【ブラッククローバー】162話のネタバレでいよいよアスタVSルフルが決着か!?



アスタが駆けつけるものの、そこにはかつての仲間だったラックの変わり果てた姿が。

ラックをエルフの転生からアスタは救うことができるのか?

最新話である162話のネタバレについてまとめていきます。

ブラッククローバー162話のネタバレの要約

 

ラックを救うために戦うアスタ

マグナとバセッサは、エルフの転生により、ルフルとなってしまったかつての仲間ラックと戦っていたが、あまりの強さにマグナもバネッサも破れてしまいます。

そんなとき、仲間を救うために駆けつけたアスタの姿が。

「仲間ね・・・どいつもこいつも勘に障るよ。君魔力がまったく無いね・・ここまで魔に愛されていないヤツがいるなんてね・・」と憐れむようにアスタに話かけるルフル。

 

「そんなオレを仲間として認めてくれたのが黒の暴牛のみんなだ!誰一人失わせねー!」と意気込むアスタ。

するとルフルはアスタに攻撃を仕掛け、「誰だろうと何だろうと今の僕の動きは捕らえられないよ!」と物凄いスピードでアスタに「仲間の体の手にかかって死ね」と攻撃しますが、アスタはそのルフルのスピードを見切って攻撃を防ぎ、驚くルフルにすかさず反撃をします。

 

「怒りをむき出しのあんたの気はすげー読みやすい!そしてこの剣はでかい魔力に敏感に反応してどこまでも追いかける!」とアスタはルフルの魔を感じるのではなく、得意の気を感じ取って、断魔の剣で追いかけます。

「やってくれるねー。けど僕の怒りを越えられるかな?」と、さらにスピードを上げ、攻撃を仕掛けてくるルフルに、魔力のない俺を感知できていないのに、とんでもない戦闘センスにアスタは、マグナとバネッサに援護をしてくれるように頼みます。

 

マグナとバネッサは、力を合わせながらルフルに攻撃してアスタを援護しますが、前の戦いで手の内を知っているルフルは、「いまさらこんな攻撃当たるわけないじゃん!そしてキミのスピードはもうわかった!」とアスタに攻撃します。

「そろそろ終わりだ」とルフルは攻撃をしてきて、体の限界を感じ始めるアスタは、「次で決める」とマグナの魔法で起こした爆煙で身を潜め、ルフルに攻撃を仕掛けます。

 

しかし、ルフルは、「魔力が無くて感知出来ないなら隠せばいいって?だったら魔を広げてキミの剣が僕の魔を消しているところを感知すればいい!真っ直ぐ向かって来る・・完全に捕らえた!僕の怒りの方が強い!」
と、待ち伏せしたかのようにアスタの攻撃を読み、逆に仕掛けます。

すると、「ココだ!!」とバネッサがアスタを糸で操り攻撃し、仕掛けてきたルフルから引き寄せ、さらにマグナの炎魔球でその糸を切り、タイミングをずらしてアスタはルフルに渾身の一撃を食らわせます。

「俺たちの想いの方がしぶとい!」と、三人で力を合わせた攻撃が当たり、倒れこむルフル。

 

アスタたちと戦うバネッサをおさらい

バネッサは、ルージュという猫の魔法で戦っていましたが、魔力が少なくなり、本来の魔法を使います。

そこで、バネッサのことを改めてどんな人物で、どのような魔法を使うのかをおさらいしてみましょう。

 

バネッサ・エノテーカは、黒の暴牛の酒乱魔女として紹介されています。

シラフであれば頼りになりますが、ほとんど登場シーンでは酔っ払っていました。

戦力を見極める能力が長けており、的確な連携のアドバイスや治療を施す黒の暴牛の頼れる姉貴的な存在です。

 

しかし、お酒が入ってしまうと、酔っ払って使い物にならないなんとも残念な黒の暴牛メンバーです。

また、名前のエノテーカとは、ワインを取り扱う店を表す言葉なので、名前から酒好きなのが伝わってきます。

 

魔法能力は糸ですが、糸で攻撃したりなどはできず、対象の人や物を操ったりする傀儡のような糸の魔法を使います。

元々魔女としてその能力を高く評価されていて魔女の長である魔女王に閉じ込められていた過去もありますが、黒の暴牛団長のヤミと出会い、魔女の森を一度は抜け出し、メンバーとして加わります。

 

しかし、改めて魔女王に捕まってしまい、黒の暴牛のメンバーが、魔女の森でバネッサを取り返そうと戦います。

そこで、アスタたちのピンチを救うために生まれたのが、『運命の赤い糸』と言われる運命を操る魔法で糸で作った猫ルージュとなります。

ブラッククローバー162話のネタバレの考察

 

アスタとルフルの戦いで見せた能力

アスタは、ルフルとの戦いで以前にもなった半身だけブラック化をして戦います。

このブラックアスタとも呼ばれている能力は、どのような能力だったか思い出してみましょう。

 

半身だけが黒く翼の生えた状態に初めてなったときは、魔女の森で魔女王と対決したときに反魔法がアスタの体に巡って暴走したのがきっかけです。

そこで魔女王から説明があり、アスタの剣は絶えず反魔法のエネルギーが流れているため、無意識に魔を持っていないアスタの体に流れ込んでしまうということです。

マナスキン状態とも呼ばれており、体に魔法の力を纏うことによって身体能力が上がり、過酷な環境でもいつもと変わらず行動ができるような状態です。

 

しかし、アスタの場合は、1日に2回までしかその状態になることができないとされています。

しかも、一度なってしまうと次の発動まで休憩が必要となってくるというワンピースでいうところのルフィのギア4の状態みたいなものですね。

ここまでアスタが強くなったのも、ユノという絶対的なライバルがいるからこそだと思います。

 

どうなる?アスタたちVSルフルの戦い!

ルフルに渾身の一撃を与えたシーンで終わりましたが、今後ルフルとの戦いはどうなっていくのか推測していきたいと思います。

  1. ルフルが破れそのままアスタの新しい剣でラックを取り戻す。
  2. 一撃を与えたがさらにルフルは覚醒して暴走し始める。
  3. ルフルの危機に駆けつけたエルフの転生した仲間がルフルを連れてリヒトたちがいるところへ連れて戻る。

 

推測できるのはこの3つのパターンではないでしょうか。

このままラックをずるずると長く広げてほしくないので、パターン1が理想ですが、もう一波乱起きそうなのも否めません。

次回では何かしらの動きがあると予想されるこの戦いの結末はどうなってしまうのか気になります。

まとめ

ラックもエルフの転生を受けてしまい、ルフルという人格に変わってしまいましたが、黒の暴牛の仲間として取り戻すためにアスタとマグナ、バネッサが立ち向かい、力を合わせてルフルに渾身の一撃を与えました。

次回、戦いは終結となるのか?それとも新たな展開が!?

次のブラッククローバーも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です