【ブラッククローバー】170話のネタバレでゲルドルとレブチがまさかの共闘!?



ヤミとシャーロットの戦いがついに決着がつきます。

さらに、かつて囚われた魔法騎士団長であるゲルドルなどもこの騒動を利用して何かを企み始めるのか?

各場所で広がる転落者による被害を食い止めることはできるのか?

最新話である170話のネタバレについてまとめていきます。

ブラッククローバー170話のネタバレの要約

 

ついに決着!さらに因縁の2人も登場!

ソルはヤミから頼まれた黒い球体を隠していた。

「よし!これなら大丈夫だろう・・・!暴牛の団長やたらと大事そうだったけど・・何が入ってるんだ・・?」、そんなことを思っていると遠くで激しい音が聞こえてくる。

ヤミの攻撃はシャーロットの防具を壊すだけだった。

 

一方、ヤミのほうはシャーロットによる魔法で瓦礫の山となっていた。

「いまの互いの一撃。魔力の大きさは私の方が圧倒的に上だった・・だというのにヤツの魔法は私の魔法を両断し勢いを弱め街を守った・・コテ(防具)のみとはいえ私に届く威力を残して・・魔力量の優劣に拘らず戦況を覆す・・そんな魔法の習得に至った物が人間にはいるのか・・そうでなければこの二人もやられてはいないか・・人間を甘く見過ぎていたようだ・・思ったより魔力を使った・・二人を連れて退くか・・」
とシャーロットは二人を連れ、リヒトたちを確認し、その場から去っていく。

 

ソルはシャーロットの姿を確認し、ヤミが見当たらないことを心配し始める。

すると瓦礫の中からヤミが出てくる。

 

「待ちやがれコノヤロー!俺はまだ負けてないぞこのアマ!あぶねーだろ死ぬかと思ったわ!てめー絶対目を覚まさせてやっからなトゲツン女王!」、案外元気そうな姿に若干引いてしまうソル。

ソルに気づいたヤミは、「あ、ヤンチャ女!何戻ってきてんだ!俺が託したもんどーした?」と質問すると、「安全な場所に隠してきた。そっちこそ姐さんを頼んだからな!」と今の状態では自分は救えないことを理解した上で、ヤミに再度お願いをする。

するとヤミは、「誰に口きいてんだ!お前の心配なんざお呼びじゃねーんだけど!てゆーか、戦えなくても救うことはできんだろ!他にも騎士団員がいんだろーから一緒に国民共を助けにいけ!」とソルに指示を出す。

 

そのころ魔法騎士団の本部地下では、何かが起きたことを察知する。

「何だこの外に感じるとてつもない魔力は・・?それに魔法封印の牢が壊れるほどの騒ぎ・・何にせよこれは千載一遇の好機・・!」と捕まっていた紫苑の鯱団長のゲルドルが牢から出てくる。

するとさらにもう一人奥の方から歩いてくる。

 

「おやおやまぁ・・こんなところで誰かと思えば・・」、その姿をゲルドルが確認すると、「これはこれは・・また会うとは思ってなかったよ・・レブチ先輩。悪いが私は先を急いでてね・・思い出話しは今度にしてもらおうか。」とレブチに向けて話すと、「お前がそれでよくてもこっちはそうはいかないんだなぁ〜何せお前は2年前任務中に俺をハメて顔に重傷を負わせた挙句・・任務の失態の責任を全部被せオレを紫苑の鯱から追い出した張本人なんだからなぁ〜」とゲルドルに突っかかっていく。

「それは自業自得だ。あなたは他の団員からも嫌われていたからね。現にあのとき誰もあなたの味方をしなかっただろう?」とゲルドルもレブチに突っかかっていく。

 

「それはお前もじゃないのか?だから元紫苑の鯱団長様が地下牢にブチ込まれてたんだろう?どんな攻撃も受けつけなかった透過魔法様がイイ様だ!」と話すレブチに、「自分可愛さに危険な任務には一切出向かず上を目指すこともなく後輩に抜かれた情けないアナタには関係ない・・!どんな魔導士の魔力も封じられた鎖魔法が嘆かわしいね!」と話すゲルドル。

最終的には声を揃えて、「そうだ!俺は無敵だ!あんな反魔法だとかのフザケたガキがいなけりゃ!」と胸ぐらを掴み、言い合いをしていると地上からエルフの転生をした魔法騎士が降りてくる。

 

その圧倒的な魔力に、レブチは「鎖で触れなくても余裕でわかる・・馬鹿高い魔力!こんなのが外で暴れてんのか?」と冷や汗をかき、ゲルドルは「これは白夜の魔眼の仕業か・・?とんでもないヤツらを手引きしてしまったのかもしれんな・・!」と後悔の表情をしていた。

すると魔法騎士は、「人間は見つけ次第・・殺す!」と二人に伝える。

 

するとゲルドルは、「待て!私は君たちの敵ではない!条件によっては君達に手を貸してもいい・・!君たちの頭と話しをさせてくれ!」と話しかける。

しかし、エルフの転生で心はエルフになっている魔法騎士は、「もう人間には騙されない・・!どんなヤツだろうと人間は皆殺しだ・・!」と圧倒的な魔力を見せる。

焦るゲルドルとレブチは二人で話し合い、共闘することに。

 

魔法騎士は一瞬の出来事で理解ができなかった。

「消えた・・?馬鹿な・・魔力も消えているだと?ならばこの辺り一帯を吹き飛ばして。」と攻撃をしようとすると、ゲルドルの透過魔法で魔力も姿も消していたレブチが出現し、鎖魔法で魔法騎士を捕らえる。

「魔力が封じられている?魔力量ではこちらが圧倒していたのに・・何だ!?コイツらの魔法は・・」と魔法騎士は初めての経験に焦りを見せる。

 

レブチとゲルドルは共闘することで最大限にお互いの魔法を活かし、地上へと向かっていく。

その頃魔法騎士団「紅蓮の獅子王」の本拠地では、エルフの転生を受けてしまったランドール副団長が部下の魔法騎士に攻撃を仕掛けていた。

ただでさえ強い副団長に桁違いの魔力が加わり、止めれるかと戦意を失いかけていると、「折れるな!俺たちは最高の団長に鍛えられた・・誇り高き最強の団紅蓮の獅子王だ!絶対に負けてはならない!」とみんなをレオポルドが鼓舞する!

ブラッククローバー170話のネタバレの考察

 

久々登場のゲルドルとレブチ

今回久々にレブチとゲルドルが出てきました!

ゲルドルはいずれ出てくるだろうと思っていましたが、まさかレブチまで出てくるとは!

さらに今回戦いを共にして互いの魔法の相性が良いことを証明したのではないでしょうか。

ゲルドルとレブチの過去に何が起きたのか忘れられている方もいると思うので、振り返ってみたいと思います。

 

ゲルドルは以前、この戦いのきっかけとなった白夜の魔眼とつながっていたことが明らかになり、魔法騎士団長のユリウスに捕まってしまいフランソワに尋問され、地下牢に拘束されていました。

一方、レブチは最初の頃ユノの魔導書を奪うおうとしましたが、アスタに倒されてしまいます。

あまり魔法騎士としては良い活躍をしていない二人ですが、この戦いを通してどのように変わっていくのかが気になります。

 

また、フランソワはエルフの転生魔法にかかっているため、ゲルドルの復讐として戦うことがあり得るかもしれません!

なんにせよ強力な二人も戦いに参戦したことで、さらに今後の展開が気になります。

 

いよいよ紅蓮の獅子王編に突入か!?

今回最後に少しだけ紅蓮の獅子王の話が取り上げられました。

副団長の存在も明らかになり、フエゴレオンも不在でレオレオナも意識を失っている状態でレオポルドが一人でどのように戦うのかが気になります。

正直このエルフの転生編で紅蓮の獅子王の話が出てきたら、フエゴレオンの復活への伏線にしか思えないので期待しています!

 

さらに、レオレオナもいつまでも意識を失ったままで終わるはずがないと思うので、この紅蓮の獅子王の話が長引くことがあれば、間違いなくどちらかが出てくる、または両方出てきてくれるのではないかと予測しています。

レオポルドも強くはなっていると思いますが、フエゴレオンの復活に期待するばかりです。

まとめ

今回色んな場所でエルフの転生による展開が見られました。

今後どの戦いに焦点を集めるのか、また他のキャラクターたちへの展開をしていくのか、今後もブラッククローバーから目が離せません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です