【ワンピース】906話のネタバレで聖地マリージョアの秘密が麦わら帽子であることが明らかに!?



今回のワンピース最新話の906話では、かつてルフィたちと共に戦ったり、恩を受けた王達が聖地マリージョアに集合します。

懐かしい登場人物と、最後には聖地マリージョアに隠された秘密が明らかに!

それでは、ワンピース906話のネタバレについてまとめていきます。

ワンピース906話のネタバレの要点まとめ

 

聖地マリージョアでも人気のシラホシ姫

シラホシを乗せたポンドラは、シャボンの気候空域を出て聖地マリージョアに着港しました。

乗客はそこから長く大きな階段を登り、世界の海の中心に位置する最も高く最も巨大な大陸に到達する。

世界の創造主の末裔達が暮らす場所、荘厳なる土地、聖地マリージョア。

シラホシたちはその広さに驚き、人工で作られた森などに感動していた。

 

すると連結棒を渡され、シラホシが操作すると、地面が動き出し、驚くステリー。

地震かと騒ぎだすが、トラベレーターと言われる地面が勝手に動くようになっていた。

しかし、フカボシはせっかくだからとネプチューン王に普通の歩道を行きませんか?と提案し、シラホシにも森を見たいだろうと誘う。

もちろんよいぞと二人ともトラベレーターを降りる。

 

ステリーはそのまま乗り、「恐いのだろう。文明の利器が!我がゴア王国にもこれをぜひ導入しよう。」と上機嫌で進んでいくが、フカボシだけはなにか嫌な気配を感じていた。

トラベレーターの地下では囚われている人たちにより、人力で動かされていた。

その苦痛は「助けてくれ。。さもなくば殺してくれ。。」と一人がつぶやく。

 

天竜人のとある屋敷からチャルロスが望遠鏡でシラホシを見て興奮していた。

シラホシたちはマリージョアにあるパンゲア城へ着くと、その城内の社交の広場では、世界中の王族と護衛が集まっていた。

 

「明日からの会議中の7日間親族も退屈しているヒマはないな。飲食も豪勢で武器も没収だが護衛もさすがに屈強・・・ネプチューン王もうまくやっているしひとまずホッとした。」とフカボシは話し始める。

するとそこに、王族がシラホシを囲み、「いやー海底の姫君。噂に違わぬ息を呑む美しさ!どうです?我が息子独身でして!」と、シラホシに見合いをさせようと多くの王族から息子をどうですか?と紹介される。

 

困っているシラホシだったが、「タイプじゃないんです。」と発言し、フカボシを驚かせ、すぐさま変わって王族達に謝罪し今の言葉は方言で「私も結婚してないです。」という意味ですと弁明する。

するとシラホシに「こういう時はウソでも嬉しいですとかいつかお食事でもとかやんわりとはぐらかし下手に傷つけたら国際問題だぞ!」と社交場での暗黙の掟を伝える。

 

かつての仲間達が集まる

「わぁかわいい〜」とレオを手に取るアラバスタ王国王女のビビ。

そこにはドレスローザ侍女のレベッカと小人族たちの姿が。

 

レオは「ルフィたちを知っているから姿を見せた」と話し、「ぼくらはルフィたちの子分海賊です」と自慢げに話す。

その話をカルーは隣で聞いて嫉妬していた。

 

レベッカは、「世界会議でルフィの話題が通じるなんて思わなかった」と驚いていた。

ビビも話し始め、「英雄になりたくない人達だから懸賞金に噂がくっついて悪名ばかり上がっていくけど、きっとみんな変わってないだろうな」とかつて共に戦ったことを思い出す。

ドレスローザでの出来事を記事で読んだ時もルフィ達がまた誰かを助けたいと思ったんだろうなと思ったとレベッカ達に伝えると、「そうなんですよ〜」と泣きながら返事をする。

 

するとそこにシラホシがやってきて、「今ルフィ様のお話していらっしゃいました?」と二人の話に割って入る。

しかし、リュウボシが、「話していたって知り合いとは限らない!ルフィ君は海賊だぞ!友達なんてバレたら、、、」とシラホシを怒る。

しかし、レベッカはシラホシに「いまルフィ様と言ったか」を聞き直す。

「言いました。ご存知ですか?わたくしルフィ様達に恩があって・・・」とシラホシは話し始めると、ビビとレベッカは揃って「一緒!!」と意気投合する。

 

さらに、チンジャオの孫で八宝水軍13代棟梁のサイがレベッカを見つけ話しかける。

レオにも気づき、お互いが海賊なのになぜここにいるのかを話し始める。

 

すると、「これはこれはビビ王女!」と話しかける人が。

振り向くとそこにはかつてルフィに遥か海の彼方へ飛ばされた元ドラム王国国王で現在、悪ブラックドラム王国国王となったワポルとその王妃キンデレラの姿が。

なにも知らないシラホシは、「あの方もルフィ様のお友達?」と聞くが、ビビは「敵よ!」と即答する。

 

ワポルはビビに向け、「クソ真面目なコブラ王は元気かね?いやいや元気とは言えない姿を先ほど見かけたので、イヤミを言ってんだがな!」とビビを挑発するような発言をしていると、「ワポル!つまらんひやかしはやめろ!また不幸な国が生まれたようだな」と、サクラ王国国王のドルトンとサクラ王国医者のDr.くれはがやってくる。

ビビとドルトンは懐かし話を始め、久々の再会を喜んでいた。

ワポルは以前家来として従えていたドルトンに「やめろと言ったか?」と喧嘩を仕掛けるが、「いまの立場は対等な筈だ!」とワポルを威嚇する。

 

遠くから逃げるようにヤジを飛ばすワポルを無視して、ビビにルフィの記事の話を持ちかける。

それを見たレベッカは、「ねードルトンさん?ルフィ好き?」と笑顔で質問する。

周りを見渡しながら小声で「大好き」とドルトンは伝え、楽しくなりそうとテンションが上がるレベッカ達だった。

 

マリージョアの秘密の宝とは?

海底監獄インペルダウンLEVEL6。

そこには捕らえられたドンキーホーテ・ドフラミンゴの姿が。

「もしかして俺を守っているのか?マゼラン。来たのか?上から刺客が。俺がマリージョアの秘密の宝のことを誰にもバラさねぇ様に!口封じの殺し屋を送り込んで来たか?もうバレてもいいだろう。権力は足が早い、すぐに腐っちまうもんさ・・・!」と独り言を話す。

 

マリージョアではルフィの手配書を手にした何者かが大きな扉を開け部屋に入っていく。

するとそこには、麦わら帽子が置かれていた。

ワンピース906話のネタバレの考察

 

チャルロスがなにかしでかす予感・・

チャルロスは天竜人で以前シャボンディ諸島でルフィからぶっ飛ばされています。

とにかく人間をモノのように扱い、気に入らなければすぐ殺してしまうほどの天竜人です。

そんなチャルロスがシラホシを見つけたことで、なにかいたらぬことを起こしそうな予感がします。

 

聖地マリージョアになぜ麦わら帽子が?

906話の最後で麦わら帽子が出てきましたが、ドフラミンゴが話した秘密の宝とは麦わら帽子のことでしょうか?

しかし、なぜ麦わら帽子が宝なのか?

 

かつてロジャーからシャンクスが譲り受け、ルフィに託された帽子にどんな意味があるのか今後も気になります。

ロジャーが元々かぶっていたことから推測すると、天竜人は海賊王であるロジャーのことでなにか秘密にしていることがあるのではないでしょうか?

 

また、神の天敵とも言われている「Dの意志」にもなにか関わりがあるのか?

マリージョア編では「Dの意志」や天竜人が隠す秘密、革命軍が起こす作戦、今までの話でこの3つの要素が今後注目点だと思います。

まとめ

今回久々に登場した懐かしい人たちは、今後のマリージョアで起きることに対してなにかしら革命軍と手を組みそうな予感がします。

天竜人がまだ姿を見せていないので、天竜人が現れたら物語も進展しそうです。

今後もマリージョア編から目が離せませんね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です