【東京喰種:re】ヒデの強さなどの詳細情報まとめ

「東京喰種」で主人公の親友であるヒデ。

「:re」では長い間登場しなかったものの、終盤に思わぬ形で登場し、結果的にカネキを救っただけでなく、世界を大きく動かしました。

今回はそんな重要人物であるヒデについて、まとめていきたいと思います。

ヒデとは

本名は永近英良であり、無印では主要人物として登場します。

カネキと同じく上井大学に通う学生です。

カネキとは小学生時代からの付き合いがあり、カネキが喰種化してからも彼が人間として感情を保つための主柱となっている人物です。

カネキとは正反対に活発な性格で、交友関係も広い一方、周りの人物には喰種も多くなっています。

「あんていく」の常連でもあり、トーカには興味がある様子が描かれていました。

 

鋭い洞察力

ヒデの大きな特徴は人並み外れたその洞察力です。

非常に明るく、誰とでも友好的に接するため、パッと見では陽気で大雑把なように見えますが、実は他者や周りの環境の変化に対して敏感で、普通の人間であれば見逃してしまうような微かな変化にも鋭く気が付きます。

無印では実際に見たわけでもないのに、真戸の殉職の件もほぼ完全に推理した上で事件の真相に辿り着いており、ニシキやカネキはこの一面を内心危険視しています。

 

CCGの局員補佐

無印でカネキが喰種化した後、おそらくそのことに勘づいたヒデは、喰種の事件に興味を示して新聞の切り抜きを集め始めます。

小倉の著書から得た情報でヤモリに発信機を付け、アオギリの樹のアジトを特定するなど、独自に捜査を行っていくうちにCCGに局員補佐として採用され、アルバイトとして働い来始めました。

加えて、アオギリのアジトの情報を匿名でCCGに提供したことが馬淵の調査で露見したため、その功績を買われて丸手の判断で捜査官補佐となり、亜門とアキラのサポートも行うようになりました。

 

無印のラストで・・

無印ラストの梟討伐作戦では丸手の補佐として参加し、地下道で半赫者の力を暴走させる親友、カネキと再会しました。

喰種化したことを必死に隠そうとしていたカネキでしたが、やはり勘の鋭いヒデに隠せるはずもなく、彼が喰種となったことには当初から気づいていたことを明かしたうえで、カネキが生き延びるために再び全力で戦うよう励ましました。

決して表には出さず他言もせず、「あんていく」に通いながら密かに見守っていたわけです・・。

ちなみに小説版では早いうちからカネキが喰種だということを確信した上で、カネキを怪しむ学生に細工をしてごまかしているなど、人知れず彼を守るために動いていたようです。

しかし、その後彼の姿が描かれることはなく、無印は最終回を迎えます。

読者の間では様々な憶測が飛び交うようになりましたね。

 

ヒデの:reでの活躍

前述の通り、暴走したカネキの前に現れた後の消息は不明となっており、「ピエロのメンバーに加わった」、「カネキに食われて死亡した」とか、様々な憶測を呼んでいました。

特にヒデとの再開後にボロボロになっていたカネキの傷が完全に言えていたことと、「血の味がした」というカネキの発言、そして、ことあるごとにカネキの心象描写に登場していることから、カネキに食われて死亡したという説は濃厚でした。

しかし、「:re」では無印でヒデが「金木研」名義で入手した高槻泉のサイン色紙入りの本がクリスマスにハイセの元へ送られてきており、ヒデが生存していることを匂わせるような描写が登場しています。

そのため、カネキがピンチを迎えるたびに読者からは「ヒデ来るか?」と度々期待されています。

 

満を持しての登場

「:re」終盤に旧多との戦闘でピンチに陥った瓜江の元に、丸手と「:re」から登場し始めた謎のCレート喰種「スケアクロウ」が救援に現れます。

スケアクロウについては「【東京喰種:re】スケアクロウの強さなどの詳細情報まとめ」にまとめています。

そして、なんと画用紙に書いて自分が永近であると告げたのです。

スケアクロウの作中での活躍を思い返してみれば、オークション会場でハイセ(=カネキ)のピンチを会場全体に流して間接的に彼を助けたり、喰種化の実験台となってしまった亜門を助けたりと、謎の行動が多々見られるキャラでした。

しかし、案山子を思わせるずた袋を被っているため顔もわからず、言葉の発音にも難があったため、セリフも謎の記号で書かれており、全く謎の存在でした。

親友のカネキを助けるのはもちろんのこと、かつてCCGでともに働いた亜門を助けたシーンでは「アモンさん」と言葉を発しており、今から思い返してみれば正体はヒデ以外あり得ないような描写ばかりでしたね。

 

「竜」となったカネキを助けるために・・

正体を明かしたのちは、化け物「竜」と化して暴れ回るカネキを助けるために行動を開始します。

このときには会話をしやすくするために顔の下半分を布で隠しており、喰種化研究の専門家である嘉納をよく知る小倉に話を聴きに行ったり、亜門やアキラと協力してCCGと喰種の協定を結ばせたりと、カネキを救出するため、中心となって動いていきます。

 

顔の下半分は?

さて、顔を半分出したものの、やはり気になるのは無印の最後で彼の身に何が起きたかですよね?

喰種化したカネキが回復するためには人肉を摂取するしかないわけですから。

一度トーカと話した時にマスクを取っていますが、影ができて見えないようになっており、声色も変わっていたため、読者には何も見えませんでした。

しかし、トーカは目をそらしており、間違いなく何かひどい傷を負っている様子でした。

ヒデの顔の傷を見ることができたのは、救出されたカネキが意識を取り戻し、話ができる状態になってからでした。

ようやく喰種同士(「隻眼の王」と「スケアクロウ」)でも、「喰種」と「CCG」としてでもなく、ただの「親友」として話をできるようになった二人ですが、口元から下を完全に隠したまま会話を弾ませるヒデに対し、カネキは「自分がしたことと向き合いたい」という意思の元、「隠している部分を見せてほしい」とお願いします。

最初は「恥ずかしい」といつも通りお道化ていましたが、真剣なカネキの意思を聞いたことで見せることを決意し、口元を覆う布を取りました。

このとき、カネキだけでなく読者も初めて彼の傷を見ることになりました。

詳しくは原作を読んでいただきたいのですが、やはりカネキを救うためにかなり自分の身体を犠牲にしていたようです。

布で傷を隠したいのも全く納得がいくような深い傷で痛々しい場面である一方、言葉が不自由になってしまってもなお、顔を隠してカネキを見守り続けていたヒデの懐の深さというか、カネキに対しての友情の厚さが感じられる良い一コマにもなっているのではないでしょうか。

ヒデの強さ

ヒデは作中では人間「ヒデ」としても喰種「スケアクロウ」としても一切戦闘をしていません。

もしかしたら独自の調査中に身を危険にさらしたこともあったかもしれませんが、作中には描かれていません。

まとめ

以上、カネキの親友ヒデについてまとめてみました。

いかがでしたか?

 

無印では主人公も読者も安心させてくれる存在として登場していた一方、「:re」では大ピンチを救うヒーロとして登場し、本当に頼もしいキャラですよね。

彼がいなければカネキも「竜」として世界を滅ぼしてしまっていたかもしれませんし、CCGと喰種が手を取り合うこともなかったのではないでしょうか。

東京喰種がハッピーエンドを迎えられたのもヒデのお蔭と言えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です