【東京喰種re】大きな謎だったスケアクロウの正体がヒデだとついに判明

東京喰種:reの作中で大きな謎の1つとなっていたスケアクロウの正体がついにヒデだと判明しました。

同時に、無印のラストで消息不明となっていたヒデの生存も確認できて一安心でしたね。

今回は、スケアクロウとヒデのプロフィールを比較しつつ、明らかになった新事実について振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

スケアクロウのプロフィール

「:re」から登場したキャラクターです。

「へのへのもへじ」と書かれた袋を頭からかぶっており、名前「scarecrow」の通り、案山子姿をしたCレートの喰種。

登場当初は素性、目的共に一切不明でした。

 

発声能力に難があるようであり、不可思議かつ解読困難なセリフを話しています。

どういうわけか人間オークションに参加しており、放送室で何らかの操作をして滝澤に蹂躙されていたハイセの叫び声を館内放送で会場中に流しました。

今となってみれば、ハイセ(=カネキ)を助けるためなので、当然の動きと言えばそうなのですが、これに反応したヒナミが動き、結果的に彼を助けることとなりました。

 

また、鉢川班がアオギリの本拠地とされる流島へ斥候に赴いた際にはトオルが流島から離れていく彼の姿を目撃しています。

半喰種化した亜門に対しては力を貸し、その逃走を手引きしていました。

その際には「アモ(ン)サン」と言葉を発しており、実はこれもスケアクロウがヒデであるという伏線になっていたわけです。

 

ヒデ

 

プロフィール

カネキの親友で彼と同じく上井大学に通う男子学生です。

「ヒデ」の愛称で呼ばれており、カネキが喰種となってから精神的に不安定な時にも、彼が人間としての感情を持つ主柱となっている人物でもあります。

カネキとは正反対に活発な性格で、幅広い友人関係を築いており、その分、周囲の人物には喰種も多くなっています。

 

小学生時代にカネキに話しかけたのがきっかけで彼と親友となり、彼が働き始めた「あんていく」にも常連客として通っています。

無印のときにはトーカに興味を抱いている様子でした。

 

陽気で大雑把な性格ですが、実は他者の微かな機微に気付く鋭い洞察力を持っており、例えば真戸の殉職の件もほぼ完全な推理で事件の本質に辿り着いており、この一面をニシキやカネキから密かに危険視されています。

喰種の事件に興味を示して新聞の切り抜きや、小倉の著書から得た情報でヤモリに発信機を付け、アオギリの樹のアジトを特定するなど、独自に捜査を行っていたようであり、その後はCCGに局員補佐として採用され、アルバイトとして働いていました。

加えて、アオギリのアジトの情報を匿名でCCGに提供したことが馬淵の調査で露見し、その功績を買われて丸手の判断で捜査官補佐となり、亜門とアキラのサポートも行うようになりました。

 

無印のラスト

梟討伐作戦では丸手の補佐として参加し、地下道で半赫者の力を暴走させるカネキと再会しました。

その際に、カネキが喰種となったことに当初から気づいていたことを明かし、再び全力で戦うよう励ましました。

決して表には出さず、他言もせず、密かに見守っていたのですね。

良いヤツです。

 

しかし、その後彼の姿が描かれることは無く、以降の消息は不明となっており、ピエロのメンバーに加わった、あるいは関係者であるとか、カネキに食われて死亡したとか、様々な憶測を呼んでいました。

特にヒデとの再開後にカネキの傷が完全に言えていたことと、「血の味がした」というカネキの発現、そして、度々カネキの心理描写に登場していることから、カネキに食われて死亡したという説は濃厚でした。

 

:reでは?

続編の「:re」でも彼の所在は明らかになっていませんでしたが、前作で彼が金木研名義で入手した高槻泉のサイン色紙入りの本がクリスマスにハイセの元へ送られてきていました。

また、時期は不明ですが、丸手にRc検査ゲートの細工をリークしていた模様です。

スポンサーリンク

第138話で正体を明かしたスケアクロウ

:re第138話で、瓜江と黒磐が大ピンチとなっているときに、スケアクロウは丸手とその仲間たち、生死不明だった和修政とともに2人の前に姿を現します。

そして、その手には「俺は永近ヒデヨシ」「力をかしてくれ うりえ」と書かれたスケッチブックを持っていました。

スケアクロウの正体がヒデだということが突如明かされましたね。

以前にも亜門のことを「アモ(ン)サン」と呼んでいることなどから、スケアクロウがヒデなのではないかという説はありましたが、まだまだ決定的ではなかったところ、読者にとっては衝撃の展開でした。

 

また、スケアクロウはCレートの「喰種」です。

ということは、無印のときからか、あるいは消息不明となっている間に、ヒデも喰種になったということになります。

これも実は驚きの事実ですよね。

 

顔の下半分を隠して現れたヒデ

第148話でついにスケアクロウのマスクを外し、ヒデ本人が顔を見せます。

しかし、顔の下半分から首の付け根あたりまでは布で覆われており、どうやら話すことの出来ない状態となっていたようです。

スケアクロウのセリフが不可思議なものとして描かれていたり、スケッチブックを使った筆談を通してコミュニケーションを取っていたりしたのもこのためだったのですね。

第148話では知行博士の技術によって、「会話できる設備」が整えられたようで、ようやくヒデ本人が話し始め、スケアクロウの被り物で正体を隠しながら、カネキを助けるために、ヒデなりにひっそりと活動していたということを明かしました。

 

亜門は「どうしてカネキケンの為にそこまでやれる?」と問いますが、ヒデは「だってアイツのこと好きっすもん」と、あっさりイケメンな答えを返しています。

その後、第151話ではトーカと会話するシーンがあり、その際に布を取って顔全体を見せていますが、トーカは目をそらしています。

声は出るけどしゃべれないという状態がよくわかりませんが、それほどひどい状態となっていたのでしょうか。

やはり、無印の最後で死にこそはしなかったものの、カネキに身体の一部を食われたのかもしれませんね。

 

とにもかくにも、ヒデの登場によって事態は大きく好転し、喰種、CCGの垣根を超えた助け合いの末、化け物「竜」と化してしまったカネキも最終的には救うことが出来ました。

まだまだ物語は気を抜けない展開が続いていますが、このままハッピーエンドを迎えてくれることを祈っています。

 

まとめ

以上、スケアクロウの正体について、そしてヒデについてまとめてみました。

いかがでしたか?

 

無印のラストから、:reでヒデが顔を見せるまで、非常に長い間伏線が張られ続けていたわけですが、とても良いタイミングで、読者がグッとくるタイミングでヒデを登場させてくれましたよね。

持ち前の機転を利かせて、オークション会場やコクリコでひっそりとカネキをサポートしていたところは、ヒデらしくてかっこよかったです。

 

現在の作中では四方とウタ、亜門とドナート、フクロウとクインクスなど、初期から登場していたキャラたちが、おそらく最後の戦いを始めています。

アヤトもカネキを落とし児から守るために1人で足止め役として踏みとどまっていますし、なかなかスリリングで熱い戦いの連続になっていますね。

カネキ達にとってはピンチであることに変わりはありませんが、どうにかハッピーエンドを迎えてほしいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です