【東京喰種:re】ロマの正体が51歳でピエロ創設者でSSSレートの喰種だと判明する!

スポンサーリンク

2017年8月3日に発売された週刊ヤングジャンプ36号37号に連載された、「東京喰種:re」第135話で正体が明かされたロマ

当初脇役だと思われていた彼女が、非常に狂気を感じさせる過去を持っていたことに、驚いた読者の方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなロマについてまとめてみました。

スポンサーリンク

帆糸ロマ(ほいとろま)の初登場は?

https://matome.naver.jp/odai/2140940658558942601より引用

帆糸ロマが初登場したのは第1部(無印)の第84話「浮上」(コミック第9巻)、アオギリの樹との戦いが終わった後に「あんていく」の新人アルバイトとして登場しました。

このときの「あんていく」では、独自の目的のための行動を開始したカネキと、受験勉強で忙しくなったトーカの2人が抜け、お店はニシキと古間が大忙しで回していましたね。

「隻眼のカネキ」に憧れて19区からやって来たと話していますが、このとき既にカネキは店に来なくなっており、会うことは叶いませんでした。

 

またなかなかのドジなようで、初登場時も皿を割ったことでニシキから「今月何枚目だクソドジ!」と怒られています。

幼い外見をしており、ドジでかわいい脇役といった印象の初登場でした。

スポンサーリンク

ロマの正体はピエロ

全く悪役らしい雰囲気を出さなかったロマですが、第1部の最終回、第143話「研」にてマスク職人のウタ、情報屋のイトリの2人と共に、実はピエロのメンバーの1人であったことが既に明かされています。

彼女の戦闘シーンが初めて描かれたのは「:re」第21話「選る」でのオークション会場で行われた戦闘ですが、ピエロの構成員だけあって、身体能力、赫子の熟練度共に非常に高いレベルであり、捜査官を楽々と圧倒していました。

スポンサーリンク

第135話「夜がくる」にて明かされた真実

http://mangacomiclove.blog.jp/archives/19578350.htmlより引用

そして、「:re」の第135話では詳しいロマの過去についての詳しい描写と共に、ロマの真実が明かされます。

 

年齢51歳

幼い容姿をしているロマですが、なんと年齢は51歳

初の戦闘シーンが描かれた「:re」第21話で、自分でも「いたいけな女の子」と言っておきながら、衝撃の年齢でしたね!

年齢の割には老けてなさすぎるのではないでしょうか…

スポンサーリンク

本名なし、改名数え切れないほど。SSレート喰種「ピエロ」の正体

https://ameblo.jp/reggaerin-loveluv/theme-10083566427.htmlより引用

アオギリの樹によるコクリア襲撃時の回想シーンもあり、アオギリの樹構成メンバーであるタタラとの間で交わされた会話で、ロマがこのときに脱獄したSSレートの喰種「ピエロ」その人であったことが明らかになりましたね。

作中の描写から、脱獄後、ピエロのメンバーの1人であるウタと合流。

当時からマスク職人として「あんていく」のメンバーと関係の深かったウタは、当然「隻眼の喰種」であるカネキが「あんていく」で働いていることを知っており、ロマがアルバイトとして潜入できるよう手引きしたようです。

ロマが「あんていく」に姿を現したのが、アオギリの樹によるコクリア襲撃事件直後であったこと、その時にSSレートの喰種やピエロのメンバーが脱獄したという情報から、以前から、「ピエロ=ロマ」説は出ていましたが、ここでようやく伏線が回収されたことになりました。

 

また、タタラからは、「ジプシー」という別の名前でも呼ばれています。

そのときのロマの「いつの名前で呼ぶのよ」という発言から推測すると、それまでにも繰り返し改名していたことが推察されます。

ということで、もちろん「帆糸ロマ」というのも偽名であるということになりますね。

 

ピエロ創設者

なんとピエロの創設者本人であったことまで判明しました!

7歳で新鮮な肉を求めて初めて人を殺め、肉の味を覚えてからは喰場のため、また退屈しのぎのために毎日毎日殺し続けたと回想しています。

次第にロマは自身のことを虐殺動物の中でも「特別な個体」と自覚し、殺しに明け暮れ、血の匂いを毎日かぎ続けるうちに、生き死にすら平凡に感じ、その狂った日常にさえやがて飽きていきます。

 

そんなころ、ロマはふと自分が捕食対象としてしかみなしていなかった人間の社会がうらやましく感じ、

  • 「もっと彼らをかき乱したい」
  • 「無残に殺したい」
  • 「情けなく活かしたい」
  • 「彼ら(人間)こそ神から私へ与えられた「パンとサーカス」」

という歪んだ狂気的な欲望、羨望から「ピエロ」をつくりました。

 

ピエロのメンバーであっただけでも驚きでしたが、まさかの創設者ということに、驚いた方も多いのではないでしょうか?

ドナートやウタ、死堪、旧多等の享楽的主義者が集うピエロですが、回想シーンの様子から、ロマが創設者であるという事実は、CCGはおろか、ピエロのメンバー達でさえも気が付いていないようです。

 

ドナート=ポルポラをボスとして据えながらも、実は創設したのはロマだったのですね。

初登場時の可愛らしい姿は、もうどこにもありません…。

 

SSSレート喰種「うろんの母」

http://mudasure.com/blog-entry-2277.htmlより引用

前述のようにSSレート喰種「ピエロ」であることが明らかになったロマですが、さらにSSSレート喰種「うろんの母」に姿を変えることが出来ることも明らかになりました

巨大な体を持ち、口には鋭い歯がいくつも映えています。

ロマの体は眉間にあたる部分から生えているように見えますが、おぞましい容姿をしており、旧多も気持ち悪いと感じているようです。

 

確かにこのような姿に変身できるのであれば、回想シーンの中にある「特別な個体」とロマが自身のことを認識しても不思議ではないでしょう。

この「うろんの母」の姿になる前に、ウリエから受けた傷をあっさりと再生させており、幼く見える容姿も合わせて考えてみると、限りなく不老不死に近い能力を持っているのかもしれません。

 

旧「あんていく」の店長であった芳村店長を見る限り、喰種といってもだんだんと老いていくのは人間と同じなようですし、どういう能力を持っているのでしょうか。

ちなみに、「ピエロ」と同等の危険度とされるSSレートの喰種は

  • ハイセ(=ムカデ)
  • ラビット
  • ビッグマダム

など。

 

「うろんの母」と同等の危険度を持つSSSレートの喰種は

  • 芳村
  • 隻眼の梟(エト)

です。

 

SSレートの喰種ももちろん強力ですが、既にSSSレート喰種であることがわかっている芳村とエトの強さからもわかる通り、SSSレートの喰種の強さは化け物じみています。

このことからも同等の危険度を持つ「うろんの母」が、超強力な喰種であることは間違えないでしょう。

これからの戦闘で詳しい能力が明らかになっていくのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

ロマの衝撃の真実が明らかになった第135話。

今までの情報を整理しながらまとめてみました。

いかがでしたか?ロマの変貌した姿である「うろんの母」の能力も気になりますが、対峙した瓜江や黒磐特等はどうなってしまうのでしょうか。

 

また、このCCGでの内戦と並行して、トーカたち「黒山羊(ゴート)」陣営でも、六月らの襲撃に合いピンチを迎えている様子です。

お腹にカネキとの子供を抱えたトーカを含め、戦えない人たちを逃がすために、ヨモは単身で六月たちの相手をすべく立ちふさがりますが、地下へと逃げたトーカたちの前にも血だまりの中、返り血を浴びるハジメが現れます。

カネキ不在の中戦わなければならない「黒山羊」のメンバーの今後も気になるところです。

 

どんどん伏線も回収され、盛り上がりを見せている「東京喰種:re」!

CCGの内紛、六月による再度の「黒山羊」襲撃で、カネキとトーカの結婚の行方、そしてお腹の子供はどうなってしまうのか、どの戦局も今後の展開が楽しみですね!

スポンサーリンク

有馬の過去が読める「東京喰種JACK」が超面白い

有馬貴将が主役の「東京喰種JACK」という作品を知ってますか??

電子書籍限定で販売されている作品なのですが、あの有馬の過去を読める作品なので、東京喰種ファンは必見です。

以下の記事で、東京喰種JACKを実質無料で読む方法を説明してるので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です