【約束のネバーランド】89話のネタバレでレウウィスの強さが明らかに

スポンサーリンク

今回の約束のネバーランド89話では、おじさんが放った銃弾はレウウィスに命中したが作戦は成功するのか?

最強の鬼としてレウウィスにエマたちが挑む!

今回の89話のネタバレです。

スポンサーリンク

約束のネバーランド89話のネタバレをまとめる

 

命中した一撃でレウウィスとの勝負の行方は?

おじさんが放った一撃でレウウィスに命中し、レウウィスは倒れこむ。

打った方向をエマが確認すると、レイとおじさんの姿を見つけ生きて二人とも無事だったことに安堵する。

ぺぺとナイジェルも二人を確認し、エマの仲間で援軍だと期待する。

 

そんな中、レウウィスの仮面が割れたことを確認する。

レウウィスも見事面を割られたことを想像以上だと賞賛しつつ、すかさず面の下を狙ってくるエマに受けて立とうと態勢を整える。

 

すると違う方向からぺぺが爆弾をレウウィスに投げつける。

爆弾さえも弾き返してやろうと考えるレウウィスだったが、眩い光が放たれ爆弾ではなく閃光弾だったのだ。

 

かかったとエマは喜び、ぺぺとナイジェルも確認する。

ルーカスの作戦の中で、『動きを封じる』ことが最重要となっていたため

「レウウィスは化け物だ、面を壊せばそれで仕留められる相手ではない。面を壊しても決して気を緩めるな、ここからが本番だ。間髪を入れずに感覚を奪うんだ。どんなに動ける相手でも目隠しされたら思い通りには動けない、ましてや至近距離で強烈な閃光。視覚を奪うだけでなく色々な感覚を奪い狂わせる、まるで脳を直接殴られるみたいに。」とルーカスに言われていたことを思い出し、エマたちは作戦通りレウウィスに仕掛けたのだ。

 

レウウィスの強さが圧倒的

案の定レウウィスは立ちくらみを起こし、真っ白で眩暈もすると言い、エマたちを見失っていた。

徹底した動きを封じる作戦でレウウィスの目を狙いやすくなったとナイジェルは思い、ルーカスの考えた作戦におじさんも考えたなと作戦の内容を把握する。

顔を伏せ倒れ込んでしまったレウウィス。

 

その姿に、エマは今なら討てると攻撃を心見るもののレウウィスは地面に散らばっていた破片を投げつけ、エマたちに反撃をする。

皆が防ぎ避けていたが、ぺぺだけに当たり声を出してしまった。

するとレウウィスはぺぺに襲いかかる。

 

一瞬のことでなにが起きたか把握できないエマたち、なぜ反撃できたのか疑問に思っていたナイジェルだったが、レイがとっさに判断し、「音だ!面の破片を飛ばしあいつだけ当たって声を出したから。あの鬼、奪われた視覚を即座に聴覚で補ってきた。虚をつかれたはずのあの一瞬で!」と驚くが、おじさんもそう判断し場所を変えて狙い直すと移動しながらレウウィスに狙撃するが、防ぎながら逆にレウウィスは反撃をしてくる。

良いと連呼しながら笑い出すレウウィス。

何百年ぶりのドキドキに興奮し、ナイジェルが隠れていた家を壊してしまう。

 

いったん一箇所に固まり隠れるエマたち。

閃光で目が見えていないレウウィスは、肩に乗せていた猿のバルウゥスを呼び寄せ、「まだ見えない、フラフラするよ、そうまるで若気の至りで呑みすぎて愚かにも二日酔いを迎えた朝のようだ。しかしね、それもまた楽しくてたまらないよ。私はいま生きている!生きているのだ素晴らしい!」と死を感じながらも狩りを楽しむレウウィス。

 

エマたちは避難した部屋でぺぺの処置をしていたが、レイから止血はしたがこれ以上今はなにもできないと言われ、ここに置いていこうと提案される。

ナイジェルは「どこまで怪物なんだあの野郎。作戦通りできたのに、面も割った閃光だって効いているのに。」と話し、すべてレウウィスが超えてくることに全員が窮地に立たされた。

しかし、ここで諦めれないエマたちはおじさんから、「万策尽きたぞどうする?どう奴を斃す?」と次の作戦に挑むのであった。

スポンサーリンク

約束のネバーランド89話のネタバレを考察する

 

おじさんが撃った銃に気づくぺぺ

おじさんがレウウィスの面を割った銃を見てペペは「あの銃!」と何かに気づく場面がありましたが、確かに今までおじさんが使ってきた銃ではなく特殊な形をした銃であることがわかります。

ルーカスが各チームの狙撃手に渡した銃と似ていることから、ヴァイオレットを助けた時に譲り受けたのか?

それとも来る前にルーカスのいる地下に一度寄ってきたのかが考えられます。

ペペがわざわざ「あの銃」と台詞があるくらいですから、なにかおじさんとレイは来る前に何かを得てきたと考えられます。

 

レウウィスの狙いとは?

今まで戦ってきた鬼とは違い、強いとは思っていましたが目も見えず音だけで獲物を捕らえ飛び交う狙撃も防ぎ反撃してくるというまさしくなす術なく、圧倒的な窮地にエマたちは立たされてしまいます。

しかし、レウウィスはどこか死を感じることで喜びを得ているので、本当は殺してほしいのではないかと予想します。

生きているという実感もなく、ただ弱い人間たちを追い詰め殺し食事をする。

レウウィスはこれを1000年続けているわけですから、強い人間たちから殺されることで生きている実感を得たかったのではないかと思います。

 

また、殺そうと思えばいくらでも殺せる状況も必ずと言っていいほど、重傷を負わせる程度で本当に殺しにきているとは思えない行動も多々あります。

きっとレウウィスの中でもなにかエマたちの求めているものがあるのだと考えます。

 

おじさんやエマたちは諦めていない表情を見せる

最後に「万策尽きたぞどうする?どう奴を斃す?」とおじさんが話していましたが、確かにルーカスの作戦をことごとく超えてきます。

しかし、おじさんも昔はルーカスと共に狩場で戦ってきた人間なので、なにか作戦があるのかもしれません。

また、今回博識で知恵者なレイがほとんどサポートに回り、長所を生かし切れていません。

次週からレイの戦略とおじさんの経験、エマの運動神経とレウウィスに対しての学習能力で追い詰めていくと思います。

またあまり役にたっていないナイジェルもこのまま終わるわけでなく、最後に大きな仕事を任されるのではないかと予測します。

 

今後どうなる?

今後レウウィスとの戦いで重要になってきそうなことは、

  1. 地下にいるルーカスやヴァイオレットは現れるのか?
  2. おじさんとレイはルーカスに会っているのか?
  3. おじさんの存在にレウウィスは気づくのか?
  4. キーマンとなるのは消えたアダムなのか?
  5. ルーカスがナイジェルに話した「あれは最後の手段」といった作戦とは?

この5つが今後気になります。

 

怪我の手当てに当たっているルーカスやヴァイオレットですが、圧倒的な不利な状況をルーカスは把握しています。

このことから援軍として現れてもおかしくなく、またそこで昔のようなルーカスとおじさんのでレウウィスを追い詰めるときがくるのではないでしょうか。

勝手に予想ですが、ルーカスとおじさんどちらかはレウウィスに殺されそうな予感がします。

 

おじさんとレイはナイジェルと別れてから時差があります。

その間にルーカスと会っているのか?

それとも別の何かをしていたのかも気になります。

 

昔おじさんは狩場から逃げきり身を隠していました。

しかし、そのことはレウウィスは知りません。

以前狩りをしていたのであれば、おじさんの正体にいずれ気づくはずです。

そうなったときにレウウィスはどのような行動を起こし、おじさんも仲間たちの仇を討つことができるのかも見所になると思います。

 

一向にアダムの消息がわからないまま話は進んでいますが、皆さんもアダムの行方が気になっていると思います。

実際アダムは味方なのか?

それとも鬼側につく内通者なのか?

そのあたりも今後明らかになっていくと思います。

 

「最後の手段」とルーカスからナイジェルに託された作戦はいつ実行されることになるのか?

実行されずとも今後その手段が明らかとなることはここまで窮地に立たされているので明白です。

ルーカスはナイジェルに何を託し、何を伝えたのかが今後の戦いで左右されてくるのではないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

本格的な戦いになり、レウウィスの強さがとんでもないです。

しかし、そこは農園でもトップクラスの実力を持ったエマとレイがどう立ち向かい、長年の復讐をルーカスとおじさんは達成されるのか、次週も楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です