでしたが、他にも王都に先に向かっていたノゼルとノエルやアスタと分かれて進んだユノの動向が気になります。

時間的にノゼルたちは誰かしらとすでに戦っていそうですね。

他にもユノが向かった先に待っているエルフの転生をした魔法騎士も気になります。

まだ出てきていないヤミや、他の黒の暴牛のメンバーも今後の戦いにどのように関わってくるのでしょうか。

 

とにかくアスタがいなければエルフの転生を解くことがまだできないので、一刻も早くアスタたちは合流してほしいです。

エルフの転生を他の誰かも解くことができないと、アスタだけでは対応しきれないと思うので、これから誰かがエルフの転生を解くことができるようになってくるでしょう。

ルフルの他にもエルフに転生した名前が明らかになっていくのも何か重要な伏線なのかもしれませんね。

まとめ

ラックを取り戻すことができたアスタたち。

次回はいよいよ王都に向かっていきます。

新たな展開が期待できる次回のブラッククローバーも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です