【ワンピース】918話のネタバレでワノ国には秘密があることが明らかに!?

スポンサーリンク

お玉が受けた仕打ちに怒りルフィの拳がホールデムへ。

その姿に以前助けてもらったエースの面影を思い出すお玉。

さらに、ホーキンスと対峙するローはルフィが起こしてしまう最悪の事態を想定していた。

ルフィもお玉を助けて改めてある約束をする。

そんな中、明らかになるワノ国の秘密とは一体??

 

それではワンピースの918話のネタバレをまとめていきます。

スポンサーリンク

ワンピース918話のネタバレの要約

 

お玉のきーびーだんごっ♪

ルフィの攻撃を受けてしまい倒れるホールデム。

心配する部下たちをよそにルフィとゾロはお玉を連れて逃げることに。

 

「やりやがった・・・」

ゾロはルフィがホールデムを倒してしまったことに気づく。

百獣海賊団真打ちのスピードから食料船を奪いお菊と共に町の入り口を目指すゾロ。

 

「まさかお前が一撃で!?何者だ」

スピードはホールデムの元へ行くが、ホールデムの反応はなかった。

 

ルフィはお玉を連れホールデムの部下たちに囲まれる場所を逃げ回っていると、馬がいることに気づき馬にまたがる。

馬にまたがり進めと指示するルフィだったが、「きゃあ!!誰!?抱きしめるのは?」、またがった馬は真打ちであるスピードの身体で、ルフィはいきなりしゃべった馬が人間だったことに戸惑う。

ホールデムの部下からも追いかけられスピードの部下たちからも追いかけられるはめになったルフィとお玉。

 

するとルフィはお玉にだんごを出せとお願いされる。

だんごを出したお玉に馬を操るようにとお玉にお願いするが、「え!?ムリでやんす。人間に聞いたことは・・・!!」と言う。

 

スピードはだんごに気づきおいしそうだと口にする。

「ヒヒーン!どこまでも!?ご主人様。」

するとスピードはいままでと全く違う様子でお玉の言うことを聞くようになった。

 

なんでと疑問に思うお玉だったが、「半分馬だからじゃないか!?」とルフィはお玉に説明する。

「よしウマ美!!宝船を追え!!」とルフィが指示するものの、「お前の家来ではない。」とスピードは冷たくルフィの指示を無視するが、改めてお玉からお願いされると「ヒヒーン。ご主人様。」となんでも言うことを聞いてしまっていた。

その様子を見ていたスピードの部下たちは、「真打ちのスピード様が・・・!何か弱みを握られてんのか!?」と戸惑いを隠せずにいた。

 

宝船を追う途中、ルフィにお玉は「アニキ・・・!!アニキさっきエースみたいでやんした・・・」と以前町の危機を救ってくれたエースの面影をルフィと重ねていた。

 

因縁の対決ローVSホーキンス!!

ーーーー『博羅町』入り口付近

「命を貰う」

ローはホーキンスに戦いを挑んでいた。

 

「何者だ!!」

ホーキンスはまだローだとは気づかずにいた。

 

するとローの「ROOM」が発生する。

「向こうには作戦を知るロロノア屋がいる・・・!!ホールデムを潰す様なマネはしねぇだろう。奴に手を出したら終わりだ。」

ローはまだルフィがホールデムを倒してしまったことを知らないでいた。

 

ホーキンスは能力を見てさらにローの手のタトゥーを見て何かに気づく。

「ありうる・・・!奴らは”同盟”を組んでいた・・!!」

 

ローはホーキンスに攻撃を仕掛けるものの、ホーキンスの能力で部下が切られてしまう。

「さてどういう能力だ!?今のは。」

ローはホーキンスの正確な能力を知らずにいる。

 

「笠を取れ!!ムダだ!!トラファルガー・ロー!!」

ホーキンスはローの名を呼びながら攻撃を仕掛ける。

 

するとローは攻撃を避け周りにいたホーキンスの部下たちをあっという間に切ってしまう。

「さすがに見極めが早い・・・!!」

と感心するホーキンスに対してローは、「ただの脅しだがな。おれは殺人を好まない。医者なんでね。」

 

すると話を聞いたホーキンスは改めてローに話しかける。

「ようこそ”ワノ国”へ。因縁のシャボンディ以来か。観光じゃなさそうだな・・!!『同盟』が揃って入国とは・・」

その言葉に驚くローに続けて、「バレていて意外だったか?さっき”麦わら”達と出くわした。バレる前に口封じしたかったんだろうが。」

 

そんな話をホーキンスがローにしていると、電電虫からホーキンスへと報告が流れてくる。

「ホールデム様が盗賊共にやられ敵は現在逃走中!!ジャック様には報告済みです!」

それを聞いたローは、「あいつら・・考えうる最悪の事態にしやがって!!!」と怒りをあらわにしていた。

 

するとそこへちょうどゾロとお菊が乗ったスピードから奪った宝船が通り過ぎる。

タイミング良くローも宝船に乗り込み、ゾロに状況の説明を求める。

「『騒ぎを起こさねぇ』とあれ程誓ったよな!!指名手配になった上にジャックを呼び寄せる様なマネしやがって!!お前は『花の都』の浪人担当だろうが!!なぜこの『九里』にいる!!」

 

ゾロを追い込むように質問攻めするローにお菊は心配していた。

「え・・誰!?大丈夫ですか!?ゾロ十郎さんっ!!もう町を出ます!!」

 

お菊はゾロに次の指示を尋ねると、「よし『おこぼれ町』でブチまけろ!!」とだけお菊に指示を出すと、おこぼれ町の町民達は食料が大量に乗った宝船に気づき、「食料だぁ〜〜〜〜!!宝船〜〜〜!!??なぜ!?どうして!?いいの!!?」

歓声を上げながら食料のある宝船の元に続々と集まってくる。

泣いて喜ぶ大人達や美味しそうに食べる子供たち。

 

するとそこへホールデムやスピードの部下たちが追いつき、「やいやい待て貴様らぁ!!それはまだ”おこぼれ”ではないぞ!!」とおこぼれ町の人たちに注意喚起するが、食料に夢中で誰も聞く耳も持たず。

すると町にやってきた部下たちの上からルフィが大量に入った水の樽を振る舞う。

「水だぁ〜!毒なし!!タダだもってけ〜〜〜!!!俺はルフィ太郎!誰かに聞かれたらそう言え!!」

ルフィ太郎に感謝しきれないおこぼれ町の人たち。

 

するとルフィはローに気づき話しかける。

「あれ〜〜!?トラ男〜〜〜!!久しぶりだな〜〜!!」

 

するとローはルフィに静かに話しかける。

「麦わら屋・・・『ワノ国』への反乱だぞこれは・・」

 

そう話すローに対してルフィは、「これはおれにメシをくれた玉への恩返しその始まりだ!!」

そう話しルフィも宝船の元へ肉を求め走っていく。

その姿を黙って見送るローとゾロ。

 

改めてお玉に約束をするルフィ

「火事が拡がってるぞ!!火消しはどうしたーーー!!ホールデム様しっかり!!わーライオンだけ意識がある!!」

慌ただしく後始末に追われるホールデムの部下たち。

 

「ーーええ。失態をさらす様ですが・・・厄介なのが3人もいては・・おれでもどうにも・・」

ホーキンスは誰かに状況を説明していた。

 

ルフィはお玉へ話しかける。

「たま・・・!!こんくらいで喜ぶな。当たり前にしてやるから!!おれ達がこの国出る頃には!お前が毎日腹いっぱいメシを食える国にしてやる!」

それを聞いたお玉は以前同じ様なことをエースにも言われたことを思い出し涙を流す。

 

「まったく無茶しやがって・・さぁ本格的に追手がかかるぞ覚悟しろ。」

ゾロはルフィはローに話しかけるが、ローは言われたくないようにツッコミを入れる。

 

「ーーーとにかく移動する!『おでん城跡地』あの山頂だ。『ワノ国』の・・亡霊達に会いにな・・・」

そう話すローに疑問を持つルフィ。

 

しかし、ゾロは一度行ったことがある様子で、「ああ。おれもビビった・お前はーーー信じられねぇ『事実』を知る事になる。」

そう話すゾロの描写には光月おでんや錦えもんなどの墓が建てられていた。

スポンサーリンク

ワンピース918話のネタバレの考察

 

ホーキンスが報告していた人物は!?

ホールデムを倒してしまいジャックにも報告が入ってしまったルフィたち。

3人のことをよく知る人物であるホーキンスは後処理に追われる部下をよそに誰かに報告していました。

 

ジャックには報告が入っているとのことでしたので、カイドウへの報告が一番濃厚ですが描写がとても意味深だったので、もしかしたらカイドウではないかもしれません!

ホーキンスも実は百獣海賊団へスパイとして入っているのではと思ってしまいます。

 

もしカイドウに報告しているのであれば、『やっかいな3人が』と、正確にルフィたちの名前を出さずに報告しています。

カイドウの忠実な部下であればホーキンスの顔見知りということもあり、きちんと報告するべき有力な情報です。

そこを濁らせる部分がなんとも怪しいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回ローと合流したルフィですが、これから先にワノ国に潜入していたゾロとローが得た情報などが明らかになっていくのではないかと期待できます。

真打ちのスピードも一時的な仲間!?になったので、これから百獣海賊団のことやワノ国でのことが徐々にわかってくるのではないでしょうか。

鎖国国家で謎の多いワノ国のことが少しでも明らかになるであろう来週のワンピースも楽しみです!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です