【ワンピース】905話のネタバレでまさかの緑牛の正体がちょっぴり判明!?

スポンサーリンク

今回のワンピース最新話の905話では、各王国の王が世界会議のため終結します。

しかし、その裏側で2つの勢力の動きが気になります。

ワンピース905話のネタバレについてまとめていきます。

スポンサーリンク

ワンピース905話のネタバレの要点

 

頂上戦争で破壊され新しくなったマリンフォード

2年前に起きた「海軍本部」と「白ひげ海賊団」による頂上戦争で海軍は勝利したものの戦場となったマリンフォードは壊滅的な被害を受けた。

それは長く正義の拠点であったが、「世界政府」はさらに激化する海賊時代に備えより強固な要塞を築いた。

新世界の入り口に位置する新たな正義の砦。

 

ここは新元帥サカズキ率いる「海軍本部ニューマリンフォード」。

旧マリンフォードは、現G1支部となり、レッドラインの場に聖地マリージョアがある。

レッドラインのふもとには、ニューマリンフォードが置かれていた。

 

場所は変われど海軍本部は常に天竜人の住む聖地。

マリージョアの門番であることに変わりはない。

 

藤虎がマリージョアに現れたと報告を受け、サカズキは激怒していた。

「麦わらとローの首を取ってくるまでは軍の敷居はまたがせんと言ったはずだ、どのツラ下げて帰ってきたんだ、あのガキ!」と。

海軍兵士に「なぜ追い返さないんだ」と尋ねると兵士は困った様子で、「いやぁ、、完璧な理論武装で、、何も言えず、、」と藤虎に「ここは軍の敷居はござんせんので」と言われたことを話し、「ただの屁理屈だろう、どこぞのトンチ坊主か!」とサカズキは怒っていると、「大変だろう?元帥。」とセンゴクが出てくるが、半隠居人は黙っていろとサカズキは追い返す。

「マリージョアには誰が行っている?」と聞くと、「緑牛が行っている」と兵士は伝える。

 

各王国の国王が集合、リュウグウ王国のシラホシも登場

ここはグランドライン「G1支部」の裏手、レッドポート。

この巨大な港はレッドラインを挟んで2つ存在し、壁の向こうの海へ渡る政府のルートとなっている。

ここには聖地マリージョアへシャボン玉で飛ぶリフト「ボンドラ」があるのだ。

 

続々と到着する船に群がる住民たち。

  • ロシュワン王国のビール6世とマトリョーシカ姫たち
  • バリウッド王国のハン・バーガー王
  • タジン王国のモロロン女王
  • シシャノ王国のタコス王

 

そして、住民がこれまでにない歓声と視線を集めるその先には、リュウグウ王国のネプチューン王とその長男フカボシ王子、そして大人気の人魚姫シラホシの姿も。

なんとリュウグウ王国が世界政府に加盟し200年。

世界会議への参加はたったの2度目であることで、これはもはや事件でもあった。

 

先頭を歩いているのは海軍本部中将モンキー・D・ガープだった。

しらほしのあまりの美しさに記者たちも写真を撮りまくり、モルガンズも見惚れてしまっていた。

 

すごい人気にネプチューン王もガープへ質問する。

すると、「海賊女帝ハンコックに引けをとらん美しさだと地上では噂されていたから、あれだけべっぴんなら期待なども越えとろう。何しろでかい」と笑って話すガープ。

 

初めての地上に、しらほしはいろんなものに興味を示していた。

するとそこへ、
「おい英雄ガープ!私が誰だかわかるな?」と一人の男性が現れる。

しかし、ガープは身に覚えもなく、「誰じゃクソガキそこをどけ!」と突っぱねる。

 

その男性の正体は、ゴア王国の国王ステリーだった。

モルガンズが、「平和な田舎の国にして極悪人共を輩出しているガープは例外だが、ドラゴン・サボ・火拳・麦わら、興味深い」と身を乗り出す。

 

ステリー王豆知識

「ゴア王国」とはルフィ・エース・サボが幼少期を過ごした国であり、ステリーは貴族であったサボの養子の弟である。

虎視眈々と王族との縁を狙い、王女ナントカネットと結婚。

元国王と王子の不審な死によって数ヶ月前に王座についた。

 

それを聞いても「顔がムカつくから」とガープは突っぱねる。

しかし、ステリーもガープへ歩み寄り、「貴族のコネクションをよこせ!私はいずれ天竜人になりたいのだ。」と伝えるとガープが、「あんなゴミクズにか?」と暴言を発し、ステリーを驚かせる。

助けに入るネプチューン王だったが、初めて見る魚人族にさらに驚き倒れてしまう。

シラホシはゴンドラへ乗り込み、マリージョアを目指すとタイヨウの光に驚き、海底を照らす陽樹の光の比にならないとネプチューン王も思っていた。

シラホシはあまりの綺麗さに感動し、「叶うなら地上に住んでみたい。リュウグウ王国のみんなにも見せてあげたい。」と願いネプチューン王も、「頼んでみよう。そのための世界会議じゃ」とシラホシに伝える。

 

緑牛登場!?

聖地マリージョアでは、藤虎が誰かと食事をしていた。

サカズキが「藤虎を見つけて追い出せ」と言われたことを伝えるが、そんなつもりはないと笑う。

藤虎は「制度を壊したい」と話し、「ベガパンクですごいものを見てきて王下七武海はもう要らない」と発言する。

 

「酔狂だ」と笑い話しを聞いていると、藤虎は食事を終え、「飯が旨かった」と言い進めるが、「まだ断食中ですか?と問いかける。

その話していた相手とは、海軍本部大将の緑牛だった。

「めんどうで3年は食ってない」と笑いながら話しをする。

 

革命軍が動きだす

カマバッカ王国では、「魚人族のために世界政府と戦っているお前には少し複雑か?リュウグウ王国の世界会議参加は?コアラ」とベティが質問していると、コアラも「ううん!私たちが本当に倒したいのは「世界政府」ではなく、それを支配している「天竜人」ですから!」と伝える。

レッドラインでは、ステリーもボンドラに乗りマリージョアを目指していたが「壁の中からモリを持った巨人が覗いていた」と驚いていたが、同乗していたハン・バーガー王は「どんな幻覚だ」と相手にしていなかった。

次にカラスが飛んでいるのを見て、「シャボン玉が割れる」と慌てるステリー。

衛兵に「銃で撃ち落とせ」とお願いするが、「大丈夫。カラスにシャボン玉を割られた事はありません!ご安心ください。ステンリー王」と衛兵になりすまし潜入しているサボが話す。

スポンサーリンク

ワンピース905話のネタバレの考察

 

ステリー王の豆知識で語られた謎

ステリー王の豆知識としてステリー王のことを説明していましたが、元国王と王子の不審な死により王座についたと書いてありますが、不審の死というのは気になりますね。

見ているとステリーが殺しなどできるようなやつではないことがわかるため、誰かがステリーを世界会議へ参加させるための陰謀が動いているのでしょうか?

 

藤虎はベガパンクでなにを見た?

マリージョアで緑牛と会話している藤虎でしたが、王下七武海を無くすほどの開発がベガパンクで行われていたということでしょうか?

そこも気になりますが、初めて緑牛が出てきて断食中という言葉も気になり、まだ全貌が明らかになっていないので、この世界会議で緑牛がわかることを期待したいです。

 

潜入した革命軍

ステリーだけが崖の中のモーリーと、カラスの群れを気にしていましたが、世界会議に潜入するのは3人だけでしょうか?

是非ともドラゴンと海軍本部の大将クラスが戦ってくれることを期待してしまいます。

また、どのような作戦で天竜人を追い詰めていくのかも今後気になる謎ですね。

スポンサーリンク

まとめ

いよいよ本格的に始まる世界会議ですが、どこの国の国王も癖が強く覚えるのが苦労しそうです。

個人的にはナントカネット王女がツボでしたね。

世界会議編では、新たな緑牛の全貌や革命軍の強さがわかってくることを期待し、来週も楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です