【ワンピース 】過去登場した魚人族キャラをまとめる



ワンピースに登場する種族の一つ、魚人族。

ナミを正式に仲間にし、ココヤシ村編から現在まで沢山のキャラクターが登場していますね。

今回は作中に登場した主な魚人族キャラをまとめてみました。

魚人族キャラ一覧

 

タイヨウの海賊団

 

フィッシャー・タイガー

  • 懸賞金:2億3000万ベリー

タイヨウの海賊団初代船長だったタイの魚人です。

かつては冒険家として旅をしていましたが、人間に囚われて、数年間マリージョアで奴隷となっていた過去を持っています。

そこから脱走し、魚人島に帰還した後、「赤い土「奴隷解放の英雄」の大陸」を素手でよじ登り、マリージョアを襲撃する事件を起こしたことで政府から追われる身となり、タイヨウの海賊団を結成しました。

12年前、ある島で出会った元奴隷の少女コアラを彼女の故郷であるフールシャウト島に送り届けますが、島人に裏切られ海軍の襲撃を受けて、瀕死の重傷を負い、人間の血を輸血することを拒んだために亡くなっています。

 

ジンベエ

  • 懸賞金7600万ベリー→2億5000万ベリー→4億ベリー以上

元王下七武海であり、タイヨウの海賊団2代目船長を務めるジンベエザメの魚人です。

インペルダウン、マリンフォードでルフィと行動を共にし、エースの死に深く落ち込むルフィを立ち直らせた人物でもあります。

魚人島では再び共闘し、ホールケーキアイランド編でついに麦わらの一味に加わることを決意しました。

しかし、麦わらの一味の脱出を援護するためにやってきたタイヨウの海賊団を放っておくことができず、ルフィと必ず再開する約束をして、ビッグ・マム海賊団の足止めに残りました。

 

アラディン

タイガーによって解放された奴隷の一人で、後にタイヨウの海賊団に加わったイタチウオの魚人です。

新世界編では副船長となっており、ビッグ・マム海賊団の傘下に入った際、シャーロット家のプラリネと結婚しました。

ホールケーキアイランド編ではルフィの力になりたいというジンベエの希望を後押しし、茶会で警備が手薄になった隙をついて出航しましたが、カカオ島沖に現れ、逃げる麦わらの一味を援護しました。

 

アーロンの一味

 

アーロン

  • 懸賞金:2000万ベリー

一味の船長で、ノコギリザメの魚人です。

タイヨウの海賊団に加わっていましたが、タイガーが死亡し、2代目船長のジンベエが七武海に加盟したことをきっかけに決別したため、東の海にやってきて、ナミの故郷であるココヤシ村を含むコノミ諸島を支配下に置きます。

アーロン帝国を建国することを目論んでいましたが、ルフィに敗れ、その後の消息は不明です。

 

はっちゃん

一味の幹部でタコの魚人です。

「六刀流のハチ」の異名を取っていましたが、ゾロに敗れて他の船員と共に海軍に捕まりましたが脱走し、シャボンディ諸島編で麦わらの一味と再会します。

以降はナミとも和解し、麦わらの一味に代わってサウザンド・サニー号を守ったり、魚人島編に登場したりと、友好的な関係になっています。

 

クロオビ

一味の幹部でエイの魚人です。

幹部の中では警戒心が強く、裏切る可能性が高かったナミを度々警戒していました。

サンジに敗北し、その後の動向は不明です。

 

チュウ

幹部の一人であり、キスの魚人です。

ウソップと対決し、命を懸ける覚悟を決めた彼の策に翻弄され、敗北しました。

 

新魚人海賊団

 

ホーディ・ジョーンズ

魚人族の中でも常軌を逸した非情で凶暴な気性を持つホオジロザメの魚人です。

アーロンに憧れていますが、彼と比べても人間へ敵対心が極めて高く、リュウグウ王国を崩壊させて魚人島の新たな王となり、人間との友好を望む者を排除すること、さらには世界会議襲撃までをも目論んで、仲間たちと新魚人海賊団を立ち上げました。

ルフィたちが魚人島にやって来たことをきっかけに、王国の転覆に向けて本格的に動き出しましたが、2年の修行を終えた一味に他の幹部共々敗北しました。

この戦いで使った命を削り腕力を倍にする凶薬「E・S(エネルギー・ステロイド)」の副作用で、ホーディを含む幹部全員が老化しています。

 

ドスン

シュモクザメの魚人で巨大なハンマーを武器にしています。

チョッパーと戦いますが、能力を新たに強化することに成功していた彼に敗北しました。

 

ゼオ

オオセの魚人でカメレオンのように体色を変化させることができます。

海賊団結成時にE・Sの量産に着手した人物です。

ホーディが敗れ、逃げ出そうとする船員たちに対し、「死を以て人間への恨みを残せ」と言い放って攻撃を仕掛けますが、命を軽んじたことに怒ったブルックの新技に敗れました。

 

ダルマ

名前の通りダルマザメの魚人で、好戦的な一味の中でもとりわけ猟奇的な性格をしています。

ウソップと対決し、ポップグリーンに翻弄されて敗北します。

 

イカロス・ムッヒ

8本の腕を持つダイオウイカの魚人です。

それぞれの手には、刺した相手の水分を吸収する「スルメイカの槍」を携えており、ギョンコルド広場ではフランキーとぶつかり、敗北しました。

 

ヒョウゾウ

毒種ヒョウモンダコの魚人で両手と6本の足を駆使した「八刀流」の使い手です。

かつてアーロンにも雇われていたようですが、金払いが悪かったために手を切ったようです。

はっちゃんは同じ剣術道場にいたようですが、彼に全く敵わなかったようであり、実際一度はルフィの攻撃も受け止めていますが、2年間ミホークの下で修業を積んだゾロには全く歯が立たず、あっさり敗北しました。

 

フライング海賊団

 

バンダー・デッケン九世

ネコザメの魚人で、伝説の呪われた海賊バンダー・デッケンの子孫です。

10年前、しらほし姫が伝説の人魚の力を持っていると確信し、オトヒメ王妃が撃たれた騒動に乗じてしらほし姫に触れ、以降「マトマトの実」の能力を使って猟奇的なストーカー行為を続けていました。

魚人島支配を目論むホーディと手を組み、竜宮城に侵入しましたが、すでに姿のなかったしらほしを追い、ついにプロポーズします。

しかし、「タイプじゃない」と断られ、ルフィに返り討ちにされました。

失恋のショックから魚人島ごとしらほしを消し去ろうと箱舟「ノア」を彼女の方へ飛ばしましたが、魚人島への「墜落」を目論んだホーディに襲撃され、重傷を負い気絶。

その後、ルフィたちに倒された新魚人海賊団の面々とともに竜宮城に捕らえられました。

 

ワダツミ

「大入道」の異名をとるオオトラフグの巨人です。

海坊主のような容姿をしており、巨人族をも超える体躯を持っています。

ギョンコルド広場では新魚人海賊団の幹部達とともに麦わらの一味と戦い、サンジとジンベエの連携の前に敗れました。

しかし、魚人島の牢獄には彼を入れられなかったため、島を永久追放され、後にタイヨウの海賊団に加わります。

ホールケーキアイランド編では、ジンベエへの恩義を感じており、ルフィたちの脱出を援護しました。

 

その他

 

ネプチューン

リュウグウ王国国王でシーラカンスの魚人です。

「海神ネプチューン」の異名を持ち、三叉槍を武器にしています。

ホーディ達に捕まり、危うく処刑されるところでしたが、ルフィ達の手で解放され、魚人島も救われました。

 

オトヒメ

リュウグウ王国王妃で金魚の人魚です。

作中ではすでに故人となっており、人間との共存を目指していました。

「愛の人」であり、国民からも親しまれていましたが、ホーディの凶弾に倒れました。

 

しらほし

リュウグウ王国王女で、ネプチューン家の末っ子です。

ビッグキスの人魚であり、巨大な身体を持っています。

「人魚姫」と称される絶世の美女ですが、デッケンから守るために長い軟禁生活を強いられていたため、性格は憶病かつ泣き虫で、ルフィからは「よわほし」と呼ばれてしまいます。

しかし、実は素直で優しく芯が強い性格であり、リュウグウ王国の危機にルフィ達と共に勇気をもって立ち向かいました。

その最中、古代兵器「ポセイドン」としての力が覚醒し、海王類の強力を得ることに成功しました。

まとめ

以上、魚人族の主なキャラクターの一覧でした。

いかがでしたか?

世界会議でのしらほしたちの動向が気になるところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です