【進撃の巨人】可愛い女性キャラランキングベスト10



皆さんは「進撃の巨人」に登場する女性キャラクターの中で誰が一番好きですか?

私の独断と偏見に基づいて、「可愛いキャラランキングベスト10」を作成しました!

進撃の巨人の可愛い女性キャラランキングベスト10

 

10位 ハンジ・ゾエ

  • 所属:調査兵団第四分隊長→調査兵団14代団長
  • 身長:170cm
  • 体重:60kg
  • 誕生日:9月5日

 

第10位はエルヴィンから団長の座を受け継いだハンジさんです。

兵団の中では「怖いもの知らずの変人」として有名になっており、巨人や巨人化するエレンの研究には没頭していました。

また、研究者としての側面だけではなく、冷静に作戦を立案して実行し、リヴァイやエルヴィンを上手くサポートもしていました。

作中の描写からは変わり者ですが、芯の強いしっかりした人物であることがうかがえます。

そんなハンジも現在では調査兵団の団長となったことで、暴走気味のエレンや他国との外交に苦労させられそうな予感がしています。

ちなみに、作中ではハンジの性別について明言されていません。

作者は「一応女性のつもりではあるが、あえて男性とも見れなくもない感じ」に描いていると語っています。

実写映画版では石原さとみがハンジ役を演じており、こちらのハンジは間違いなく可愛かったですね!

 

9位 ミーナ・カロライナ

  • 所属:訓練兵団34班

 

最初の方で戦死してしまったキャラですが、皆さんは覚えていますか?

黒髪を2つ分けのお下げにした少女で、エレンたちと同じく第104期訓練兵団の卒業生です。

超大型巨人出現時は固定砲整備4班、トロスト区攻防戦では訓練兵団34班に所属しており、エレンの影響を受けて調査兵団への入団を目指していました。

ストーリー序盤のトロスト区攻防戦における立体機動中に、巨人にワイヤーを掴まれ壁に叩きつけられ脳震盪を起こし、動くことのできないまま食われて戦死したため、記憶に残っていないかもしれませんが、前向きで可愛いキャラでした。

 

8位 リコ・ブレチェンスカ

  • 所属:駐屯兵団精鋭部隊班長
  • 身長:156cm
  • 体重:52kg

 

白髪のショートカットと眼鏡が特徴的なキャラクターです。

個人的にはちょっとツンデレっぽい印象があります。

初めて巨人化したエレンが巨人の体内から出てきたところを包囲した兵士の一人で、キッツの意見を支持し、エレンたちの即刻排除を進言していました。

このことから、保守的で融通の利かない性格に見えてしまいますが、後の描写から責任感の強い性格で、仲間のことを大切に思っているからこその行動だったということがわかります。

トロスト区の作戦成功後はあまり目立った登場の仕方はしていませんでしたが、ウォール・ローゼ内に巨人が侵入した際にはキッツの指揮下に入り、東防衛線で巨人と戦い、その後、エレン奪還作戦から帰投したヒストリアを介抱している様子が描かれており、健在なようです。

 

7位 イルゼ・ラングナー

  • 所属:調査兵団

 

特別編「イルゼの手紙」の主人公で、本編開始時にはすでに故人になっています。

目が大きく、可愛いキャラクターでした。

第34回壁外調査に参加した際、所属班は壊滅し、馬も装備も無くした状態で巨人と遭遇してしまいました。

しかし、ユミルに似ていたことから巨人が一時的に服従の意思を見せ、言葉を話し始めます。

しかし、次第に巨人への恐怖と恨みからパニック状態になってしまい、その巨人を刺激してしまったことで落命しました。

このときの手記が1年後にリヴァイによって回収され、その内容は彼女の「戦果」として調査兵団に貴重な情報をもたらしました。

 

6位 ニファ

https://twitter.com/masa99320344/status/1021376528926437376

  • 所属:調査兵団

 

ハンジの部下でおかっぱ髪が特徴的です。

あまり目立って描かれることはありませんでしたが、可愛いキャラだなと思います。

超大型巨人と鎧の巨人との交戦ではヒストリアとコニーを守っており、エレン奪還作戦後は、エルヴィンとリヴァイたちの伝達係として奔走していました。

しかし、エレンとヒストリアを連行している中央第一憲兵をリヴァイやケイジ達と共に尾行していた際にケニーに奇襲され射殺されています。

個人的にはもっと活躍してほしかったのですが、残念です・・。

 

5位 アニ・レオンハート

  • 所属:憲兵団。マーレの戦士。
  • 身長:153cm
  • 体重:54kg

 

常に冷静沈着で、近寄り難いオーラを放つクールビューティー系のキャラクターです。

立体起動では無駄のない動きと正確な斬撃を加えることを得意としており、父親から教わった蹴り主体の対人格闘術にも秀でています。

「女型の巨人」の正体であり、潜入任務のために壁内で情報を集めていましたが、巨人化してからもターゲットのエレンを除く第104期の仲間たちには被害が出ないように気を配ったり、マルコの殺害に加担した時には謝罪しながら涙を流したりと、実は情に脆く、優しい性格であることが伺えます。

捕縛される寸前に硬質化で眠りについてから作中でも随分と時間が経ちましたが、いつか彼女は目覚めるのでしょうか。

また目覚めた後の行動も気になりますね!

 

4位 サシャ・ブラウス

  • 所属:調査兵団
  • 身長:168cm
  • 体重:55kg

 

最近死亡してしまって個人的には悲しいのですが、第4位にはサシャを入れたいと思います。

柔らかい物腰で訛りを気にして他人には敬語で話し、とにかく優しい性格です。

しかし、食べ物に関してだけは話が別で、食べ物が絡むと争い事も厭わず、見境なく攻撃的になります。

シリアスな場面でも彼女の食い意地の張りっぷりに癒された読者も少なくないはずです。

コニーとセットでバカのように見えますが、実は第104期訓練兵団を9番で卒業している実力者で、ウォール・ローゼ内で巨人が出現した際、襲われた村で置き去りにされた子供を助けるため、兵装無しの状態で弓を武器に単身巨人に立ち向かい見事生還するなど、勇敢な一面を持っています。

 

3位 ミカサ・アッカーマン

  • 所属:調査兵団
  • 身長:170cm
  • 体重:68kg
  • 誕生日:2月10日

 

本作のヒロインです。

化け物じみた戦闘能力が印象的ですが、エレンに対する恋心を露骨に見せたり、マフラーを大事に持っていたりと女の子らしいところも頻繁に見せています。

最近では母親の祖先はエルディア帝国時代に同盟国だったヒィズル国の将軍家の一族であり、巨人大戦でエルディア帝国が敗北した後にパラディ島に生き残った東洋人だったということが明らかになっており、暴走気味のエレンとの行方やミカサのヒィズル国との絡みなどがちょっと心配です。

 

2位 ヒストリア・レイス

  • 所属:調査兵団
  • 身長:145cm
  • 体重:42kg
  • 誕生日:1月15日

 

可憐な容姿で性格も良く、ライナーの言葉を借りれば「女神」のようなキャラクター、ヒストリアを第2位にしたいと思います。

当初は可愛いだけの癒しキャラ的な存在でしたが、レイス家の血縁者だと判明し、中央憲兵との戦いや父親との決別を経て王位を継承してからは女王として強くあろうとしている姿が描かれています。

出来過ぎた人間性の裏には闇を抱えていたことがわかり、ショックだった読者も多かったのではないでしょうか。

現在は妊娠までしてしまってびっくりしてしまいますが、外国との本格的な戦争状態に突入しようとしている中、彼女はどのような結末を迎えるのでしょうか。

 

1位 ペトラ・ラル

  • 所属:調査兵団
  • 身長:158cm
  • 体重:55kg
  • 誕生日:12月6日

 

特別作戦班(通称リヴァイ班)の紅一点、ペトラを第1位にしたいと思います。

可愛い容姿をしていますが、気が強く、「女型」が襲って来た時にも冷静にエレンに話すなど、芯のしっかりした性格をしていました。

エルド、オルオと連携して「女型」を追い詰めたシーンはかっこよかったですが、巨人化したアニによって冷静に対処されてしまい、エルドが殺されたことで動揺している最中、アニに踏みつぶされて戦死しました。

もう活躍が見られないのが残念です・・。

まとめ

いかがでしたか?

可愛いキャラクターでもカッコ良いキャラクターでも容赦なく死んでしまうのがこの漫画の怖いところでもあり、面白いところでもあります。

でも、これ以上好きなキャラクターには死んでほしくないですよね・・。

好きなキャラの無事を祈りながら楽しむことにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です