【七つの大罪】デリエリの戒禁などの強さまとめ

「七つの大罪」に登場するデリエリは、敵として登場していながら、その可愛い見た目が人気のキャラクターです。

また、「十戒」の1人でもあるため、戦闘の実力も作中トップクラスです。

今回はそんなデリエリの戒禁や能力について、まとめていきたいと思います。

デリエリとは

  • 年齢:377歳(封印前)
  • 身長:162cm
  • 体重:62kg
  • 血液型:O型
  • 誕生日:10月30日
  • 出身地:魔界
  • 闘級:52000(魔力1500 /武力48000 /気力2500)

 

黒い模様を大事なところには纏わせているものの、ほぼ裸とも言えるような、露出度の高い恰好をしている女性の魔神族で、オレンジのボサボサ髪とネコ目が特徴的です。

魔神王直属の精鋭部隊、「十戒」に選ばれていることからもわかる通り、魔神族の中でも上位魔神に当たり、闘級も極めて高く、特に武力は並外れています。

3000年前に聖戦で敗れた後、他の「十戒」のメンバーと共に封印されていましたが、メンバーの1人であるフラウドリンが巧みに立ち回ったことで全員復活させることに成功しました。

 

普通の会話が出来ないわけではないものの、「ケツから言って~」という独特な言い回しで、話の結論しか口にしないことが多いため、周りには理解し難く、大体は相方であるモンスピートが通訳しています。

聖戦の時に、自身の姉を含む多くの仲間を卑劣な手段で殺害されたため、魔神族や「十戒」の中でも女神族に対する憎しみが極めて強い人物で、戦闘時には非常に好戦的で凶暴な一面をむき出しにします。

デリエリの強さ

 

戒禁:「純潔」

「十戒」のメンバーはそれぞれ「戒禁」という特別な能力を魔神王から与えられています。

デリエリには「純潔」という能力が授けられていますが、作中ではその力が発揮されたり、説明されたりしていないため、能力の詳細は不明です。

 

魔力:「連撃星(コンボスター)」

超攻撃に特化した魔力で、デリエリの武力が極端に高いのはこの魔力の恩恵でしょう。

デリエリの繰り出す攻撃が何かに遮られて止まることなく、連続で命中する限り、一撃ごとに20ポンドずつ重さ(ボーナス)が上乗せされていきます。

攻撃し続ければし続けるほどパワーアップするというシンプルな能力であるため、細かい技の名前はありませんが、攻撃を受け続けている相手には次第に大ダメージが蓄積されていくため、耐えるのは容易では無く、この攻撃を50発以上耐えることが出来たのはメリオダスと、四大天使の1人タルミエルのみとなっています。

 

インデュラ化

3000年前の聖戦時、自身の姉をも殺されたことから女神族に対する深い憎悪を抱き、怒りが頂点に達したデリエリは相方のモンスピートと共にインデュラ化します。

「インデュラ」とは魔神族が命を捨てて力を全面開放した姿です。

どんな魔神族でもなれるというわけでは無く、闘級50000以上の上位魔神で、心臓が7つある者以外は変身することが出来ません。

というのも、インデュラ化のためには禁忌の術を唱えたうえで6つの心臓を犠牲にすることで、闇と契約する必要があり、変化後の反動に耐えるためには50000以上の闘級が必要不可欠だからです。

これによって破壊の権化と化した魔神族は、理性を失って本能をさらけ出し、残った1つの心臓が燃え尽きるまで暴れ、時間が経つごとに禍々しい姿へと変化していきます。

中でもデリエリのように、魔神王から直接戒禁を授かった「十戒」がインデュラ化したものは「主恩のインデュラ」と呼ばれ、女神族最強の四大天使とも互角以上に戦える力を発揮します。

デリエリの作中での動向

3000年前の聖戦時、自身の姉を含む同胞を人質に取られたことで怒ったデリエリは、同胞たちを救い出すために行動を開始します。

女神族のエリザベスが「同胞を救い出す」ことを約束したため、一時的に停戦に向けて協力する流れとなったものの、リュドシエルの企みにより事態は一変し、あろうことか人質の魔神族たちをリュドシエルは見せしめのために殺してしまいます。

エリザベスは本心から人質を解放するつもりでしたが、この状況下でデリエリが彼女を信頼することは難しく、四大天使との戦いに際してはついにインデュラ化してしまいます。

このときに6つの心臓と左腕を消失しており、復活したデリエリの左腕が闇をまとっているのはそのためです。

エリザベスの必死の試みにより、デリエリとモンスピートのインデュラ化の解除に成功し、そのまま封印されて終戦を迎えるものの、このときの出来事は彼女が女神族を激しく憎悪するきっかけとなっており、3000年の時を経てもなお、女神族に対しては激しい怒りを抱いています。

 

復活後

フラウドリンの手によって復活してからは、再びモンスピートと行動を開始し、魔力回復も兼ねて黒の歓楽街ベルフォードをはじめ大小九つの町を襲撃し、村の人間達の魂を喰らい、混乱を巻き起こします。

また、魔力が回復してからは当時のメリオダスをも上回る力を手に入れ、バイゼル大喧嘩祭りではメリオダスの討伐に成功します。

 

女神族との再会

メリオダスを討伐し、ブリタニアを順調に侵略していく「十戒」でしたが、リオネル城攻防戦に際し、とうとうデンゼルに憑依した女神族ネロバスタと遭遇します。

3000年前から憎悪を抱き続けているデリエリは、その憎しみを爆発させて容赦なく殺しました。

 

VSメリオダス

ネロバスタを屠ったデリエリは、エリザベス達を狙って攻撃を仕掛けようとしますが、その際に復活したメリオダスとの戦闘に突入します。

バイゼルでは倒したものの、復活した彼の力は凄まじく、パワーアップした「全反撃」を受けてモンスピート共々吹き飛ばされ、以降生死不明になりました。

 

穏やかな暮らし

しばらく登場しなかったものの、吹き飛ばされた先で救出され、モンスピート共々生き残っており、村にあるあばら家で2人穏やかに暮らしていました。

時間が出来たことで、聖戦の時に敵でありながら救ってくれたエリザベスや、心臓が残り1つとなっているのに先の戦闘で命を奪わなかったメリオダスに対して思いを巡らすようになり、2人はゼルドリスの招集命令すら無視するようになります。

そして、心境の変化から「十戒」を続けることに自身が無くなったデリエリは、ついに戒禁を返しに行こうと決意します。

しかし、そんな時、思わぬ悲劇が彼らを襲うのでした。

 

モンスピートの死

なんと、聖戦の再勃発に際してメリオダスからのある提案に乗ったエスタロッサが、彼ら2人を襲撃し、戒禁の回収のため殺そうと攻撃を仕掛けてきます。

魔力相性が悪いデリエリに代わり、モンスピートがエスタロッサと戦い、一時的にエスタロッサを行動不能にまで追い込みます。

しかし、完全に気を失っていたわけでは無かったエスタロッサは、一瞬の隙を突いてデリエリを殺そうと捕らえ、それを救うべく魔力を使って身代わりとなったモンスピートは、エスタロッサの魔の手により殺されてしまうのでした。

最期に力を振り絞ったモンスピートにより、遠くに弾き飛ばされたデリエリは、喪失感に苛まれる中、エリザベスの魔力を感知して彼女の下へ向かいました。

 

VSマエル

エリザベスと再会したデリエリは、彼女の言葉により自分がモンスピートをいかに大切に思っていたかを自覚します。

そんな時、3000年前からかけられていた呪いが解けたことで、エスタロッサが死亡したはずの四大天使マエル本人であったことが判明し、マエルを知るあらゆる人物の記憶に混乱が生じてしまいました。

女神族でありながら、魔神族として活動させられ続けたことで、怒りのままに暴れるマエルですが、それでも救おうとするエリザベスの意思に同意したデリエリはゴウセルやキング、そして四大天使のサリエル、タルミエルと共に戦うことを決意します。

デリエリ自身もかつて敵でありながらエリザベスに救われているため、同じように怒りに我を忘れるマエルを今度は救おうと決意したわけです。

圧倒的な力を持つマエルを連携して何とか追い込むものの、タルミエルが一瞬マエルへの拘束をゆるめてしまったことで、マエルはデリエリに対して攻撃を仕掛けます。

その一撃で最後の心臓を貫かれたデリエリは命を落としてしまうのでした。

ここからの展開は是非原作を読んでみてください、涙なしでは読めません!

まとめ

以上、デリエリについてまとめてみました!

いかがでしたか?

果敢に戦う様子と最期の優しい表情のギャップに胸が苦しくなるキャラだと思います。

モンスピートが実は3000年前にデリエリに対して抱いていた思いを知ると、この2人の死には2人のファンでなくても涙することでしょう。

是非読んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です