【ブラッククローバー】180話のネタバレでザリッパーの裂断魔法の強さが炸裂



キーラー邸でランギルスと対峙するフィンラル、ヤミ、ザリッパー。

そこではエルフの転生により、さらに凶暴になったフィンラルの弟であるランギルスが王を殺そうとしていた。

弟の暴挙を止めるべくフィンラルたちが立ちはだかる!

ブラッククローバーの最新話である180話のネタバレになります。

ブラッククローバー180話のネタバレの要約

 

弟の暴挙に立ちはだかる兄

「何というレベルの空間魔法だ・・・!!あんなものを相殺できる空間魔道士はこの国には存在しない・・!それを自動防御で常に・・・!!まさに最強の盾・・!!」

フィンラルとランギルスの攻防を分析するヴォード家の亭主であるフィンラルの父。

 

「父さん、フィーネスさん。ここはオレ達に任せて行ってくれ・・・!!」

父親をかばうようにフィンラルが話しかけるが、「よせ・・・!黒の暴牛の運び屋のオマエではランギルスは・・・」と、あまりに強力な魔法を手に入れているランギルスに太刀打ちすることができないとフィンラルに伝えようとするが「・・黒の暴牛の運び屋だとか・・・金色の夜明けの副団長だとか関係ない・・今オレが戦うのは・・・オレがアイツの・・・兄だからです・・!!」と返す。

さらにその言葉を援護するかのように黒の暴牛の団長であるヤミも父親に「ウチの運び屋ナメねーでくれます?ハイ邪魔なんでさっさと行っちゃってオジサン。はーい、オバサンもねーーー」と言い、父親と母親はフィンラルの空間魔法で安全な場所へと転送される。

 

「フィンラルさん・・生きて戻って来てね・・・!」

フィーネスもフィンラルを心配しながら声をかける。

 

「えぇ・・・!ランギルスと一緒に・・・!」

フィンラルはフィーネスにランギルスと共に生きて帰ることを約束する。

 

「余をまず逃がさんかあぁぁーーー!!まったく・・ぐずぐずしおって・・・」

国王はだだをこねながらフィンラルの空間魔法の中へ入ろうとすると「まぁ待てよ。オマエはオレがバラバラに削り飛ばしてやるんだからな・・・!!」と、ランギルスがそれを阻止するかのようにフィンラルの空間魔法を打ち消す。

 

裂くことに特化したザリッパー

「カカ!コイツぁ久々に・・・裂き甲斐がありそうだぜぇ・・・!」

そんなランギルスにザリッパーは裂断魔法で攻撃仕掛ける。

 

攻撃はランギルスめがけて向かっていくが、空間魔法でランギルスには当たらずにいた。

「カカ!!斬撃を抉りやがった!イイぜイイぜェェェーー!!」

久々の強敵に興奮するザリッパー。

 

「ハッ・・まだオレと殺り合える気でいるのか・・・身の程を知れ人間共!!」

ランギルスは強力な空間魔法で反撃を仕掛ける。

 

「同時にンな攻撃魔法も出せんのかよ。いい加減にしろよテメー!」

あまりにチートすぎる魔法にヤミは呟く。

 

「一発でもまともにくらえば即死だ・・・!!」

ランギルスの魔法を同じ空間魔法のフィンラルが相殺するかのような攻防が続く。

 

「魔力の総量が違いすぎる・・・!オレの魔法じゃ半分も防ぎきれないーー!!残りどうにか避けてください!!」

フィンラルはランギルスのあまりに強力な魔法になんとか食らいつくものの、全てを塞ぎきることができずヤミやザリッパーに指示を出す。

 

激しい攻防が続く中でなんとか隙を見つけようとするフィンラルやヤミたち。

「あの防御魔法をどーにかしねーとヤツの懐に潜り込みよーがねぇ・・・がフィンラルの空間魔法じゃ相殺しきれねー。長期戦は不利・・・!勝負を仕掛けるなら一瞬!ムリヤリ突破するしかねぇ!それにやはり・・あの防御魔法を打破出来る一撃がもう一つ必要・・・」

 

ヤミは戦いの中で分析し、どうにかランギルスの懐に入る術を探っていた。

一方共に戦っていあるザリッパーの刃は、魔法の性質そのものをその天性の感覚によって変化させることでどんな魔法も裂断してきた。

ただ”裂きたい”という欲求のためだけに特異な空間魔法に等しい性質をも得るに至った!

ヤミとザリッパーはついにランギルスの空間魔法されを斬ってしまう。

 

しかし、それでもランギルスを止めることはできなかった。

「オレの防御を剥がし切ったことは驚きだが、一手足りなかったな・・・!!そいつの空間魔法じゃ攻撃も防御もろくに出来やしない!!」

 

ランギルスはフィンラルに狙いを定める。

「オレの魔法じゃ敵を倒すことは出来ない。でも、仲間と一緒にオマエを救う!」

フィンラルはランギルスから受けていた攻撃を防御していたが、その防御を捨ててヤミとザリッパーの移動のために空間魔法をつかい、ヤミとザリッパーはランギルスの懐へ入ることに成功する!

ブラッククローバー180話のネタバレの考察

 

ヤミとザリッパーの魔法とは!?

今回のブラッククローバーでは、フィンラルとランギルスの空間魔法の攻防が激しさを増した回でしたが共に戦っているヤミとザリッパーも奮闘しています。

そこで今回、ヤミやザリッパーを改めてご紹介していきたいと思います。

 

ヤミの本名は、ヤミ・スケヒロ。

ああ見えてまだ28歳という若さです。

かなりの実力者であり、若いころから魔法を使えずとも刀だけで魔法騎士と対等に戦える戦闘力をもっていました。

 

ヤミは闇魔法の使い手で、かなり珍しい魔法とも言われています。

いくつか闇の魔法をご紹介していくと

  • 黒穴・・・小さなブラックホールのような魔法で敵の魔法を吸収する。さらに相手をしばらくの間うごけなくさせることもできる。
  • 闇纏・黒刃・・・闇を刀にまとうことで、遠距離の斬撃を出すことができる。
  • 闇纏・無明切り・・・こちらも刀に闇をまとい、闇を飛ばし斬撃のような攻撃を出せる。また相手の魔法を引き寄せることもできる。
  • 闇纏・次元斬り・・・闇をまとった刀で次元事斬ることができる魔法。

基本的にヤミは肉弾戦を得意としており、刀に闇をまとうことで攻撃の幅を広げることができる。

 

ザリッパーの本名は、ジャック・ザリッパー。

年齢はわからないが、イギリスで実際に起きた連続殺人事件の犯人である切り裂きジャックが名前の由来になっていると思われる。

犯人は捕まっておらず、未解決事件として今でも様々な説がある中で、ブラッククローバーのザリッパーも切り裂く魔法(裂断魔法)を得意としている。

翠緑の蟷螂の団長として知られており、強い相手と戦うことを好むバトルジャンキーの一面もある。

あまり魔法は明らかになっていないが、なんでも切り裂いてしまう刃はヤミでさえも一目置く魔法となっている。

 

そんな二人は互いを嫌いながらも戦いの中では息ぴったり!

今後の戦い方もどのような展開になっていくのか楽しみです。

 

どうなるフィンラルとランギルス?

今回、最後にフィンラルはランギルスから受ける攻撃から守っていた防御を捨て、ヤミやザリッパーをランギルスの元へ転送させました。

ヤミとザリッパーの攻撃が早いか、もしくはランギルスがフィンラルを殺してしまう方が早いのか、どうなるか来週が気になる終わり方でした。

フィンラルはフィーネスと弟と共に無事に戻ると約束をしましたが、もしかするとフィンラルは弟を取り戻すために自分を犠牲にしてしまうかもしれません。

ここまでフィンラルを立てる戦いを展開しているため、そんなことも予想できるのではないでしょうか。

 

さらにこのままランギルスが大人しく倒されるとも思いません。

エルフの転生をしていなくても実の兄を殺そうとしたくらいですから。

また、ランギルスはエルフの転生で我を失っている状態ですが、もしかしたらユノと同様自我を残しつつエルフの転生をしてしまったという線も捨てがたいです。

 

前回、フィーネスから声をかけられ、黙る描写が描かれていました。

本当は自我が残っているにも関わらずやはり兄を憎んでいるがゆえに今回戦っているのではないかとも捉えることができます。

どちらにしてもただただエルフの転生で暴走しているランギルスを倒すだけでは終わらないような気がします。

まとめ

来週が気になる終わり方だった今回のブラッククローバーでしたが、戦いはどのような結末になるのか、どんな結末が待っているのか気になります。

また、キーラー邸だけでなく、ヴァーミリオン邸も残っているので今後も注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です