【火の丸相撲】作中最強キャラ決定戦!登場したキャラの強さランキングベスト10!



週刊「少年ジャンプ」で連載中の相撲漫画「火の丸相撲」の強さランキングベスト10を独断と偏見に基づいて作成しました。

楽しんでいただければ幸いです!

火の丸相撲 最強キャラランキング

 

10位 兵藤真磋人

栄華大附属高校三年生の相撲部員で、國崎の実の兄でもあります。

ノリの良い軽快な性格をしているため、ダメな時にはとことんダメで、格下にも負けてしまう始末ですが、元々の実力は高いのでとりあえず第10位にランクインです!

 

9位 沙田美月

石神高校のエースで、国宝「三日月宗近」の異名を持っています。

チャラい言動や、さぼり癖がある少々軽薄な人間ですが、天性の運動神経を生かして、相撲を始めてわずかで「中学横綱」まで上り詰めた実力者です。

元々は才能のみで中学相撲の頂点に立ってしまったことがきっかけでやる気をなくしていましたが、自身が相撲を始めたきっかけである火ノ丸の復活と、彼との激闘の末の自身の敗北を経て、基礎練習にも積極的に取り組むようになります。

全国大会で鳥取白楼高校の天王寺相手に何もできず敗退した後には、自分の相撲に対する情熱に気づき、その後は相撲への取り組みが恐ろしく変化し、自身が掲げた「三年も待たず火ノ丸を含めた国宝達を全て倒し頂点に立つ」という目標に向け、成長を遂げている最中です。

 

8位 日景典馬

金沢北高校2年生の相撲部員の国宝「大典太光世」です。

現役日本人最強力士と目されている「大景勝」の弟で、2mを超える身長を持ち、体格にも才能にも恵まれた力士です。

刃皇に敗れた後の兄のことは、軽蔑と尊敬とが入り混じった複雑な思いで見ていました。

しかし、弟子の権利をかけて挑んだ火ノ丸との勝負に敗れた後、駿海から「兄と100番相撲をとる」ようにアドバイスを受けたことで、これまで確執のあった兄との稽古を経て兄に対する見方や周囲への態度が軟化しました。

全国大会では國崎と対戦し、体格を活かして追い詰めましたが、最終的には敗北しています。

しかし、既に角界入りを熱望されているその実力を考えてこの順位にしました。

 

7位 國崎千比路

元々はレスリング部で、当初は相撲のことを「敗けの重みが軽い競技」と考えていましたが、学園祭の余興で火ノ丸に敗れたことがきっかけで彼と相撲に興味を持ち、「総合格闘技の選手になり全米で頂点に立つ」という将来の夢への1つのステップとも考えて相撲部に入部しました。

格闘技に関するセンスは元々高いキャラクターですが、新人戦での久世戦敗北後にはレスリングの経験を生かした練習を取り入れつつ相撲の技術も磨き、成長を遂げています。

 

6位 天王寺獅童

鳥取白楼高校三年生の相撲部主将であり、昨年度と一昨年度の高校横綱である国宝「童子切安綱」その人です。

高校入学以降から現在に至るまでの公式戦は無敗、更には全日本選手権においても社会人や大学生らの年上の強者達を叩き伏せ優勝しており、名実共に高校相撲界のみならず全てのアマ力士達の頂点に君臨する男でもあります。

その高い実力は、現最強横綱にして白楼高校出身の先輩である刃皇をして、自分に引導を渡すのはこの男かも知れないと警戒されているほどです。

その威容とは裏腹に普段は礼儀正しく謙虚な佇まいを崩さず、プライドは高いものの、努力を惜しまず、相撲への愛情も人一倍持っています。

高校生にして、まさに横綱の佇まいを体現しているようなキャラクターです。

しかし、個人戦準決勝で久世には敗退していることからこの順位となりました。

5位 久世草介

大横綱「大和国」の実の息子で、父の相撲部屋での稽古と現役力士達との実践練習を幼少の頃から欠かしたことがないため、才能だけではなく実力も兼ね備えた力士です。

また、体格も身長195cm、体重142kgと、とても恵まれています。

新人戦では無断で選手登録をされていたため、当初は全く出場する気はありませんでしたが、火ノ丸と狩谷の取り組みを見たことで、自分も火ノ丸と戦いたいという気持ちが生まれ、長く父から試合出場を禁じられていたにもかかわらず、それを破って出場します。

そして、迎えた火ノ丸との試合では、高校入学から無敗だった火ノ丸の連勝記録にストップをかけただけではなく、長く公式戦に出ていなかったことと、記者たちの元々の期待に違わない高い実力を見せつけたことで、若年にして完成された横綱相撲から新人戦優勝の実績のみで国宝「草薙剣」の二つ名を戴くという鮮烈な公式戦デビューを飾りました。

 

4位 潮火ノ丸

本作の主人公、潮火ノ丸は第4位にランクインです。

4年前の小学生相撲二冠王となった実績(その6年時の大会前までは、全くの無名)があり、国宝「鬼丸国綱」という異名を持ち将来を嘱望されていたことからわかる通り、才能は十分に持っていますが、体格に恵まれなかったため、中学時代にはほとんど成績を残すことができず、周囲からはもう終わった選手だと思われていました。

しかし、その裏で体格差を帳消しにするだけの地道かつ過酷な稽古を「三年先の稽古」を密かに積み続け、高校入学を期に、再び相撲界の頂点を目指して復帰しました。

小さな体からは想像もできない頑健かつ強靭な精神、肉体を誇り、例えば15分に渡って一方的に殴られ続けてもものともせず、300回もの四股踏みの終盤になっても軸足がぶれずに高々と足を上げる立派な四股を踏み続けているシーンが描かれています。

高校入学後に再び体格の問題に直面した際には、桐仁の言葉を受けて精神と肉体だけではなく、技術を磨くために柴木山部屋への体験入門や朝稽古に参加することで新技の開発に打ち込み、さらに実力をのばし、疲労困憊、満身創痍の状態の中挑んだ金盛戦にも勝利し、個人戦優勝を成し遂げました。

努力、友情、勝利という3つの要素が揃った、ジャンプの主人公らしい主人公ですよね。

 

3位 冴ノ山紀洋

柴木山部屋の部屋頭(その部屋での最高位の力士)であり、主人公の火ノ丸にとっては兄貴分ともいえる存在です。

最初は火ノ丸に興味を示していましたが、自分の糧にはなり得ないと判断したために一時は興味を失っていました。

しかし、稽古の中で次第に火ノ丸の持つ「何か」に一瞬気圧されたことがきっかけで、火ノ丸の可能性を感じ、彼の頂点を志す意思が決して軽い、浮ついたものでは無いことを知り、再び火ノ丸に興味を抱くようになり、この稽古の翌日にも、稽古場に来るように言いました。

ちなみに、この時の稽古では火ノ丸を完膚なきまでに叩き伏せていましたね。

番付は幕内西前頭九枚目(一枚目が一番上で数字が増えるごとに位が下がる)ですが、一時は西前頭筆頭まで上り詰めたほどの実力者で、柴木山部屋の出世頭でもあります。

ポーカーフェイスが特徴的で、親方はもちろん、格下の力士に対しても敬語口調で話し、基本的には穏やかでマイペースな性格です。

しかし、柴木山親方が果たせなかった「横綱」の地位を遺志を受け継いで志すなど相撲に対する姿勢は真摯であり、時には厳格かつ情け容赦ない面を見せることもあります。

 

2位 大景勝優清

優勝経験はありませんが、現在の日本最強の力士と目されている大関です。

日景典馬の実の兄でもあります。

大関になってからは1度も負け越したことはありませんが、弟の典馬からは刃皇の圧倒的な強さに敗れたことで、横綱になることをあきらめていると思われており、尊敬と軽蔑とが入り混じった複雑な感情を抱かれています。

しかし、やはり日本最強と万人が認めていることからその強さを評価して第2位にランクインさせました。

 

1位 刃皇

3人の現役力士の1人です。

モンゴル出身で、元々は留学生として鳥取白楼高校に在学していました。

その強さは圧倒的で、駿海の依頼が受け入れられたお蔭で、主人公の火ノ丸も一番だけ特別に稽古を付けてもらっていますが、プロとアマチュアの格差を見せつけられていましたね。

この作品では伝説のような存在なので、第1位にしました。

まとめ

以上、「火ノ丸相撲」強さランキングでした!

いかがでしたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です