【鬼滅の刃】最強キャラランキングベスト10

スポンサーリンク

「週刊少年ジャンプ」で連載中の大人気漫画「鬼滅の刃」。

作中で最強のキャラクターは誰なのでしょうか。

独断と偏見に基づいてランキングを作成してみました。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の最強キャラランキングベスト10

 

10位 半天狗(はんてんぐ)

上弦の肆であり、額に大きなコブと二本の角がある鬼です。

柱でも目視するまで確認することができないほど気配の同化に優れ、身のこなしも軽く、頚を切られると舌に「喜怒哀楽」のそれぞれ一字が刻印され、性格もその一字に則った半天狗を若返らせた4人の鬼に分裂するというトリッキーな戦い方を見せています。

炭治郎によって倒されましたが、中々やっかいな戦い方をするためランクインしました。

 

9位 竈門 禰豆子(かまどねずこ)

主人公の炭治郎の妹です。

炭治郎不在時に鬼舞辻無惨の襲撃を受け、その血が傷から入り込んだことで鬼化して生き残りましたが、人間だったころの心優しい性格が影響して、人間の地に対する欲望を自意識で無理やり抑え込むことで炭治郎と共に行動しています。

通常の鬼が人間の血で活力を得るところ、禰豆子は睡眠でカバーしていることから、再生力は普通よりも弱くなっていますが、化の進行が進めば再生速度は上弦に匹敵し、堕姫は自身より上だと言っています。

器用な戦闘をするタイプではありませんが、上弦とも互角に渡り合い、「爆血(ばっけつ)」で炭治郎を上手くアシストもしているため、ランクインしました。

 

8位 竈門 炭治郎(かまどたんじろう)

本作の主人公です。

鬼を追う力を求め、2年間の訓練を経て「水」の呼吸法と剣術(壱から拾の型)を身につけ、十二鬼月の下弦の伍、累との戦闘からは幼いころに父親から教わった「ヒノカミ神楽」をより用いています。

しかし、自分により合った呼吸法を模索しており、今後さらなる成長を遂げることは間違いないでしょう。

 

7位 煉獄 杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

鬼に対する憎しみや恨みが強い炎柱で、禰豆子の斬首を強く主張していました。

戦闘力は凄まじく、無限列車内では五両間を一瞬で移動したり、技の威力で横転の衝撃を和らげたりと柱の名にふさわしい高い実力を持っています。

また、リーダーシップと判断力も優れており、炭治郎たちに列車の事態を収拾するための的確な指示を出すなどの活躍が作中でも描かれており、他の柱たちからも高く評価されています。

無間列車の調査中、上弦の参の猗窩座に強襲され、その戦闘能力の高さや誇り高い精神性から「鬼となる」よう強く勧誘を受けましたが、これを跳ね除け最後まで人間として戦い抜きました。

百年以上の間幾人もの柱を殺してきた上弦の鬼を相手にして、自身以外の誰一人も傷つけさせることなく守りきりましたが、結果として自身は致命傷を負い、炭治朗たちへの遺言を残し、家族への想いを胸に抱きつつ息を引き取りました。

 

6位 冨岡 義勇(とみおかぎゆう)

作中で初めて登場した柱で、「水」の呼吸法を使用する水柱です。

現実的で冷めた雰囲気を見せ、感情を表に出すことはほとんどありませんが、炭治郎の生きる気力を引き出すためにわざと厳しいことを言ったり、普通の鬼と違う様子を見せる禰豆子を見逃したりと、人情家な面も持っています。

下弦の累との戦闘では、顔色1つ変えずに圧倒しており、確かな実力を有していますが、まだ何か力を隠し持っていそうです。

物語の重要人物でもあるだけに、今後さらなる戦闘力が描かれることになるでしょう。

 

5位 時透 無一郎(ときとうむいちろう)

常に無表情で掴みどころのない霞柱です。

日輪刀を握ってから僅か2カ月で柱まで昇格した天才で、上弦の鬼とも真正面から渡り合い、上弦の伍である玉壺を瞬殺しています。

日の呼吸の使い手の子孫と言われており、兄の記憶を取り戻した時には日の呼吸の剣士と同じ痣が浮き出ていますが、現在の所関連性は不明です。

柱の中では今のところ最強のキャラクターではないでしょうか。

 

4位 猗窩座(あかざ)

全身に紋様めいた刺青を施した赤い短髪を有する青年の鬼で、作中最初に登場した上弦の鬼です。

上弦の参の位を与えられており、愚直に強さを求め続ける武術家じみた一面を持ち、敵であっても実力者には尊敬の念を持つという実直な一面を持っています。

一方、自身が弱者と見定めた者は露骨に見下し、些細な理由で真っ先に殺害しようとするなど極端な二面性を持っています。

「拳鬼」と呼ばれる戦闘スタイルで、己の体で戦う肉弾戦を得意としています。

技量は煉獄と余裕の態度で互角以上に渡り合い、攻撃速度は炭治郎は全く追いきれないレベルを持っています。

また、例え腕が切断されても一瞬で傷が治るなど上弦ならではの恐るべき再生能力を有しています。

任務の結果報告をするも鬼舞辻の望みに達していなかったため、咎められ制裁を受けてしまったり、おふざけが過ぎる童磨を「失せろ」と叱責するも、すぐに黒死牟に腕を斬られ叱責されたりと、自分より上位の鬼には敵わない様子が伺えます。

しかし、黒死牟の言いたい事を理解した上で「必ずお前(黒死牟)を殺す」と言っており、今後さらに強くなるかもしれません。

 

3位 童磨(どうま)

上弦の弐である鬼で、上弦の陸だった時に死にかけていた人間の頃の妓夫太郎と堕姫を鬼にした張本人です。

容姿は端麗で、陽気で明るい性格ですが、玉壺に貰った壺に人間の女性の頚を生けるなど狂気的な一面を持っています。

基本的にはチャラチャラしており、他者だけではなく自分の死についても軽く考えているようであり、何とも不気味です。

しかし、上限の中では妓夫太郎に次いで新参でありながらすでに上弦の弐まで上り詰めており、猗窩座に対して「俺には勝てまいよ」と言い放っていることから、かなり戦闘力は高く、その強さに対して自信もあるようです。

このような背景もあり、猗窩座には毛嫌いされていますが、与えられた位に見合った強さを有しているのは間違いないでしょう。

 

2位 黒死牟(こくしぼう)

精鋭中の精鋭とも言える「十二鬼月」上弦の壱である鬼です。

上弦の最上位に位置しているため、高い戦闘力を有しているのは間違いないでしょう。

剣士の出で立ちをしていますが、目が6つ、痣が左の額と右首筋にあり、非常に不気味な姿をしています。

腰の刀の鞘も禍々しいデザインとなっており、いかにも強そうです。

鬼舞辻と因縁のある「花札模様の耳飾りを付けた男」に酷似しており、現在の所関連性は不明ですが、もし同一人物であるなら無惨すら殺しかねない実力を持っていることになります。

 

1位 鬼舞辻 無惨(きぶつじむざん)

炭治郎の家族を殺し、禰豆子を鬼に変えた張本人で、千年以上前に生まれた最初の鬼とされています。

鬼達の絶対的支配者であり、自分の血を与えることで人間を鬼に変えることができるという唯一無二の能力を持っており、間違いなく現在では最強の存在だと思います。

彼が鬼を創るときに与えられる血の量が多いほど強い鬼となりますが、肉体が順応しきれない場合はそのまま死に至ります。

また、血を分け与えられた鬼たちは、その名を口にするだけで死に至る「呪い」をかけられており、現存するほとんど全ての鬼たちの命は彼の裁量にかかっているとも言えるでしょう。

自らの意志にそぐわない者は人鬼問わず決して許さず、性格は冷酷非情を極めていますが、珠世のセリフからはそれは臆病さの裏返しであるようです。

神出鬼没、正体不明の鬼であり、柱達ですら接触した者はいませんでしたが、偶然にも炭治郎が遭遇したことで人間社会に溶け込み、潜んでいることが判明しました。

また、いくつかの身分を使い分けているようで、現在までには妻子持ちの実業家としては「月彦」と名乗っていたり、資産家に引き取られた養子の少年、妖艶な着物姿の女性などになっていたりと、人間としての容姿様々な姿で登場しています。

まだまだ謎の多いキャラクターですが、主人公にとっては最も倒さなければならない相手であり、能力も高いことから第1位にしました。

スポンサーリンク

まとめ

以上強さランキングベスト10でした!

いかがでしたか?

上弦の鬼たちはやはり上位に多くランクインしましたが、炭治郎を始め人間側でも力を伸ばしているキャラクターが多く登場しています。

今後どのような戦いが繰り広げられるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です