【約束のネバーランド】104話のネタバレでエマたちの逃走経路がバレていたことが判明



急遽現れシェルターを襲撃するアンドリュー。

なぜ現れたのか状況が理解できないエマたち。

しかし、エマたちは万が一に備え準備を怠ってはいなかった。

シェルターを捨てることに未練がある子供たちだったが、生きることを選ぶようにユーゴも話してくれる。

逃げるエマたちだったが、さらにアンドリューはエマたちの行動を把握していた。

今回の約束のネバーランド104話のネタバレです。

約束のネバーランド104話のネタバレの要約

 

迫り来るアンドリューたちの恐怖

「みんな今すぐ逃げろ!!敵襲だ!!」

エマたちの元にぺぺは叫びながらやってくる。

 

アンドリューは部下たちにエマたちが見つかり次第、殺処分だと指示を出す。

「みんな無事?全員いる?」

 

エマは子供たちの確認をしていた。

するとギルダはエマに報告する。

「今数えたわ。61人ロッシーとルーカス以外は全員揃ってる。みんな無事よ。」

 

子供達は敵襲・・しかも人間でついに来たラートリー家に怯えていた。

「けどなぜバレた。この場所が・・あれだけ警戒していたのに・・」

ザックは尋ねるが、モニターを見ていたペペは「わからない・・奴らいきなり現れた闇の中から。見逃したりなんかしていない。俺もロッシーもずっと見ていた。何もどこにも映ってなかった。異常はなかった・・なのに奴ら急にーーー」と急な状況に整理がつかない様子だった。

 

レイは冷静に状況を確認し始める。

「まさかカメラの死角を縫って来たのか・・・?どうやって。」

 

するとオリバーは尋ねる。

「落ち着け。それで敵の数は?」

ペペは尋ねられた質問に8人だと答える。

 

「ロッシーは?ルーカスと一緒?」

ペペと共にモニタールームで確認していたロッシーを心配するエマ。

 

「ああ。足の不自由なルーカスを気づかって・・2人共今”隠し部屋”にいる。あそこなら見つからない身を隠せる。」

ペペはエマの質問に答える。

 

アンドリューたちはエマたちを探すが見つからない。

「既に逃げたか?突入がバレて・・?いやそうではない。」

 

アンドリューは施設内を探りながら、まだ温かい飲み物があることに気づく。

「地上斑動きは?」

分かれた部隊にも確認をして動きがないことを知ると、「外へは出ていない。直前までここにいた。間違いないまだいる。このシェルターのどこかに。隠れてーー」

 

エマたちはアンドリューが探す部屋の真横にある隠し部屋に隠れていた。

「隠れていてもじき見つかる時間の問題だ。」と焦りを見せるレイ。

 

するとエマは決心してみんなに話し始める。

「逃げよう。ここはもうダメだ。敵に知られた。」

 

それを聞いたユウゴも賛成して、「あぁ攻めて来たのは8人だが、この場所は十中八九ラートリー家本陣にも知られちまっている。」とみんなに話すと理解した子供達は、「シェルターを捨てるんだね。。」と名残惜しそうに話し始める。

「みんなの家が・・・畑もつくったのに・・・それだけじゃない。これで支援者との連絡もとれなくなる・・・」

そんなことを思っている子供たちにユウゴは、「命の方が大事だ。俺たちはそのための想定もさんざんしてきたろ。」と子供達に話す。

 

「もし襲われたらーーーー持ち出す荷物はあらかじめまとめておく。武器は各部屋にも隠しておこう。」

そんなことも万が一に備えていて逃げ道の方もユウゴが作っていた。

 

「このシェルターには出入り口が3つある。いつも使っている出入り口の他に非常口が2つだ。非常口への道は7つ。①武器庫の奥②北の廊下③モニター室④資料室⑤風呂場⑥南の廊下そして⑦電話のある”隠し部屋”から。その道も隠されている侵入者にはわからない秘密の逃げ道だ」

ギルダは逃げる準備ができたかを確認していた。

逃げる道の先には、ソンジュが繋げてつくった地下道跡に続いていた。

レイも逃げることを決意して話し始める。

 

「幸い敵は夜闇に紛れて奇襲してきた。俺たちも上手くやりゃ同じ夜闇に紛れて逃げ果せる。1日歩きゃあの森にも着ける。」

するとエマはまだ不安な子供たちに向けて話し始め、「家を失う。これは痛手だ。でも生きていれば何とかなる!何度でも生きてさえいれば大丈夫落ち着いて静かに素早く気づかれないように。さぁ逃げるわよ!」

 

エマたちの上をいくアンドリューたちの策略

「モニター室聞こえるか」

アンドリューはモニター室にいる部下に連絡を取り、動きがないかを確認していた。

「いくつかダミー映像に切り替わっているようですが、まもなくリアルタイム映像に繋ぎ直します。」

「ご苦労。その部屋は食用児の安全の命綱。出入口も必ず映し確認していただろう。万一食用児が地上へ出たら知らせろ」

アンドリューと部下の会話を逃げるようとするルーカスは聞いていた。

 

「まずい。。ダミーにもう気づかれた。あの画面を戻されたらみんなが地上へ出る時カメラから丸見えだ。出入口がバレてみんな狙い撃ちにされる。あの男を止めないと・・モニター室を奴らに渡してはいけない。」

そう考えているルーカスは、一緒に隠れていたロッシーに隠れているように指示を出し、モニター室にいるアンドリューの部下を取り押さえる。

 

ルーカスを心配するロッシーだったが、一瞬にして部下を絞め落とす。

「まだロッシー出てきてはダメだ。僕はモニターを壊す。君は・・・」

ルーカスは部下が持っていたアンドリューと繋がる無線を聞いていると、驚く内容が聞こえてくる。

 

急いでルーカスはロッシーに伝える。

「ロッシー君は先に行け。すぐにエマ達に追いつくんだ。」

 

そう指示を出すルーカス。部下から奪った無線からは、「各班配置につけ。出口は全て固めろ。」

走りながらエマたちの元へ向かうロッシー。

 

「知らせなきゃ・・・エマ達に知らせなきゃ・・・!!なんで・・?どうして!?敵は知ってる。なぜかバレてる。全部知ってるんだ!!非常口はだめだ。待ち伏せされている・・!!」

エマたちが向かう逃げ道の奥にはアンドリューたちが待ち伏せをしていた。

約束のネバーランド104話のネタバレの考察

 

アンドリューたちはどのように入ってきてなぜ逃げ場を知っているのか

ぺぺが話すにはアンドリューはいきなり入ってきたとなっています。

モニターをぺぺとロッシー二人体制で見ているので、見落とすことはないにしてもどのように入って来たのかは明らかになっていません!

アンドリューはさらに長年バレてこなかったシェルターの場所にも気づくほどです。

 

そこで考えられるのは、シェルターの中にいる子供たちの中に何かしらの弱みを握られ内通者がいることではないでしょうか。

アンドリューはここ最近の最後はGF(グレイス=フィールド)に残されたフィルに会ったときです。

そこでフィルと何らかの話をした、もしくはフィルを人質にとってしまったのではないでしょうか。

 

フィルは密かにロッシーと連絡を取っていた。

もしくはロッシーとアンドリューが密かにつながっていた。

なんてことも考えられます。

どちらにしても今後ロッシーの行動がエマたちの運命も左右されるため、どのようになっていくのか今後注目の人物です。

まとめ

今回いきなりのアンドリュー襲来で、備えていたエマたちでしたがさらに上をいくアンドリューたちから逃げ切ることができるのか気になる内容になっていました。

エマたちは無事に逃げることはできるのか。

来週の約束のネバーランドも気になります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です