【約束のネバーランド】98話のネタバレで支援者の存在が明らかに

スポンサーリンク

一時の安らぎと安全な場所を確保して完全回復したエマたち。

おじさんの名前も明らかになり、ゴールディーポンドのメンバーたちとも仲良くなり1ヶ月が経とうとしていた。

しかしそこには何やらエマたちを探し回る人間の姿が・・。

今回の約束のネバーランド98話のネタバレです。

スポンサーリンク

約束のネバーランドの98話のネタバレの要約

 

エマたちの現在の暮らしと生活

ミネルヴァの意志継ぐ者たちは正座させられていた。

2031年12月 一人の男性の元に集められた人間たち。

「これで全員か?愚かな裏切者が、よくもまぁぞろぞろと我が一族の内に紛れていたものだ。殺れ」と指示を出し、銃声が鳴り響く。

2046年 3月(現在)
「君が指揮をとれ、周辺一帯をくまなく捜索しろ」と指示を受ける人間の姿が。

 

「見つけた食用児の隠れ家。一人も生かすな、全員殺処分だ。」と部下に指示を出し隠れ家と思われる地下へ入っていく。

その頃、ゆっくり寝ているエマたち。

 

「GF(グレイス=フィールド)はおろか、GV(グランド=ヴィレー)も・・・どういうことだ?このシェルター・・誰もいない?」と、疑問を持ちながら考える人間。

ぴったり6時になるとエマたちが隠れ家として住んでいるB06-32シェルターでは朝の鐘の音が鳴り響き1日が始まる。

ここでの暮らしも一ヶ月半の月日が経ち初めていた。

現在63人家族で性格も年齢も出身農園も違う。

 

でもみんな仲良し、料理、掃除、食料の調達、その他色々仕事は分担制暮らしていた。

ハウスより狭いし、ご飯の量も少なくなったけど、毎日が楽しく仲間も増えていた。

できることも増え、生活が好きだった。

 

「63194、63194、63194・・・」、アダムは相変わらず数字しか話さない様子だった。

しかし、ヴァイオレットはアダムが唱える数字に少し違和感を覚えていた。

 

「エマ知らない?どこいった?」と子供達に尋ねるヴァイオレットに子供達は、「エマならレイたちと多分・・・隠し部屋にいるよ」と地下を見つめる。

エマとレイとルーカスは地下の隠し部屋の中にいて一本の電話を前に座っていた。

エマはレイに訪ね、「支援者から連絡は?」と聞くが「いや依然音沙汰なし」と、レイはエマに答える。

 

7日前—————

まず支援者と連絡をとろうと提案するレイ達。

それに賛同するみんなは実際にそれができるか確かめないと話し、ナイジェエルは「そのためにはまず今壊れている全ての回線を回復させてそれから・・・」と頭を悩ませていた。

でも、連絡を取って大丈夫なのかと不安な気持ちになる子供達もいて、「万が一支援者がすでに敵にばれて殺されていたら連絡をとった先で敵の手の者が出ないとも限らないわ。支援者のフリをして・・・回線だって復活させられたらここがバレたりってことは・・・」と話し、子供達が一層不安になる。

 

しかし、ルーカスは、「確かにその危険はミネルヴァさん自身も教えてくれている。」と安心させるように話し、「シェルターへの帰り道に痕跡を残すな。シェルターの出入りには気をつけろ、俺たちも一応その通りにここまで来たよな。」、そう話し合っている子供たち。

さらに、「このシェルターの回線も外から探知できないように仕掛けがしてあるらしいけどダミーのシェルターもいくつか用意してくれているみたい。」と話す。

 

レイは、「互いを確認する合言葉も指定されている。もちろんそれでも危険は残るけど」とみんなに伝えると、エマが口を開き「たとえ危険があっても確かめたい。支援者がいたら助けてほしいし既にいなかったらその分他の策を考えなくちゃ。時間がある内にハッキリさせておきたいの」と、エマは取り残されている子供達を思い出していた。

話を聞いていて納得した子供達だったが、「で実際どうすれば連絡取れるの?」と質問すると、それはね・・。

スポンサーリンク

約束のネバーランドの98話のネタバレの考察

 

 ユーゴも知らなかった隠し部屋の存在

エマはみんなを隠し部屋に案内する。

ユーゴも知らずにいたことを恥じってしまう。

その部屋には電話が置いてあるだけだった。

 

エマは話はじめ、「連絡の方法はこの電話から指定された番号にかけるだけ、そしたら24時間以内にかけ直してくるって・・・かけるよ」と、緊張した表情で電話をかけるエマ。

それを見守るレイ達。

 

それから現在————

「あれから7日音沙汰なし・・ミネルヴァさんの録音から15年。さすがに支援者はいないのか」と推測し始めるレイ。

しかし、回線が断たれているわけでもなく、敵が出るでもかけ直してくるでもない、これは・・と少しでも望みがある思考を持っていた。

隠れ家を手当たり次第、探し回る人間は、ピーター・ラートリーに報告すると、もぬけの殻の現状に驚く。

 

「というよりアレはダミーではないかと。」と現状を見た人間が報告すると、「兄さんならやり得るな・・我々の裏切りを予期して諸々手を打っていた可能性はある。」と伝えると、人間はさらに報告を始める。

「恐らくまだ先代の手の者が残っています。近辺の電波からも探知はできず、私は食用児の足取りを辿りました。想定される人数は40人以上、いくら痕跡を残さず逃げるとて素人の子供。全てが完璧に消すことは不可能だからです。だが私はそれを追ってダミーにたどり着いた。食用児の協力者がいます。食用児の足取りを消し、偽の痕跡で我々を誤導した。」と、ピーターに伝える。

 

エマたちは諦めかけているといきなり電話が鳴り始める。

エマは恐る恐る電話の受話器を取ると・・・ピーターは部下の人間に、「成程・・忌々しくもまだ残っていたということか。よかろうやり方を変えよう。標的の食用児全てとその協力者全員まとめて始末しろ。任せたぞアンドリュー」と、ピーターは指示を伝える。

電話に出たエマは、何も聞こえてこなかったがモールス信号だということに気づき、急いでレイに変わる。

 

「ワルイガイマハアエナイ、ジキコチラカラセッショクスル。キヲツケロ、テキハピーター・ラートリー。ミネルヴァノオトウトラートリーケトウシュ。」、レイはそのことを聞き、合言葉は!?と質問すると、合言葉もモールスで答え本物の協力者だということを理解する。

「ソコヲウゴクナ、カナラズムカエニイク」と言葉を残し、電話が切れてしまう。

 

レイは支援者がいたことに驚き、さらに録音でもなく今生きている受話器の先でと思うのであった。

「さぁ生き残っておくれよ。少年少女達。」とフードをかぶり座る姿が・・・。

 

本当の敵はピーター・ラートリー?一体どんな人物?

以前からちょくちょく出ていたピーター・ラートリー。

ノーマンが出荷されて研究を手伝ってほしいと言われ引き取られていたのが、ピーター・ラートリーです。

他にもアダムがいた農園とは違う場所の責任者でもあり、兄であるミネルヴァを死に追いやった張本人である。

 

鬼との接触もできる唯一の人間であり、これから度々登場するであろう重要人物の一人です。

また、部下の新たに出て行ったアンドリューという人物も気になります。

鬼との戦いのあとは 人間との戦いなのでしょうか?

いよいよ新たな物語が始まりそうで楽しみです。

 

アダムが言っていた番号が変わった?

以前アダムが口にしていた番号は、「22194」この数字はノーマンの首に記された文字だったが、今回から「63194」に変わっていた。

この「63194」の数字はエマの首に記されていた番号になります。

単純にノーマンからエマに感情移入しただけなのか。

 

それともなにか意図があるのか?

いまだにアダムの謎は深まるばかりで今後が気になります。

スポンサーリンク

まとめ

今回98話ではミネルヴァではないが、支援者との連絡が取れたことによって、エマたちには大きな存在になると者と思われます。

しかし、ピーター・ラートリーが食用児を殺すために送った人間のアンドリューが、エマたちに近づこうとしてきます。

エマたちは支援者から言われた通りに大人しくシェルターでの生活を送っていけるのか?

支援者が迎えに来る前にアンドリューたちに見つかってしまうのか?

今後の物語も注目です。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です