【七つの大罪】エスタロッサの戒禁などの強さまとめ

十戒の1人として登場した中々つかめないへらへらした態度がどことなく不気味なキャラクター、エスタロッサ。

最近のストーリーでその衝撃の正体が明かされましたが、今回は彼についての情報をまとめていきたいと思います。

エスタロッサとは

  • 年齢:380歳(封印前)
  • 身長:200cm
  • 体重:95kg
  • 血液型:AB型
  • 誕生日:1月14日
  • 闘級:60000(魔力3000 /武力53000 気力/4000)

 

魔神王直属のエリート部隊十戒の1人で、聖戦の後に封印されていたものの、他のメンバーとともにフラウドリンの暗躍によって復活しました。

銀髪で魔神族の模様は額の左側に刻まれているものの(メリオダスは額の右側に刻まれています。)、手配書に描かれていたメリオダスの想像図にそっくりな姿をしています。

メリオダスの弟で、ゼルドリスの兄にあたります。

個人主義でマイペースな性格なため、普段は飄々とした振る舞いをしていますが、その雰囲気は極めて不気味です。

十戒の中では温厚な性格なようですが、「可哀想だから殺す」という冷酷な面をもっていたり、強者を前にすると急に態度が豹変して好戦的になったりと、その行動動機はつかめません。

魔神族を裏切ったメリオダスに対しては屈折した愛情を抱いていますが、この感情には実は思わぬ理由がありました。

エスタロッサの魔力と戒禁

 

魔力

 

全反撃(フルカウンター)

メリオダスの魔力「リベンジ・カウンター」とよく似た技です。

効果もそれと対をなすようなもので、メリオダスが魔力を跳ね返すことができるのに対して、全反撃では物理攻撃を跳ね返します。

 

反逆剣(リベリオン)

自身の周辺に剣を精製し攻撃します。

また、体内からも剣を引き出すことも可能です。

 

暗黒回帰(ブラックアウト)

対象を闇に包み込む技です。

 

キリング・ソーサー

名前の通り両掌で闇の回転刃を形成し、斬りつけます。

斬られた相手は獄炎のような闇に包まれ、崩れ散ります。

 

獄炎(ヘルブレイズ)

魔神族に共通する一般的な闇の力です。

 

邪悪な猟犬(エビルハウンド)

獄炎の発展技で、犬をかたどった獄炎による攻撃です。

この獄炎は全てを焼き尽くすまで消えることはありません。

 

戒禁 慈愛

エスタロッサの前で憎悪を抱く者は、誰かを傷つける術を失います。

当然戦いに際しては敵に対して、大なり小なり憎悪(敵意)を抱くわけですが、それがきっかけで戦う術を失ってしまうため、実質戦闘不能に陥ります。

 

慈愛の光玉

慈愛の戒禁による爆破攻撃です。

受けた者の苦痛を快楽に変換し、眠らせた上で死に至らしめます。

エスタロッサの秘密と正体

 

エスタロッサのコンプレックス

前述の通り、エスタロッサは兄にメリオダス、弟にゼルドリスという非常に優秀な兄弟をもっています。

一方、エスタロッサは闇の力をもたずして生まれてしまい、幼少期には虫を殺すこともできないほどの小心者だったようです。

それを憐れんだ父、魔神王は戒禁を与えますが、今度はその闇の力に耐えきれず、精神的に異常をきたしてしまいました。

優秀な2人に対して、特に兄であるメリオダスに対しては強く憧れており、「兄になりたい」と思うようになっていきました。

 

エスタロッサの正体

3000年前の聖戦に参加していた当時の十戒の魔神族、無欲のゴウセルは、聖戦を終結させるべく、その命と引き換えに禁呪を発動させました。

この禁術は技の中心となるある人物を別の架空の人物に生まれ変わらせ、その人物を知る者たちの記憶を書き換える大呪術であり、この術の対象者としてゴウセルはある優秀な女神族を選びました。

その人物こそ姿も一切描かれず、復活もしなかった四大天使マエルであり、禁術の結果生まれた架空の人物こそ、エスタロッサでした。

なんと、マエル自身も魔神王を含めて彼を知る全ての人々は「魔神王の次男エスタロッサ」として認知していたのです。

 

マエルとは

マエルは四大天使のリーダー的存在であるリュドシエルの弟です。

幼少期は兄であるリュドシエルに憧れる一方で、自身の心の弱さに悩んでいました。

それを克服するためか、魔神族を異常なまでに忌み嫌う兄の教えのままにひたすら魔神族と戦い続け、いつしか「最強の四大天使」「死の天使」と称され、魔神族からはひどく畏れられる存在となりました。

また、密かにエリザベスに恋心を抱いていましたが、彼女の眼中にはメリオダスしかいないことに苦悩していました。

 

このように精神的に不安定な状態のときにゴウセルの禁術の対象者に選ばれたことで、すでに魔神族にも広く認知されていた知名度と、女神族でありながら魔神族のメリオダスに強いコンプレックスを抱いていたことが作用し、

  • 兄リュドシエルとの記憶は、メリオダスとの記憶に
  • 恋敵メリオダスへの劣等感は、兄としてのメリオダスへの羨望に
  • 「強力な女神族」としての周囲の認識は、「強力な魔神族」としての認識に

とって代わり、架空の人物「エスタロッサ」としての人格がマエル本人と、彼を知る全ての人々の共通意識として形成されました。

この記憶の改竄は神々に対しても行われており、術をかけたゴウセル以外の全ての人物がこの術の影響を受けていたのです。

エスタロッサの最期

 

正体が判明する

キャメロットを来訪したメリオダスの提案に乗ったゼルドリスとエスタロッサは、全ての戒禁を回収するため行動を開始します。

ガランモンスピートを相次いで殺害して戒禁を奪った後、デリエリを追った先でエリザベスらとも遭遇したメリオダスは、自身を恨む四大天使二人と交戦します。

しかし、その戦いの最中に二つの戒禁を次々に取り込んだことで自我が崩壊、暴走し、それに端を発するようにエリザベスのエスタロッサとの記憶に疑問が生じます。

その結果、エスタロッサが存在しない人物であったことに気がつき、徐々に前述のゴウセルの禁呪が崩壊し、全ての記憶が元に戻ったことで四大天使マエルとして復活を遂げます。

 

暴走の末に

女神族として魔神族を敵対視していたマエルは、自身が魔神族にされ、人生を狂わされたことに怒り、その元凶とも言えるゴウセルに対して猛攻を開始します。(厳密には七つの大罪のゴウセルは無欲のゴウセルが生み出した人形ですが)

マエルは仲間であるゴウセルをかばうキングや、闇に蝕まれる自身を救おうとするかつての仲間、サリエルらをも圧倒的な力で退け、さらにデリエリをも手にかけて戒禁を吸収した後、怒りに任せて4つの戒禁を完全に操る「魔の権化」と化しました。

半ば暴走しながら暴れ回ったものの、彼らの必死の抵抗を抑えきれず、妖精王として覚醒したキングによってついに敗北し、消滅を迎えようとします。

しかし、精神に侵入してきたゴウセルに諭され、生きる意志を取り戻したことで正気を取り戻し、自らのその手でゴウセルを助けました。

まとめ

以上、エスタロッサの情報をまとめてみました。

いかがでしたか?

 

私個人としては彼が登場した当初、まさかこんなにも物語を大きく揺るがす存在になるとは思っていなかったのですが、彼の正体やマエルの可哀想な実情が明らかになったことで、色々な謎が解け、物語の読み応えが一気に増しましたよね。

しかし、このような波乱の展開が起こった後、どのように十戒との戦いは収着するのでしょうか。

今後の展開から目が離せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です