【ワンピース】915話のネタバレでお菊VS浦島に!?

スポンサーリンク

カイドウの支配下であるギフターズと呼ばれる人口的に作られた悪魔の実で、人間よりも数倍の力をもっているガゼルマンに連れて行かれてしまったお玉。

その後を追いかけるルフィとゾロとお菊。

博羅町についたルフィたちはお玉を探すが・・。

それではワンピース915話のネタバレをまとめていきます。

スポンサーリンク

ワンピース915話のネタバレの要約

 

捕らえられたお玉はどこへ?

ワノ国博羅町では大相撲の大会が開かれていた。

「あの浪人の妙な気迫で身を引いたが、お菊はなんとしても俺の妻にしたい。地位も名誉も安全な食糧もあるのに俺がフラれるはずはない。」とワノ国一の相撲取りの浦島は話していた。

 

そんな話を横で聞いていたギフターズ マウスマン(ねずみのスマイル)が話しかける。

「つまらないことで悩むなバカ野郎!おこぼれ町の女だろ?あいつらはオロチ様の支配下にも入れぬ下級人間だ。力づくで奪うもよし住んでいる家を燃やしてしまっても。血縁を皆殺しにして行き場を失わせてもいい。お前を頼る他生きる術を失くしてしまえばいい。お前は士族!ワノ国にははっきりとした身分制度があるんだ。おまえみたいな国技のスターが下人に気兼ねしてたら他の奴らに示しがつかねぇぞ!」と浦島を煽るような発言をする。

 

それを聞いた浦島は、気分を良くしたが出された食事を投げ捨てる。

慌てて店主が「口に合わなかったのか」と聞くと、近くに歩いていた店主が飼っているペットのタヌキを指差し、「そいつを料理しろ!タヌキは大好物だ!」と発言する。

 

博羅町にある屋敷ではガゼルマンによって連れて来られたお玉の姿が。

「さすがだ。速かったな・・ガゼルマン・・そいつか・・かわいそうに・・今にも泣きそうだ・・もういい下がれガゼルマン!ゼーハーゼーハーうるさい!体力をつけろ!このバカ!」と話しているのは百獣海賊団で真打ちのホールデム(ライオンのスマイル)だった。

 

お腹にはなぜか動くライオンがいて、それに怯えるお玉。

ホールデムとライオンはお互いに睨み合って、ライオンがホーデムの股間に攻撃をする。

 

しかし、その様子を見ていた部下が、「出た!ライオンの金的攻撃!だが一心同体の2人にとって、その股間はライオンの股間でもあるのだ。なぜ学ばない・・」と少し呆れた様子だった。

一人の部下がお玉をどうするかとホールデムに尋ねると、「答えろ娘・・貴様ごときがどうやって狒々を手懐けた・・?部下が目撃したんだ・・本物の悪魔の実の力としか考えられん」と質問するホールデムに対して、お玉は父親から能力のことは誰にも言わずつかってはいけないと言われていることを思い出し、「おら・・動物に懐かれやすいだけでやんす・・」と震えながら答えると、「・・・確かほっぺたを引きちぎっていたと聞いたぞ・・やってみよう・・おい!ペンチを持ってこい!」と部下たちにホールデムは指示を出す。

お玉は恐怖の中でルフィに助けを求めていた。

 

遅れて到着したルフィたち

ルフィたちは遅れながらも博羅町に着き、ルフィが大声で「おたまぁ〜〜—たーすーけーにー」と叫び出そうとするが、慌ててお菊ルフィの口を押さえる。

しかし、その声を聞いた博羅町の悪い仲間たちがルフィの前に集まってくる。

が、ルフィは一睨みすると続々と倒れていってしまう。

何をしたのか全くわからなかったお菊は、ルフィに尋ねると、「ハキ」とだけ答える。

 

どうやって探すのか作戦を立てるゾロに対して、ルフィは周りを見て教えてくれそうな人物がいないことに気づく。

「町民は元より町民です。20年前までここは元々活気ある城下町でした・・でもある日オロチの部下達が好きな家を奪い取り生活に必要な商人達を残しあとは町の外へ追いやられてしまった。それがこの博羅町です。」とお菊はルフィたちに説明する。

 

すると遠くから何かが飛んでくることに気づくルフィは捕まえてみると相撲取りが飛んできた。

町の奥では相撲が行われているとルフィたちは奥の方へと向かう。

「圧倒的〜〜!!やはり何をやっても倒せないのか?花の都の横綱 浦島は!!本日は特別余興興行!浦島を倒せば夢の500金!土俵に収まりゃ何人係でも構わないと!取った人数十と九名!それに対して折れた骨の本数が締めて88本で行方不明者4人!もはや人間にあらずその強さ!無敗の怪物!横綱浦島!!」とアナウンスされ、町の奥では賑やかお祭り騒ぎだった。

 

するとそこへルフィたちも訪れる。

相撲を取っていた浦島もお菊に気づき、相撲を取っている最中にも関わらずお菊へアプローチを始める。

 

「お菊〜!やっぱり来てくれたのか!おれの嫁になる決心がついたんだっぺな?」とお菊に話しかける。

アナウンスもそれが聞こえたのか、「なんということだ!浦島と結婚を誓い合った女がいたとは!なんと羨ましい!横綱に見初められた女!これは一大スキャンダル!」と会場に響き渡る。

聞こえたお菊は、ゾロの後ろに隠れるようにあれは勝手に・・と以前お玉が連れてこられたときに言われた「お菊!これから博羅町で興行がある・・おれのいいとこ見せるから気があるなら観に来いよ!」と話していたことを思い出していた。

 

浦島は部下にお菊を連れて来いと指示を出すがルフィは、「おい待てお前ら!おれ達は人を捜してるんだ!たまっていうチビ助を!この町のボスの居場所を教えろ!そこにいる筈だ!」とルフィは叫ぶものの、周りのお祭り騒ぎの会場と浦島の婚約者の話題で全く聞こえていない状態だった。

その隙に部下はお菊を連れて行くが、ルフィはゾロになに連れていかれてるんだと聞くと、「裸の男を斬るのはどうかと・・」と答える。

 

お菊の姿を見た博羅町の町民たちが、「あれは外の茶屋の娘だろ!この町に入るのもおこがましい身分の女だ!そんな女追い出しな!身分の卑しい女め!」と罵声を浴びせられるが浦島は、「黙れ平民ども!俺たち士族からしたらどっちも同じ下人だっぺ!お前達の人生なんぞ生かすも殺すも俺の自由だ!」と言いながら、お菊の元へと歩み寄っていく。

するとお菊が表情を変え、「拙者。下人という人間を存じません。お戯れを卑しきはあなたの心!」と浦島を飛び越えながらマゲを切ってしまう。

 

そのことに驚く町民たち。

ルフィとゾロは興奮したように「面白くなってきたー!ボスを呼ぶのは早そうだ!」と興奮していた。

スポンサーリンク

ワンピース915話のネタバレの考察

百獣海賊団真打ちのホールデムとは!?

バジル・ホーキンスに次ぐ百獣海賊団の真打ちであるホールデムが登場しましたが、その能力はまだ未知数です。

そのホールデムの描写を見てどのような能力なのか考えていきたいと思います。

 

ホールデムはライオンのスマイルとなっているので、本物の悪魔の実の能力者ではありません!

今までのように本物の悪魔の実であればゾオン系となり、人自体が動物へと変化してく、または動物が人間へと変化する能力になります。

しかし、ライオンのスマイルとなっているので、そこまで強力な能力ではないような気がします。

また、お腹にライオンがいますがこのライオンがどのように戦闘に加わるのかが謎です。

 

おそらくライオンの力が人間に宿る程度と思われますが、バジル・ホーキンスと同等の強さをもっているとは思えません。

そもそもスマイルの能力者があまり強そうではないので、お玉の救出も案外すんなり話が進んでしまうような気がします。

今後ホールデムの能力や戦闘などが明らかになっていくと思いますが、どのような能力で戦闘をするのか楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ

お玉が連れ去られて新たな真打ちであるホールデムが登場しました。

まだ能力などは明らかになっていませんが、今後明らかになっていくと思います。

さらにお玉の能力がどこまですごいのかも気になります。

またルフィたちも博羅町に到着して浦島と対峙しますが、お菊の戦闘シーンなども来週見れそうです。

来週のワンピースも楽しみですね。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です