【ワンピース】913話のネタバレでホーキンスの悪魔の実の能力が判明



ゾロと合流することができたルフィだったが、喜ぶのもつかの間最悪の世代バジル・ホーキンスがルフィたちの前に立ちはだかる。

カイドウの手下になったバジル・ホーキンスはどのような戦いを仕掛けてくるのか。

明らかになる能力は!?

それではワンピース913話のネタバレをまとめていきます。

ワンピース913話のネタバレの要約

 

ワラワラの実の能力とは!?

「観光ならやめておけ・・この国を裏で誰が牛耳っているか知ってるのか?」と話かけるホーキンス。

ゾロは知らないと話すがルフィは、「カイドウだろ!四皇をぶっ飛ばしに来たんだ!!」とホーキンスに伝える。

 

しかし、ゾロは錦えもんからそういうことは言ってはいけないと言われており、
何も知らなかったルフィを注意してルフィも知らないと言い改める。

お玉の表情は一向に良くならず、顔色は悪くなっていた。

 

「お前達が一ヶ月後生きている確率19%」と話すホーキンスだったが、話そっちのけでゾロはルフィが持っている刀に興味深々であった。

「ところでお前の刀どこで手に入れた?本当の名刀の気配がするからちょっと俺に」とルフィの刀を借りようとするが、ホーキンスの部下たちが攻撃を仕掛けてくる。

「おい、ちょっと貸してみろって。お前どうせ刀なんか使えねぇ・・鞘投げんな!!」とゾロはルフィに話をするが、聞く耳も持たず「いやいやキるでござるぞ!!ゴムゴムの・・・・ピストル!!」とホーキンスの部下に攻撃する。

思わずゾロは「銃じゃねえか!!」とツッコミを入れる。

 

部下たちが乗っていたトカゲさえも攻撃を仕掛けてくるので、ルフィはトカゲを捕まえ、ホーキンスの方へ投げ飛ばす。

ホーキンスは鞘からおかしな剣を抜き、「藁備手刀」と投げてきたトカゲを刺してしまう。

その異様な剣にルフィも「何だあの剣!!」と驚いてた。

 

ゾロもホーキンスの部下たちを倒し続け、ホーキンスの一瞬の隙をつき斬撃を浴びせる。

見事ホーキンスに命中したが、なぜか切られたのは近くにいる部下であった。

ルフィもゾロも驚き、何事もなかったように見事だと話すホーキンス。

 

「ライフマイナス1」と言いながら、ホーキンスの身体から一体の藁人形が出てくる。

どういうことが理解できないルフィとゾロだったが、ホーキンスが説明し始める。

「藁人形(ストローマン)は部下達の分身だ。ワラワラの能力で部下達を体に宿すおれにダメージはない!!10人宿せば10回死ねる・・・」と、ホーキンスは話しながら、新たに大きな藁人形を作り始め、「さてゲームを始めようか・・!藁人形ズカードで。最悪の世代2人を相手に一途に戦う程、おれは実直ではない!」と話す。

 

思ったより厄介なやつだと話すゾロに、ゲームを理解できないルフィ。

「始めるぞ・・!『愚か者』逆位置。しまった・・仲間割れのカード。」、そう話すホーキンスの横で部下たちが切りつけあっていた。

 

「すまん!次はいいカードを引く。リスクを受け入れる分、己の限界を超える力を与えてくれるカードもある・・!」と部下たちに伝えるホーキンス。

なにが行われているのか状況が理解できないルフィとゾロの元へ、お玉を乗せていた狛犬が近寄って来て二人を咥え走り出す。

いきなりのことでルフィとゾロは困惑するが、お玉の症状が悪化していてそれで急かしていたのかと理解する。

 

ホーキンスの部下が逃げていく様子をホーキンスへ伝えると、またカードを引き始め、「『法王』逆位置・・・追撃のカード」と逃げる狛犬の元へ大きな藁人形が立ちはだかる。

「ガキは守れ!コイツはおれがやる!」と引き受ける。

遠くにいたホーキンスと同期している大きな藁人形。

 

ホーキンスが剣を振ると、藁人形もゾロへ攻撃を仕掛ける。

受け止めたゾロだったが、思いの外パワーが強く驚いてしまう。

 

さらに藁人形は口から釘を吹き出し、ゾロへ攻撃をする。

「弐斬り登楼・砂紋」とゾロが反撃をすると、大きな藁人形は切られ、ホーキンスへとダメージを与える。

しかし、切られたのはまたしてもホーキンスの部下だった。

他の部下がホーキンスへ追うのか尋ねると、「『法王』援護のカードが出た。誰かが手を引き奴らは逃げ切る・・・」、そう話すと、ホーキンスは逃げるルフィたちを追うのをやめる。

ワンピース913話のネタバレの考察

 

先に着いていたハートの海賊団と合流?

「何とお強いお侍様達・・!あのホーキンスを撃退するとは・・!」といきなり誰かに話かけられる。

誰だ!?と驚くルフィ達に、「先程、緑のあなた様にお助け頂いた鶴と申します。」と話すのは、茶屋の店主お鶴であった。

さらに続けてお鶴は話始め、「差出がましいようですがその童・・編笠村のお玉ちゃんでは・・?」とお玉と知り合いの様子であった。

 

「やはり川の水を・・!では医者ではなく、ウチの茶屋へ・・!」とお鶴は申し出るがゾロは、「茶ぁ飲んでる場合じゃねぇよ!おれはこのガキ誰だか知らねぇけどよ」とお鶴に伝える。

しかしお鶴は続けて、「いえ、川の毒によく効く薬草を煎じて飲むのが一番でございます。案内致します。どうぞご恩返しに・・・!緑の御仁の手当てもぜひ・・・!」とルフィたちに伝え、茶屋がある場所へと一行は向かう。

 

ワノ国 九里「おこぼれ町」「所場代払えねぇんだっぺ?助けてやろうってんじゃねぇかよ!なぁ〜お菊〜おれの女房になりゃあよ!働く事もねぇ!農園のうめぇメシも毎日腹いっぺー」と話す相手にお菊は、「身分違いでございます。

注文がなければどうかお引き取りを・・」と答える。

 

「店の物は食いたくねーっぺよ〜!おこぼれの食糧で作っただんごも茶も!なぁおめぇおれの事よく知らねんだっぺ?都じゃ有名な横綱ワノ国一のすもう取り『浦島』よ!」と浦島はずっとお菊を口説いていた。

するとそこへルフィ達が現れ、「お菊ちゃーん!邪含草をすぐに煎じておくれ!お玉ちゃんが川の毒を・・!」とお鶴はお菊に伝える。

その頃ある山の上では・・・「そうだろあれ!麦わら達だろ!?騒ぎを起こす前に呼び行くか!?お前目立つからなーベポ」とハートの海賊団一味の姿が。

 

「ワラワラの実」の能力者バジル・ホーキンス

より詳しく明らかになったワラワラの実の能力であるバジル・ホーキンスでしたが、なかなかチートな能力ですよね!

仲間が100人いたら100回死ねる。どのような条件で仲間と認識して藁人形としてホーキンスの中に入るのか分かりませんが、敵を仲間だと認識し取り入れたらホーキンスを倒す代わりに仲間も死んでしまうという恐ろしい能力です。

また、タロット占いのような行動もしていましたが、他にどのような種類があり効果があるのか気になります。

もし私たちの世界のタロット占いであれば22枚のカードで構成されているので、22種類の効果はありそうですね!

何にしてもカイドウの配下になってしまっているので、今後も必ず現れることでしょう。

まとめ

今回最悪の世代のバジル・ホーキンスが出てきて、さらに新たなワノ国の住人や先にワノ国入りをしていたハートの海賊団の姿が見られました。

今後は茶屋でワノ国の状況確認や他のメンバーたちの行方などが明らかになってくると思うので、次回のワンピースも楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です