【ワンピース】カイドウ率いる百獣海賊団メンバーの強さ一覧

スポンサーリンク

これからルフィたちがワノ国でぶつかるかもしれない百獣海賊団。

まだ登場しているメンバーは少ないですが、現時点で登場しているこの海賊団のメンバーやその強さについてまとめてみました!

スポンサーリンク

百獣海賊団とは

四皇の一人であるカイドウ率いる海賊団です。

海賊旗は大きな2本の角が生えたドクロに4本の骨が交差したマークであり、カイドウの顔がイメージされています。

カイドウの腹心として「災害」と称される3人の懐刀がいる他、下っ端部隊「プレジャーズ」と、頭に2本の黒い角があり、体の一部が獣に変化する動物系の人造悪魔の実「SMILE」の能力者軍団「ギフターズ」など、多数の船員に加え、傘下の海賊も多数いると推測されます。

現在新世界のワノ国を拠点にしており、「ロードポーネグリフ」の一つを所有しています。

このままルフィたちがワノ国に行くと、ぶつかる可能性があります。

スポンサーリンク

百獣の海賊団メンバー一覧

 

カイドウ

  • 役割:船長

鬼のような2本の大きな角に、腰まで伸びる長いナマズ髭を蓄え、キッド達が見上げるほどの常人の数倍はある体躯をした筋骨隆々の大男です。

左腕に髑髏と鱗のような刺青、右腹部に大きな十字傷があります。

生きとし生けるあらゆる者の中で、「この世における最強生物」と呼ばれる怪物で、一騎討ちならばカイドウが勝つだろうと万人から目されています。

大の酒豪で、泣き上戸から突如怒り上戸に変わるなど気性が激しい性格をしており、ローからは「話し合いが通じる相手ではない」と言われています。

ルフィやローなどの最悪の世代を「海賊ごっこ」と称し、見下しており、自分の強さに相当な自信があるのでしょう。

規格外の耐久力・生命力を有しており、過去に海賊として7度の敗北、敵船の海賊及び海軍に捕まること18回、1000度を超える拷問、40回の死刑宣告を経験していますが、死ぬことはなく、上空1万メートルの空島からの落下でさえも無傷で生き延びています。

そのため、自殺が趣味とされるほど死に場所を求めており、自分の思い通りにいかない退屈な世界など壊れてもいいという破滅願望を抱いています。

体格もバカでかいことから、実は普通の人間ではないのでしょうか。

ドンキホーテファミリーから人造悪魔の実「SMILE」を大量に買い付け、全て能力者の最強の海賊団を作ろうとしていましたが、ドフラミンゴがルフィとローに倒されたことで実現不可能になっています。

 

シャンクスとの小競り合いに

マリンフォード頂上戦争の前日、新世界にてシャンクスと小競り合いを起こしました。

海軍本部では、戦争を機として白ひげを討ち取ろうと目論んだカイドウをシャンクスが止めに入ったのではないかと推測されていました。

結果はどうだったのかわかりませんが、シャンクスがマリンフォードに現れたことから、カイドウは敗れたのでしょうか?

 

最悪の世代との戦い

新世界の強豪だったゲッコー・モリアなど新世界の覇権を狙う多くの海賊を退けているようですが、ルフィと同じ「最悪の世代」の海賊たちも彼に敗れました。

彼とぶつかったのはキッド、ホーキンス、アプーの3人です。

ドレスローザ編で空島「バロンターミナル」からの飛び降り自殺を行い、その真下にあったキッドのアジトに落下しました。

3人はちょうど同盟を結んで、シャンクスをターゲットに動こうとしていたところでしたが、自殺を試みるも生き延びたカイドウは彼らの前に現れ、歯向かったキッドたちとぶつかりました。

アプーはカイドウ側に寝返ったような描写がありましたが、キッドはボロボロの状態でアジトに連行され、捕らえられていました。

 

ワノ国

ワノ国の将軍と手を組んでワノ国をほぼ制圧しており、元ロジャー海賊団で世界の秘密を知った光月おでんとその妻を処刑しました。

さらに、息子のモモの助や家臣の錦えもん達から秘密を聞き出すため、追っ手を差し向けており、ゾウの国を半壊滅状態にしています。

 

ジャック「早害のジャック」

  • 役割:百獣海賊団大看板「マンモス号」船長
  • 懸賞金:10億ベリー

長い2本の角と牙を持ち、金属製の大きなマスクをはめた長髪の男です。

ミンク族の中でも大柄なイヌアラシやネコマムシをさらに上回る体躯の巨漢で、部下からは新世界に知らぬ者はいない大海賊と称されています。

カイドウの懐刀「災害」の1人で、ジャックが通った土地はまるで旱魃が来たかのように朽ち果て滅ぶことから「旱害」の異名を持っています。

破壊を好む凶悪な性格で、相手の言い分には一切聞き耳を持たない人物です。

そのため、敵対した相手への対処は冷酷を極め、ゾウで見られたように、自分の要求に従わない者は子供や老人であろうと容赦なく残虐な拷問を行い、「中途半端に生かすと厄介な復讐を招く」として徹底的に敵を滅ぼそうとしています。

目的のためなら戦力差を考慮せず特攻を仕掛けるなどかなりの自信過剰でもあり、ワンダからは「頭のネジが飛んでいる」と言われています。

武器はマンモスの牙のように湾曲した2本の刀です。

 

ゾウゾウの実 古代種

動物系悪魔の実「ゾウゾウの実」の古代種の能力者で、マンモスに変身することが出来ます。

獣型では巨大な鼻や牙といった強大なパワーで敵を蹴散らしている他、ミンク族のエレクトロを物ともしない耐久力に加え、昼夜で攻撃を交代したイヌアラシやネコマムシと違い、5日間休むことなく戦い続けたほどの底知れぬ体力の持ち主です。

また、能力者でありながら海底でも意識を保っていられるようですが、詳細は不明です。

パワーや耐久力は本人が元々頑丈であるためだと考えられますが、海で意識を保っているのはどうゆうことなのでしょうか。

 

ゾウを襲撃する

パンクハザード編では名前だけ登場し、シーザーの公開実験映像の一部始終の報告を受けている様子が描かれていました。

その後、ワノ国の忍者である雷ぞうを探すため「ゾウ」にあるモコモ公国を襲撃し、雷ぞうを連れて来いという要求を拒むイヌアラシとネコマムシ率いるミンク族の戦士を5日間昼夜問わず攻め続けました。

しかし、彼らの抵抗により仕留めきれず、しびれを切らしたことでシーザー開発の毒ガス兵器「KORO」を使ってモコモ公国を制圧し、住民に拷問を与えました。

その翌日ドフラミンゴが倒されたことを新聞で知り、一部の部下を残して「ゾウ」を発ち、ドフラミンゴを護送する藤虎やセンゴクが護衛を務める海軍艦隊を襲撃します。

軍艦を2隻沈めるが返り討ちにあい奪還に失敗しました。

新聞には死亡記事が出ましたが実は生き延びており、再び「ゾウ」に引き返すとモコモ公国を完全に滅ぼすため象主そのものを殺そうします。

しかし、モモの助と心を通わせ命令を受けた象主の一撃によってマンモス号もろとも撃沈されました。

それでもまだ生きており、海底で仲間に引き上げられる時を待っているようです。

 

シープスヘッド

ジャックの部下で、ギフターズの真打です。

ジャックがドフラミンゴ救出に向かった際にゾウに残ったメンバーの1人ですが、上陸したナミ、サンジ、ブルックの前に返り討ちに合います。

その後ジャックの制裁を受け、半殺しにされていました。

 

ジンラミー

ギフターズの一員の女性です。

シープスヘッドと同様に雷ぞうを探していましたが、シープスヘッドが倒されたことで撤退しています。

スポンサーリンク

まとめ

以上、百獣海賊団のメンバーについてまとめてみました。

いかがでしたか?

まだまだ登場している船員が少ないですが、ワノ国編ではルフィたちの前に立ちはだかることでしょう。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です