【ブラッククローバー】175話のネタバレでノゼルとノエルが共闘する展開に!?

スポンサーリンク

あまりに巨大な魔の前で立ち尽くすヤミとザリッパーたちの目の前に現れたのは、遅れを取り戻すために王都へ向かっていたノゼルたちであった。

そこでは行動を共にしてた黒の暴牛団のノエルとゾラの姿も!

王家を取り戻すために分かれて戦うことを決意する魔法騎士団たち。

今後どのような戦いが展開されるのか・・・。

ブラッククローバーの最新話である175話のネタバレになります。

スポンサーリンク

ブラッククローバー175話のネタバレの要約

 

力強い援軍が合流

「・・・・あそこにいるのは・・・ヤミ団長・・・!?それに・・・フィンラル!?」

ノエルがヤミたちに気づく!

さらにジャック・ザリッパーもいることにも気づく。

 

「ノエルちゃ〜ん心配かけてごめんね!!俺がいない間大変だっ・・・」

嬉しそうにはしゃぎながら話すフィンラルに、「私に心配されるようなんて100年早いのよヘタレフィンラルーー!!ノンキに寝てた分いまからしっかり戦いなさいよねっっ!!」と、ノエルはフィンラルに強く当たるが心の中では、本当に良かったと安心していた。

 

するとノエルたちの後ろにいる魔法騎士にヤミは気づくと

「キヒヒヒお久しぶりだなイカレ団長〜〜アンタらが不甲斐ねーから仕方無く魔法騎士団に入ってやったぜ〜〜〜」とゾラはヤミに伝えると、「キミ誰だっけええええーーーーーー!!!?」とヤミは大声で質問する。

 

それを聞いたゾラは、「フザけてくれてんじゃねーぞ・・問題児だらけの黒の暴牛の団員だよ!!このローブよこした責任取ってもらうぜテキトー団長がーーー!!」と返す。

それを聞いて安心したかのようにヤミは、「・・・おせーんだよバカヤローが・・!どんだけ待たせてんだ。遅れて来た分働けよゾラ!!」とつぶやいていた。

 

続けてヤミは嫌味のようにノゼルに向けて、「さて王族団長さんはどこほっつき歩いてたんですかーー!?アナタの家大変なことになってますよーー!?」と言う。

さらにそれに乗っかるようにザリッパーも「カカ!チンタラしてっからオレ達が城ん中入っちまうぜぇーー!!」と伝えるとそれを聞いていたノゼルが、「異邦人と元平民めが・・・」と少し怒りを表に出していた。

 

「王様んとこはオレ達が行ってやっからテメーらは自分ンちどーにかすんだな!!敵は強力・・・無理に倒そーとすんな!!あくまで目的は救出・脱出だ!!どいつもこいつも死ぬんじゃねぇぞぉーーー!!」と、ヤミは分かれて対応することを提案し、さらに指示を出すがノゼルは、「貴様に言われずともわかっている・・・!」とシルヴァ家へ向かっていた。

シルヴァ家へ訪れるとその転がる負傷者の多さに「酷い」と一言つぶやくノエル。

「よくも我等の城を汚してくれたな・・絶対に許さぬ・・・!」、ノゼルもその悲惨な光景を目の当たりにして怒りを抑えていた。

 

すると一緒に行動していたゾラは途中で離れ、「オレはオマエら王族のことなんざ知ったこっちゃねーからなぁ。好きに行かせてもらうぜ・・・!」と言い残し、敵の数が多い以上賢く動かないとと思い別行動することを伝える。

「ちょっと!!何勝手な行動して・・・」と、ノエルはゾラを引き止めようとするが、ノゼルが放っておけと言い、「王撰騎士団に選ばれた程の者だ・・奴の戦い方があるのだろう・・・」とノエルに伝える。

 

すると強力な魔を感じ取ったノゼルはエルフの転生を受けた金色の夜明け団の魔法騎士に気づく。

「いたな・・・王族・・・!!今その身に罰をーーー・・・」と、いきなり攻撃を仕掛けてくるエルフ化した金色の夜明け団員。

しかし、その攻撃をあしらうかのように「私の前に冷静さを欠くとは・・・愚行の極みだ・・」とエルフ化した金色の夜明け団員を取り押さえる。

 

「緻密な魔力コントロールで変幻自在、攻防一体の水銀魔法・・・!やっぱりノゼル兄様は凄い・・!!」と、ノエルはノゼルの凄さを間近で感じ取っていた。

ノゼルはノゼルに指示を出し、「最も強い者から叩くぞ」とシルヴァ家の城を見上げていた。

 

守れシルヴァ家と王族のプライド

「クソ・・クソ・・クソがァァァ〜〜〜〜〜!!!ヤツのバカデケぇ魔力が邪魔して・・・攻撃が当たらねぇ・・!!」と、ソリドはエルフ化した金色の夜明け団員の強大な魔の前で何もできずにいた。

「憐れぬ・・・もう死んでいいわよ・・!」、そう言い残し、ソリドにトドメを刺そうとしたとき、ノゼルとノエルが間に合い水銀魔法で攻撃を防ぎノエルの水創生魔法で攻撃を仕掛ける。

 

捉えたと思った魔法攻撃は、エルフ化した金色の夜明け団員の羅針盤魔法により攻撃を外されてしまう。

「ノエルのくせに敵の魔に阻害されずに魔法を・・・!?・・ノエルが・・あんなとてつもない魔法を・・・・!!でもそれも通用しなかったーーーー」と、ソリドはノエルの魔法に嫉妬をしながらも状況が変わらないことを絶望しつつ、力になろうと霧魔法で一旦退くことを優先する。

 

しかし、それでも逃さないと羅針盤魔法によって逃げることが不可能となる。

さらに魔力のコントロールができなくなっていることに気づくノゼル。

「私を倒さない限りここからは逃げられない!この魔法は空間の魔を強制的に掻き乱す・・どれだけ強力な魔力があってもアナタ達の魔法はもう当たらないわ・・そして私の魔法は必ず当たる・・・!!」、そう伝えるエルフ化した金色の夜明け団員。

 

攻撃を受けてしまったノゼルの慌てて駆け寄るソリド。

「狼狽えるな・・!オマエ達はもう戦えまい・・自分の身を・・・」と、二人に伝えようとしていると隣でノエルは一人で『大丈夫・・出来る・・』とつぶやきながら、「私はまだ・・戦えますッ!!」と言う。

それを聞いてノゼルは、「王族シルヴァ家の力・・・見せつけるぞ・・・ノエル!!」、その言葉を聞いたノエルは初めて言われた言葉に喜びを隠せずにいた。

スポンサーリンク

ブラッククローバー175話のネタバレの考察

 

分かれた魔法騎士団たちの配置

王都へ着いたノゼルたちと合流したヤミたち。

ヤミの提案によって王族である3つの家へ分かれて戦うことに。

そこで今回配置を紹介しながら今後の展開を予想していきたいと思います。

 

まず、今回の話の中心になったのがノゼルとノエルとゾラで、シルヴァ家の方へ向かっていました。

来週あたりノゼルとノエルが協力して、チート的な能力の羅針盤魔法を使うエルフ化した団員と戦っていくのではないでしょうか。

しかし、それでも勝てないときにゾラが登場して、3人で協力して倒すのが王道かなと思います。

 

次に、ヴァーミリオン家へ向かったのはキルシュとミモザとエンになります。

ここは言うまでもなく、メレオレオナが復活する舞台になるのではないかと予想されます。

気絶はしていたものの、ノゼルたちと共に行動していたメレオレオナの行方がまだ明らかになっていませんでしたので、この展開が一番濃厚ではないでしょうか。

フエゴレオンが復活したものの、この戦いの後に備えて今回は登場しないような気がします。

 

最後にキーラー家にはヤミ、フィンラル、ザリッパーで向かっています。

もちろんここにはエルフの転生を受け、さらに金色の夜明け団副団長、さらにフィンラルの弟でもあるランギルスが待ち構えていることでしょう。

 

そこで改めて兄弟対決が行われますが、ヤミとザリッパーとフィンラルだけでは太刀打ちできないほど力の前に立ちはだかってしまいます。

そこであくまで個人的予想ですが、金色の夜明け団の尻拭いも兼ねてユノが登場するのではないかと・・。

ここまで予想通りの展開になってしまうと少し面白くありませんが、ぜひ今後の展開にも注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

今回ノゼルやノエルたちが合流し、ゾラも確認することができました。

今後戦いはさらに王城で激しく展開していくと思うので、今後の戦いに注目していきたいと思います。

また、まだ確認できていない魔法騎士団の行方なども気がかりなので、どのような展開で登場するのかも楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です