【ワンピース】909話のネタバレでいよいよワノ国編スタート

世界会議が始まり、誰も座ることが許されていない虚の玉座に座るイム様と最高権力の五老星から呼ばれる人物の正体とはいったい何者なのか?

一方ワノ国に先についていた麦わらの一味は何をしていたのか?

それでは、ワンピース909話のネタバレについてまとめていきます。

スポンサーリンク

ワンピース909話のネタバレの要約

 

白ひげが残した大きな財産

新世界——ネコマムシはミンク族の船に乗り不死鳥マルコの元へ向かっていた。

「ネコマムシの旦那の航海の腕はすげーことよ!さすが海賊王の船に乗ってた男!・・・でいつまで待つんだ?俺たちはこの廃墟で・・」。

「旦那が不死鳥マルコを連れて来るまでだ!ゆがらの顔が恐いからここで待てって言われたろ?」と、ネコマムシを待つ間に会話をするミンク族のガーディアンズたち。

「あの滝の裏の洞窟の向こうに優しい村があるんだとよ・・戦士の集団がゾロゾロ踏み込むべきじゃねぇ」、洞窟を抜けた先には小さな村があり、そこで一服するネコマムシ。

 

マルコは怪我した動物の治療をしていた。

「治療は終わりだ!無理するな、再生の炎は他人に大きな影響は及ぼさない。手当てはしたし、再生速度も上がったはずだ!明日には飛び跳ねられる。」。

喜ぶ動物と連れてきた少女はマルコにお礼を伝えると、マルコの元に続々と村の人たちが治療してもらおうと集まってきていた。

 

治療が終わるのをただただ待っているネコマムシ。

治療が終わり、マルコはネコマムシに話しかける。

「ここはオヤジが作った村だよい」、そう話し始めるマルコに「白ひげのオヤジさんが?どういうことじゃ?」と質問するネコマムシ。

すると、マルコは話しを続け、「貧しさゆえに、天上金を払えず世界政府に加盟できず非加盟国はだいたいそうだが、海賊も人さらいも横行する無法の島になる。国は滅び不幸な孤児ばかりが増え、オヤジもその一人だった。幼少期早々に海に出で海賊になってからもこの土地を気にかけ、身分を隠して汚れた金と物資を放り込み続けた・・生涯な・・家族は元から・・友人ももういないが、この島が故郷だからだ。頂上戦争以後・・俺たちはせめてオヤジの守ってきたものを死守しようと侵略してくる黒ひげに落とし前戦争を起こしたが・・オヤジの能力を手にしたティーチにはもはや敵わず何もかも持ってかれちまった。あの恩知らずに一泡吹かせたかったが!!」。

マルコは白ひげの故郷を守ることで、オヤジの意思を引き継いでいたのだ。

 

ネコマムシはその話を聞き、「ここはつまりオヤジさんの最後の形見ゆうわけか」とマルコに話す。

「あぁ・・・赤髪が墓も近くに建ててくれたしな・・オヤジは実はケチだったろ?人の酒を欲しがるし店でおごってくれたこともねぇ・・自分の宝の取り分は全部ここに貢いでたから・・みんな知ってたけどな・・!!」、涙を流しながらオヤジを思い出すマルコ。

 

時が経ち、マルコがネコマムシに話しかける。

「そういやいま七武海のウィーブルって奴がオヤジの実の息子と名乗り白ひげゆかりの奴らを襲ってる。男女の事だ、何とも言えないがどうも遺産目当てらしいな!」、それを聞いたネコマムシは「ホンマか?」と疑っていた。

「遺産がないと言っても信じねぇだろうし、俺もここもやがて狙われるだろう」、マルコが話すと、ネコマムシは「離れなければいけないな」とマルコに忠告する。

 

「ウィーブルの母親バッキンは元海賊だ。三十何年前か40年近く前にオヤジと同じ船に乗っていたはずだ」とマルコはネコマムシに伝える。

それを聞いたネコマムシは、「では守るべき形見かも知れんのう」と笑いながら話し、「そういう態度じゃねぇだろ!」とマルコも笑って話をする。

「麦わらのルフィにこれから会うなら伝言を頼みたいネコマムシ。」、そう話したマルコはネコマムシに「ワノ国へ行くって?」と続ける。

 

鎖国国家のワノ国

親方「おうおう新入り!!ココやったのてめぇか?」

「へい!親方どっか不備が?」

親方「ってやんでいバーロー!完の璧だってんだ!ホメてやらこの大バカ野郎!」

「あったりめ・・・おう!そいつはどうも!ありゃあとござんす!!クソ野郎め!!」

大工の親方と会話しているのは、フランキーこと『フラの介』だった。

 

「さぁてお立ち会い!白紙を切ればこの切れ味!ちょっと触れればほら切れた。だがお立ち会い!この傷口にガマの油をちょいとつければ・・ほらこの通り血もぴたり!!」。

お立ち会いの客にガマの油を売り込むウソップこと『ウソ八』の姿が。

 

芸者「いいよ!そう!もっと腰を落とす!手が低い!おまいさん無茶言ってんだ!しっかりおやり!そんなんじゃ短期間で将軍のお座敷からお呼びはかかりゃしないよ!」と芸者から指導を受けていたのはロビンこと『おロビ』。

 

「よいかおぬし達・・・ここはワノ国将軍の名は『黒炭オロチ』それに従う役人達はもれなくカイドウの息がかかっている!お国の役人たちはゆえに横暴だが手を出せば事件はカイドウの耳に届く!!同心が揃い戦いの準備が整うまでは、我々の存在がバレてはならん!まずは国の住人になりすまし静かに静かに任務を果たしてくれ」、ワノ国に先についたゾロ、ウソップ、フランキー、ロビンの4人に錦えもんは伝える。

 

「お奉行様がついに辻斬りを捕らえたぞ!犯人はこれから切腹だ!」、奉行所の前ではワノ国の人たちが騒いでいる。

「辻斬りには皆怯えておってな。町の平和になる上になんとおぬし墓荒らしでもあったのか?23年前・・海賊騒ぎのドサクサで消えた伝説の剣豪リューマの遺体と名刀秋水」。

辻斬りとして捕まっていたのは、ゾロこと『ゾロ十郎』が「切腹をしろ」と言われていたのだ。

 

「ツカがないぞこのナイフ・・でござる」、ゾロは話しかけると、「切腹刀は短く柄はないものだ!戦うわけでもなし十分であろう。おぬし切腹の作法はちゃんと知っておるのか?」と質問される。

お奉行様がゾロ十郎から取り上げた秋水を持ち、「とにかく美しい切れ味はいかほどか・・立派に自決してみせい!拙者が苦しむ前に介錯してしんぜる。」、それを聞いたゾロ十郎は「じゃあ・・あばよ!」と一言だけ話す。

すると、ゾロ十郎は近づいてきたお奉行様に、「血の匂いがするぞ・・お前・・犯人だろ」と告げ、切腹刀でお奉行様を切ってしまう。

周りにいた武士たちは驚き、ゾロ十郎も一言「すまん!錦えもん!」とつぶやく。

スポンサーリンク

ワンピース909話のネタバレの考察

 

かつての白ひげのメンバーはどこに?

以前から「ワノ国ではマルコが絡んでくる」と噂されていましたが、噂通りマルコが出てきました。

しかし、ネコマムシと行動しそうもなく伝言を頼みたいと言っています。

マルコはワノ国にくることになるのでしょうか。

 

また、白ひげのオヤジが守っていたとされる村が明らかになり、かつての白ひげ海賊団のメンバーも村にいるのでしょうか?

今回出てきたのはマルコだけでしたが、黒ひげと落とし前戦争で仲間を失ってしまったということも考えられます。

また、白ひげの息子と言っているウィーブルの話も出てきたので、ネコマムシとマルコがいる村でなにか起きるのでしょうか。

 

いよいよワノ国編に突入

いよいよ新章のワノ国編に突入しましたが、前回までの世界会議での伏線がありすぎてすんなりワノ国編に気持ちが突入しません。

なぜシャンクスは五老星に会っていた?世界会議の内容は?藤虎と緑牛が話していた七武海を無くす話は?イム様って何者?持っていた写真の意味することとは?思い出すだけでこれほど伏線があります。

 

このままワノ国でも色々新たなキャラや伏線が出てくると思うと頭パンクしそうです。

しかし、待ちに待ったワノ国編。

しかも将軍の名前が『黒炭オロチ』と名前が明らかになりました。

 

能力者なのか?能力者であればカイドウ率いるゾオン系なのでしょうか?気になりますね!

これから色々と明らかになっていくワノ国編。

サンジが活躍したので、次はゾロの番ですね!!

 

まとめ

いよいよワノ国編に突入!

「ルフィたちが来るまでワノ国で住人となり潜伏していろ」と強く錦えもんから言われていましたが、早速ゾロが事件を起こしてしまう。

しかも奉行所内で!!波乱の幕開けとなったワノ国編!

次回もワンピースが楽しみです!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です