【約束のネバーランド】92話のネタバレでアダムの驚異的な身体能力が明らかに

今回の約束のネバーランド92話では、突如現れたアダムがレウウィスとの戦いに参戦します。

エマたちと協力してレウウィスに反撃を仕掛けますが、戦いは思いもよらない悲劇が待ち受けています。

今回の92話のネタバレです。

スポンサーリンク

約束のネバーランド92話のネタバレの要約

 

戦いに参加するアダムの身体能力はいかに!?

突如攻撃を受けたレウウィスは、状況判断ができず何が起きたのかわからずにいた。

「22194」という言葉しか話せないアダム。

レイは初めて見るアダムの姿に驚きます。

 

「いけ!アダム!その怪物をぶっとばせ!」と指示を受けると、まだ混乱しているレウウィスを思いっきり殴ります。

攻撃が当たったことに驚くエマたち。

打たれ飛ばされたレウウィスは、「殴り飛ばされた?私が?人間に?腕も折られた・・22・・そうかあの子、そう言えばバイヨンが出資した新農園(ラダム)からの試食品」と、状況を理解したレウウィス。

 

エマは、アダムの怪腕に驚きます。

指示を出していたのは、遅れながらも来てくれたヴァイオレットでした。

 

「いまだ!お前らチャンスだ!狙え!」と間髪入れず、オジサンはエマたちに指示します。

一斉に攻撃を仕掛けるエマたち。

アダムの攻撃により飛ばされ、空中で身動きも取れず逃げ場のないレウウィスは、「これはまずい」と自分の危機に直面します。

エマたちは一斉にレウウィスに銃撃を浴びせますが、この期に及んでまだ避けるレウウィスにレイは驚きます。

 

ヴァイオレットはエマに話しかけ、「アダムとはそこで会った。確認したい閃光は?」と今までレウウィスと戦ってきたエマたちの状況を聞き始めます。

「閃光は撃った。でももう切れる。目に限らず狙って撃って!あの鬼には当たりさえすれば普通の攻撃もダメージになる!」と、今までの戦いで気づいた情報などをヴァイオレットに説明します。

するとヴァイオレットは、「アダム!投げまくれ!」と指示を出すと、アダムの怪力で町の家を持ち上げ、レウウィスに投げ込みます。

 

「やはり気づかれている。私の再生能力の低下。やりづらいな・・思いの外ガタがきている。老いとは何とも歯痒いものだ。でもこんなものか」、レウウィスは今までエマたちと戦ってきた状況を整理し始め、「あの電撃で全身の細胞を再生した。あの閃光で視神経を、銃弾で傷を、とばされた掌を。そしていま殴られ折られた腕を再生している。これほど動いたのも久しぶりだ。昔無茶に暴れすぎた報いもある。しかしだ・・それがなんだと言うのかね。せっかく何百年ぶりに楽しいのにここで斃れる私ではないよ」と不敵な笑みを浮かべ、エマたちの銃撃から逃げるレウウィス。

『目が、感覚が戻るまで』と双方は思い、エマたちはレウウィスを斃せる策として、「この機会をしくじってしまえば私たちの負けだ」と思い、レウウィスは「目や感覚が戻るまで防ぎきれば私の勝ちだ」と確信しています。

 

エマは押し通すしかない銃撃をレウウィスに浴びせます。

「間違いない。効いてはいる。でもまだ足りない。もっともっと撃ち抜いて奴を消耗・・・」と思い銃撃するが、「させないよ」と攻撃を避けるばかりしていたレウウィスは反撃を仕掛けます。

エマはさらに閃光の攻撃を仕掛けますが、ピンを抜く音に気づいたレウウィスは、「同じ手は食わん!」と閃光から視界をマントで守ります。

 

連携を取りながらエマたちの止むことない銃撃を浴びせられるレウウィスは、「これでは迂闊には近づけないだろう。そうだな・・確か」と何かに気づき始めます。

「単純だね。アダム。複雑な思考や動作はまだ難しいかな。」と、アダムに隙を見つけたレウウィスは、アダムが投げる家を避けれるのにわざと当たりやすい位置に移動します。

アダムは家を投げ続けるとレウウィスは、「よく見たまえ。その先には二人いたはずだよ」とレウウィスに目掛けて攻撃しましたが、その背後にいたナイジェルとヴァイオレットに被弾してしまいます。

 

それに気を取られた隙にレウウィスはアダムに攻撃し、オジサンが狙撃していた家めがけてぶっ飛ばします。

アダムが家に当たり、崩れ落ちてしまいます。

オジサンとアダムを心配するエマでしたが、今に感覚を取り戻すレウウィスに、レイが「最後のチャンスだ」と撃ち尽くすようみんなに指示します。

 

しかし、その攻撃は無情にも散り、レウウィスはエマに反撃し、攻撃を受けてお腹を刺されてしまいます。

「残念。時間切れだ。」とエマに伝えるレウウィス。

エマと叫ぶ声だけが残り・・・。

スポンサーリンク

約束のネバーランド92話のネタバレの考察

 

アダムの戦闘力と新農園(ラムダ)の子供

今回、アダムがレウウィスとの戦いに参戦し、エマたちには大きな助っ人となる力を発揮しています。

確かに、人間離れしている怪力にはレウウィスも驚かされていました。

そこで以前ノーマンも訪れたとされるラムダに描かれていた子供たちの描写から、他にもアダムのような子供がいるのか推測していきたいと思います。

 

アダムは全身が筋肉質で他の子供たちより見た目も大きく、いかにも怪力系だということがわかりますが、他にも頭に金具を埋め込まれているような姿の宇宙人みたいな子供、頭の大きさだけが異様に大きくなっている子供、身長が異様に大きな子供などが確認されています。

レウウィスも試食品としてアダムを知っていたようですが、本来鬼が好きな人間の部分は脳とされていて、極上の脳を食べるために農園で発達させるためにテストを受けさせていたと思います。

 

ではなぜこの新農園(ラムダ)では、脳以外の部分も改良された子供たちがいるのでしょうか。

他にもアダムのように脳の発達が普通の子供よりも劣ってしまっているので、本来の新農園(ラムダ)での鬼たちと唯一関わっている人間のピーター・ラートリーの企みが今後明らかになっていくことでしょう。

 

鬼にも年齢と寿命があるのでは?

「レウウィスの再生能力が低下している」と気づいたエマたち。

レウウィスも「それは老いよるものだ」と自覚しています。

今まで鬼は殺さない限り死なないと思っていましたが、このレウウィスのことで鬼にも年齢による衰退があることがわかりました。

 

そうなってくると、今後出てくる鬼の年齢やどれくらい生きているのかなど気になってくると思います。

それを踏まえて、子供たちの脳を送り続けてきた鬼たちが話す特別な鬼の存在の年齢なども今後は気になってきますね。

 

レウウィスに刺されてしまったエマの今後は?

92話の最後ではレウウィスに刺されてしまったエマですが、今後エマたちはどうなってしまっていくのかを予想していきたいと思います。

まずエマが刺されてしまったことで、レウウィスから引き離し、取り戻そうとするはずです。

それからレイやオジサンたちは状況を考え、戦意を失いレウウィスから逃げるはめに。

 

しかし、エマから「今がチャンス」と託され、さらに攻撃を仕掛けることが予想パターン1。

アダムがさらに肉体変化を起こし、レウウィスを懲らしめることが予想パターン2。

エマが刺されたことで、今まで実行しなかったルーカスの最後の手段を実行するのがパターン3。

 

推測できるのがこの3つのパターンだと思います。

一番濃厚なのはパターン3の最後の手段を実行することです。

しかし、今回の鬼との戦いは、いまいちレイが活躍していないと思うので、レイにもなにか活躍する場が出てくるはずです。

他にもヴァイオレットが戦いに参戦したことで、本部の怪我人たちも落ち着き、いよいよルーカスが参戦する可能性もあります。

これからのレウウィスとの戦いがどのようになるのか気になります。

 

まとめ

アダムとヴァイオレットが戦いに参加し、2人増えたことでレウウィスを追い詰めるかと思われましたが、最後の最後でエマが刺されてしまい話が続く92話。

次回の約束のネバーランドの人間VSレウウィスの戦いが気になりますね。

次回も楽しみにしてください。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です