【ワンピース 】過去登場した巨人族キャラをまとめる

スポンサーリンク

今回はワンピースの作中に登場した巨人族のキャラをまとめてみました。

ワンピースには様々な種族が登場しますが、巨人族もなかなかの数のキャラが登場しています。

ここで、過去にどんな巨人族キャラが登場したかをご覧ください。

スポンサーリンク

ワンピースに登場した巨人族一覧

 

ドリー&ブロギー

元巨兵海賊団船長の2人で、ルフィ達が最初に出会った巨人族です。

2人とも1億ベリーの賞金首でそれぞれ「青鬼のドリー」と「赤鬼のブロギー」として名を馳せた海賊でした。

ドリーは「テリーソード」、ブロギーは「ブルーザーアックス」を武器としています

共に性格は豪胆そのもので、エルバフの戦士の誇りを何よりも重んじており、その誇り高さは勇敢なる海の戦士を目指すウソップに大きな影響を与えました。

約100年前にそれぞれが大型の海王類を仕留めて自慢話に花を咲かせていたところ、1人の少女からどちらの獲物が大きかったのか尋ねられ、互いに譲り合わなかったため、その結果をハッキリさせるためにリトルガーデンで決闘を開始しました。

100年以上経った今となっては2人とも決闘の理由はすっかり忘れているようですが、エルバフの掟の下、エルバフの神の加護を信じ、互いの誇りを懸けて一切の手加減をせず7万回を超えてもなお戦い続けています。

しかし、この決闘に思わぬ形で水を差されます。

懸賞金目当てでバロックワークスに狙われ、なんと爆薬入りの酒を仕込まれドリーの体内で爆発してしまいます。

それでも怪我を隠して決闘に臨むドリーに対し、ブロギーは異変に気づきながらも、戦士としての礼儀を持って切り伏せましたが、その後ルフィ達と共にMr.3に拘束されて真相を知らされます。

罠によって決闘を邪魔されたことで怒ったブロギーは、拘束を解かれたのちに麦わらの一味と共闘し、共にMr.3を打倒しました。

実は長年の戦いで武器が消耗していたことでドリーは致命傷を避けられていました。

お互いに無事を喜んだあと、戦士の誇りを守ってくれたルフィ達に感謝し、その恩に報いるため、再会を約束し、出航を妨げるリトルガーデン近海に生息する巨大金魚「島食い」を倒します。

このときに放った技「覇国」によって朽ちた武器を破壊されてしまったため、現在は殴り合いで決闘を続けています。

 

オイモ&カーシー

元巨兵海賊団の船員です。

オイモは棍棒、カーシーは斧を武器としており、初登場時はエニエス・ロビーの門番を務めており、ロビンを助けに行こうとする麦わらの一味の前に立ちはだかりました。

実は、巨兵海賊団解散後50年ほどしてから、ドリーとブロギーの期間があまりにも遅いために迎えに行く途中海軍に捕まり、そこで「2人は海軍に囚われており、100年間エニエス・ロビーの門を守れば解放する」という嘘を吹きこまれたため世界政府の側についていたようです。

麦わらの一味が襲撃した時にはすでに50年ほどエニエス・ロビーで働いていましたが、フランキー一家とガレーラに門を破られて涙しているところにやってきたそげキング(=ウソップ)からドリーとブロギーが帰還しない真相を伝えられ、政府に騙されていたことに怒り、反旗を翻します。

エニエス・ロビーでの戦いが終了した後には、一味と共にウォーターセブンに戻り、船大工たちと共に町の再建のための工事を手伝い、ウソップと再会の約束を交わしています。

ちなみに、巨兵海賊団解散後にエルバフで過ごしていた際、「羊の家」にやって来たばかりのシャーロット・リンリンとも親しい間柄だったようです。

 

ヤルル&ヨルル

ドリーとブロギーよりも前の元巨兵海賊団船長で、巨人族の英雄とされている2人組です。

63年前の時点でヤルルは345歳、ヨルルは344歳であり、世界最高齢の戦士として、異名は「山ひげのヤルル」と「滝ひげのヨルル」とそれぞれ呼ばれていました。

2人とも地面につくほどの長いひげを生やしているのが特徴で、ヤルルは戦士としての誇りを重んじ、長生きではなく死に様こそが戦士の証としています。

ヨルルは63年前の断食中に村を半壊させたシャーロット=リンリン(後のビッグ・マム)を「悪神」として成敗しようとしましたが返り討ちにあい、その傷が原因で命を落としてしまいました。

 

ハグワール・D・サウロ

ロビンの過去の回想シーンに登場した海軍本部中将です。

ロビンの母オルビアをはじめとするオハラの学者たちを政府の命令によって捕らえますが、悪行を働いたわけでもない学者たちを捕まえることに疑念を抱き、オルビアを逃がし、自身も海軍を脱走します。

その後、偶然オハラに流れ着き、ロビンと交流を深めますが、ロビンから島の名前と母親の名前を聞いたことで顔色を変え、バスターコールから彼女に逃げるように伝えます。

実際に当時中将であったクザン、サカズキらによってバスターコールが開始されてからは、島の研究成果や資料を少しでも残す努力をするべく覚悟を決めたオルビアから、ロビンを任されて彼女を逃がすために力を尽くしますが、クザンによって氷漬けにされ、その後はストーリーには登場していません。

 

スタンセン

シャボンディ諸島でケイミー、レイリーと共に人間オークションに出品されていた巨人族の海賊です。

ケイミーの出品が決まるまでは、目玉商品とされていましたが、レイリーによって解放されました。

スポンサーリンク

ハイルディン

4人の仲間と共に巨兵海賊団の再結成を夢見る海賊で、元「バギーズデリバリー」クラスSの傭兵です。

ドリーやブロギー同様エルバフの誇り高き戦士であり、受けた恩は己の身を犠牲にしてでも返そうとする義理堅さを持っています。

コロシアムではルーシー(=ルフィ)と戦って敗北しますが、その後、他の戦士たちと共におもちゃに変えられていたところ、ウソップによって解放されました。

「鳥カゴ」発動後はルフィのドフラミンゴ討伐に加勢し、マッハバイスと交戦しますが、マッハバイスの能力に苦戦し一旦は倒れてしまいました。

しかし、恩義を果たすため再び立ち上がり、全身の骨を砕かれながらも「英雄の槍」でマッハバイスを「鳥カゴ」まで吹き飛ばすことで勝利を収め、力を使い果たしてその場に倒れます。

ドレスローザを脱出した後、「バギーズデリバリー」を離れ、その他の海賊たちと共に、麦わら海賊団の傘下となりました。

その後、本編での登場は無いものの、ビッグ・マムの回想シーンで子供の頃の姿が描かれました。

63年前の少年時代はエルバフで修行に励んでおり、当時「羊の家」に身を寄せていた現四皇シャーロット・リンリンとは面識があったようです。

しかし、彼女が食いわずらいを起こして巨人族の英雄ヨルルに重傷を負わせた際には激しい怒りを露にしていました。

 

ロキ

エルバフの王子で名前だけ登場しています。

過去にローラに一目ぼれし、ビッグ・マムは巨人族との関係修復のために2人を結婚させようとしますが、ローラが断ったことで破談になりました。

 

ジョン・ジャイアント

かつて巨人国「エルバフ」とのパイプを持っていた孤児売り、マザー・カルメルの斡旋によって誕生した海軍初の巨人海兵です。

ルフィの初手配時にはすでに登場しており、マリンフォードではエース公開処刑前に部下を演説で鼓舞しています。

マリンフォード頂上戦争では、出陣した白ひげを真っ先に迎え撃ちに行きましたが、あっさり返り討ちにされています。

 

海軍の巨人部隊

巨人族で構成された部隊で、マリンフォード頂上戦争には女性を含む8人の将校が参加しています。

そのうち、ラクロワとロンズの2人は名前が明かされています。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ワンピースの作中に登場した巨人族をまとめてみました。

いかがでしたか?

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です