【七つの大罪】ゼルドリスの戒禁などの強さまとめ

作中でもトップクラスの強さを誇るキャラ、ゼルドリス。

メリオダスの弟という重要な立ち位置でもあり、「十戒」のまとめ役としても活躍していますが、今回は彼の強さや戒禁についてまとめてみたいと思います。

ゼルドリスとは

 

概要

  • 年齢:252歳(封印前)
  • 身長:152cm
  • 体重:50kg
  • 血液型:A型
  • 誕生日:2月5日
  • 闘級:51000(魔力:0/武:力47200/気力:3800)→61000(魔力:10000 /武力:47200 /気力:3800)

 

魔神族の少年で、魔神族直属精鋭部隊である「十戒」の1人です。

他の十戒メンバーは「【七つの大罪】十戒のメンバーや闘級をまとめる」にまとめています。

十戒の中では年少のメンバーですが、冷静沈着な性格で、真面目で厳格な一面をもつことからリーダー的な立場となっており、他の仲間を指揮する場面が多く見られます。

3000年前の聖戦で敗れた後、他の十戒メンバーと共に長く封印されていましたが、フラウドリンの暗躍によって復活しました。

メリオダスとエスタロッサの弟でもあり、黒髪以外の外見はメリオダスとそっくりです。

3兄弟の末っ子としても、十戒のリーダーとしても気苦労は絶えないようで、エスタロッサの放蕩ぶりに呆れたり、感情的なガランを諫めたりするシーンが描かれています。

また、理由は不明ですが、女神族の紋章が掘られた剣を所持しています。

後々この伏線も回収されることになるのでしょうか?

 

家族関係

 

魔神王

父である魔神王は煉獄に捕らえられています。

相当な巨体なようですが、常に甲冑を着た格好をしており、顔立ちなどははっきりっとはわかりません。

ゼルドリスやメリオダスのようにイケメンなのでしょうか。

メリオダスを新たな魔神王に据えることを狙っているため、彼が死ぬ度に現れ、感情を奪っているようですが、ゼルドリスとの直接的な会話シーンはまだ描かれていません。

しかし、自身の魔力を分け与え、十戒のとりまとめも任せている様子から、ゼルドリスに対して一定の信頼感をもっていることは間違いないでしょう。

魔神王については「【七つの大罪】魔神王の正体についてわかっていることをまとめる」にさらに詳しくまとめています。

 

メリオダス

聖戦時に四種族側に寝返り、魔神族を敗北に追いやったメリオダスに対しては深い恨みを向けて、復讐を目論んでいます。

しかし、それまでは果てしない強さを誇ったメリオダスを恐れつつも慕っており、聖戦以前の兄弟関係は良好だったようです。

実はメリオダスへの憎しみの理由には、さらに深い事情があることが最近の物語で発覚しました。

かつてエジンバラに封じられていた吸血鬼王族の1人、ゲルダと恋人同士であったゼルドリスは、彼女を護るためにひたすらに強くなろうとしていましたが、その頃メリオダスの裏切りに乗じて逆乱を企てた吸血鬼一族の処刑を請け負うこととなってしまい、自らの手で恋人をも処刑することになってしまったのです。

しかし、どうしても彼女のことを諦めきれなかったゼルドリスは殺害ではなく封印という手段を選び、それが後に「エジンバラの吸血鬼」という悲劇につながります。

慕っていた肉親に裏切られただけでなく、その裏切りが原因で恋人までも処刑しなければならなくなってしまったことが、彼が兄をひどく憎んでいる理由なようですが、一方のメリオダス自身も自らのことを「出来損ないの兄貴だ」と独白しており、ゼルドリスに対して負い目を感じているようです。

お互いに無関心というわけではないため、この兄弟がどのような結末を迎えるのかもハラハラするところではあります。

また、魔神王になることに強いこだわりをもっており、メリオダスが魔神王になるべく現れた際には感情を露わにして斬りかかりましたが、彼から何かを耳打ちされた後は一転して彼に協力するようになり、指示に従い戒禁の回収に動き出しました。

この一件には、どうやらゲルダのことが関係しているようですが、果たしてどうなるのでしょうか。

 

※ちなみに「エジンバラの吸血鬼」とは本編より前の時間軸に位置するストーリーで、アニメ版のBlu-ray/DVD限定版購入特典として描かれた番外編の物語です。

番外編とはいっても、前、中、後編の大作となっており、これを読んでいれば、本編のストーリーもより楽しめることは間違いないでしょう。

まだ「七つの大罪」がリオネス王国を追われるよりも前のお話のため、まだ王の命令で動いていた頃の「七つの大罪」の面々や、幼いエリザベスが描かれています。

タイトルからもわかる通り、復活した吸血鬼たちと「七つの大罪」との戦いが描かれており、かつてのゼルドリスの恋人、ゲルダも「千塵のゲルダ」として登場します。

悲劇的な終わりを迎える物語ですが、ファンであれば是非とも読んでおきたいところです。

 

エスタロッサ

エスタロッサは「兄や弟と違って闇の力を持たずして生まれ、幼少期は虫を殺す事も出来ない小心者であり、それを哀れんだ魔神王によって戒禁を与えられるものの、闇の力を得ると共に精神的に不安定になってしまった可哀想な人物…」というのが、他2人の兄弟にとっても、エスタロッサ本人にとっても、エスタロッサを知る全ての人たちにとっても共通の認識でした。

しかし、彼の正体は死亡したと思われていた「四大天使」マエルであり、「エスタロッサ」という魔神族は、聖戦を納めるために魔神族のゴウセルが禁術をつかって生み出したただの「設定」、つまり実在しない人物でした。

禁術が解けて、マエル(=エスタロッサ)がどういう結末を迎えたのかは原作を読んでいただきたいのですが、ゼルドリスの兄はなんとメリオダスただ1人だったのです!

ゼルドリスの戦闘能力

 

戒禁 「敬神」

この戒禁をもつゼルドリスに背を向ける者を、魔神王の代理への「背信」とみなし、強制的に服従させます。

作中ではリオネスの市街地でゼルドリスに背を向けた聖騎士たちや一般人が、この「敬神」の戒禁にかかっており、リオネス城に取って返すと、その場にいたギルサンダーたちに襲い掛かっています。

後述する彼の魔力と合わせると、ゼルドリスは相手を「服従させること」に対して非常に強い力をもっており、おそらくキャメロットが陥落した原因も、この「戒禁」が威力を発揮したものと考えられます。

 

魔力 「魔神王(ゴッド)」

魔神王の代理としてその魔力を借り受ける能力です。

一切の魔法攻撃を無効化することができますが、これだけがこの魔力の全容ではないでしょう。

魔神王の代理の力なので、何かまだ隠された力が残っているのではないでしょうか。

 

技一覧

 

「怒りの日(ディエス・イレ)」

対象の上空に広範囲に渡る闇を発生させそこから強力な獄炎を浴びせます。

この獄炎は超強力な威力をもち、リュドシエルたちがいた天空宮を丸ごと消し去っています。

 

「凶星雲(オミノス・ネビュラ)」

ゼルドリスを中心に強烈な吸引力を持つ力場が発生します。

生物のみを対象としており、物理攻撃は届かず、近づけば正体不明の攻撃に襲われてしまいます。

まとめ

以上、ゼルドリスについてまとめてみました。

いかがでしたか?

 

当初は超強いし、性格歪んでそうだし、「嫌な奴」といった印象でしたが、その過去が明らかになるにつれて、かなり可哀想な思いをしていることがわかり、メリオダスを恨むのにも彼なりの深い理由があることがわかってきましたね。

エスタロッサの正体が判明した今となっては、メリオダスにとっては唯一の弟でもあるわけですし、ゼルドリスも根っから悪いやつというわけではなさそうなので、あまりにも悲劇的な最期は迎えないでほしいところです。

メリオダスとエリザベスの行方も気になるところですが、個人的には悲劇的な別れ方をしてしまったゼルドリスとゲルダにも何か救いがあるといいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です