【鋼の錬金術士】最強キャラ決定戦!作中に登場したキャラの強さランキングベスト10!

去年実写映画化という事で一躍またブームが盛り返してきたハガレンこと「鋼の錬金術士」。

今回は「鋼の錬金術士」の作中最強キャラランキングを独断と偏見に基づいて作成してみました!

スポンサーリンク

 

鋼の錬金術師 最強キャラランキングベスト10

 

10位 スロウス

「めんどくせー」が口癖の「怠惰」の名を持つホムンクルスです。

大柄で筋肉隆々としているため桁違いのパワーを持っていますが、実は「最速のホムンクルス」であり、本気を出せば目で追うことのできないほどの速度で強力な体当たりを繰り出すことができます。

しかし、多少のことでは本気を出さず、狙いも大雑把なため命中率も低いことが弱点と言えるでしょう。

 

9位 エドワード・エルリック

本作の主人公です。

史上最年少で国家錬金術師になるほどの錬金術と、明晰な頭脳を持っています。

また、イズミから体術の修行も受けているため、自分の持っている物を最大限に生かしつつ、臨機応変に戦況に対応する柔軟さを持っています。

 

8位 傷の男(スカー)

イシュヴァールの生き残りであり、復讐のために何人もの国家錬金術師を殺害するほどの実力者です。

元は、単身でアメストリス兵10人に匹敵すると言われるイシュヴァラ教の武僧であったため、並外れた体術を持ち、加えて、右腕全体に刻まれた「分解」の錬成陣で、分解を行使することで、相手の肉体や装備、また周辺の物(壁や床など)を直接破壊することを得意としています。

 

7位 グリード(リン)

「強欲」の名を持つホムンクルスで、「お父様」から3番目に作り出されました。

100年ほど前に、己の業である強欲を満たせないとして「お父様」の元から去ったために、他のホムンクルスたちよりも自身の意思を優先して行動しています。

1度ブラッドレイによって「お父様」の元へ連れ戻され、協力を拒んだために「賢者の石」に戻されましたが、リンを素体とする人間ベースのホムンクルスとして復活しました。

ブラッドレイとは違い、リンとは共存関係にあるため、復活後には本来の体内の炭素の結合度を変化させ、表皮をダイヤモンド並に硬化させる「最強の盾」と呼ばれる能力に加え、リンが意識の上で支配的になれば、シン国人特有の気を読むという能力も発揮することが出来るようになりました。

 

6位 イズミ・カーティス

エルリック兄弟の師匠であり、母親代わりともいえる存在です。

流産した子供を生き返らせるために、1度「真理の扉」を開けてしまっているため、二度と子供を身ごもることができない身体となり、度々吐血する虚弱体質となっていますが、手合わせ錬成を行えるようになり、高いレベルの錬金術と体術を活かして戦闘を行います。

最終決戦時は夫のシグと共にスロウスに苦戦するアームストロング兄弟の救援に駆けつけ、彼らと連携することで難なく撃退しています。

スポンサーリンク

5位 ロイ・マスタング

「炎」の2つ名を持つ国家錬金術師です。

名前の通り「焔(炎)」の錬金術を武器として戦い、イシュヴァール戦での経験から炎の規模もかなり自由に調整できます。

何と言っても、ラストとエンヴィーの2人のホムンクルスを倒した実力者であり、特にエンヴィーに対しては旧友ヒューズを殺された怒りに任せて一方的に追い込み、賢者の石を使い切らせるという凄まじい戦い方を見せました。

「真理の扉」を開けさせられたことにより、最終決戦では視力を失いますが、それでも相棒のホークアイのアシストを受けながら「お父様」との戦いにも参戦しました。

ちなみに、最終決戦後、イシュヴァール復興を条件にマルコーから「賢者の石」を受け取り視力は回復しています。

高い錬金術の腕前を持つカッコいいキャラですが、作中でも頻繁にネタにされている通り、雨天時や水場では炎が出せず、無能になってしまうことが弱点です。

 

4位 ラース(キング・ブラッドレイ)

「憤怒」の名を持つホムンクルスで、アメストリス軍大総統の正体です。

銃の弾道さえ見切る動体視力を持った「最強の眼」を持ち、ホムンクルス特有の超人的な身体能力と合わせた剣技と体術で相手を圧倒します。

最終決戦時にもリン(グリード)とフーの2人を全く寄せ付けない強さを見せ、フーとバッカニアの捨て身の一撃で重傷を負いながらも、スカーを追い詰めるなど、特に近接戦闘においては、作中最強と言えるほどの実力です。

しかし、他のホムンクルスと異なり、基は賢者の石の負荷に耐えた人間であるため、魂が1つしかなく、回復能力を持たず、老化もすることからトップ3へはランクインしませんでした。

 

3位 プライド(セリム・ブラッドレイ)

「傲慢」の名を持つホムンクルスで、キング・ブラッドレイの息子の正体です。

「お父様」から最初に創り出されているため、「お父様」と似た姿をしており、自身でも「始まりのホムンクルス」を名乗っているホムンクルスのリーダー的存在です。

器が子供の姿であるため、他のホムンクルス達と比べると身体的な能力には劣っています。

しかし、本体である影は伸縮自在なうえに、影さえあればどこでも攻撃を行えることから攻撃範囲は広く、強度を変えることで鋭い槍や刃物に変形させることができるため攻撃方法も多彩であることから、第3位にランクインしました!

 

2位 ヴァン・ホーエンハイム

第2位はエルリック兄弟の実の父、ホーエンハイムです。

500年以上の寿命を持ち、体内に膨大な量の魂を使って作られた賢者の石を宿しているため、「人間」というよりは「ヴァン・ホーエンハイムという人間の形をした賢者の石」という存在です。

元々は本編中の時代よりも遥か昔に栄えた、クセルクセス王国の、名もなき1人の奴隷でしたが、ホムンクルス(後の「お父様」)に血を提供したことがきっかけで彼に気に入られ、「ヴァン・ホーエンハイム」という名と、膨大な知識を与えられました。

そして、ホムンクルスがクセルクセス全国民を対価にした「賢者の石」を作り出した時に、一緒に再構築されたことで巨大な賢者の石を半分体内に付加され、意図せず不老不死になりました。

この経緯から、致命傷を負っても死なずにすぐに回復する、ノーモーションで錬金術が使えるなど、「お父様」と同じ力を使うことができます。

また、本人の錬金術の腕前も高いことから、作中でもトップクラスの戦闘力を誇っています。

 

1位 「お父様」 / 「フラスコの中の小人(ホムンクルス)」

第1位はホムンクルスたちの親玉であり、物語のラスボスでもあった「お父様」に決定したいと思います!

ホーエンハイムの血を分け与えられたことによって人間のような姿をしていますが、元々はクセルクセスの錬金術師が偶然生み出した、影または黒いガスが集まってできたような丸い姿をした生命体で、フラスコの中に納まるほどの大きさでした。

知識も豊富で感情も豊かな生命体でしたが、フラスコの中でしか生きられない不満から、不老不死を欲する王を騙してクセルクセス全土を用いた国土錬成陣を作らせ、国民全員を賢者の石に錬成し、自身はホーエンハイムに似せた「容れ物」に入ることでフラスコの外へ出ることが可能になりました。

その後は七つの大罪の名(「傲慢」「色欲」「強欲」「嫉妬」「怠惰」「暴食」「憤怒」)を冠するホムンクルスを生み出し、「お父様」と呼ばれる存在となり、彼らや軍上層部を掌握、使役してアメストリス内を暗躍していきます。

ホーエンハイムと同じくノーモーションからの錬金術を使えるだけでなく、錬金術そのものを封じることができるなど、異質な強さを誇り、生まれながらに人間の域を遥かに超えた知識を持っているため、人造人間や「疑似・真理の扉」の創出が可能など、国家錬金術師さえも凌駕する力の持ち主です。

体内に強大な賢者の石を持ち、アメストリス全土に張り巡らされたパイプを通じて、その石の力で国内の錬金術の発動を抑制、または完璧に封じたり、彼が呼ぶところの「神」を取り入れてからは疑似太陽の錬成、天候を操ったりと技の規模も超巨大です。

人間としての倫理観が全く無い分、力を手に入れるためであればどのような手段を行使することも厭わないことから、個人の力であれば、第2位のホーエンハイムを大きく引き離していると思います!

 

まとめ

以上「鋼の錬金術師」強さランキングトップ10でした!

いかがでしたか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です