【ワンピース】930話のネタバレでキングの悪魔の実の能力が判明

ワノ国の将軍オロチの姿が明らかになったワノ国編。

そんな中、ワノ国には不穏な動きが・・・。

慌てるカイドウの目先にはなんと、四皇であるビッグ・マムの姿が。

さらに百獣海賊団の追っ手から逃げるサンジたち。

顔馴染みのホーキンスやドレークに見つからないようにとローは麦わらの一味に告げるがサンジには秘策が!?

それではワンピース930話のネタバレをまとめていきます。

ワンピース930話のネタバレの要約

 

迷子の迷子のゾロ十郎

ーーー少し時間をさかのぼる、ここは花の都のおこぼれで暮らす町『えびす町』

「おう帰ったのか!トの康!」

「ヤスさん帰ってきても食い物はねぇぞ!!」

 

ゾロの迷子を救ってくれたトの康は自分の町へと帰っていた。

「・・・?何だこの明るさ・・九里の『おこぼれ町』とは少し違うな・・・」

 

ゾロは『えびす町』のあまりの明るさに戸惑っていた。

「イヨッ!旦那お目が高いっ!みんな楽しそうでしょ!?数ある生き物の中で笑えるのは人間だけだっつってね!!イヨッ!!そんな事なら笑わにゃ損!損!アハハハ」

トの康はゾロに説明する。

 

「おっ母ー腹減った!!あははは」

「栄養不足じゃ歯が抜け落ちた!あはは」

「トの康その浪人誰だい!?刀3本腰にさして!!あははは!」

えびす町の人たちはとにかく明るくゾロを歓迎していた。

 

「見なよ怖い顔してるよ!ホラ笑ってこの町今日いい事があったのよ!」

「そうさトのヤっさん昨夜また来てくれたんだよ!”うしみつ小僧”が!!」

ゾロとトの康に近づき町の人たちは話し始める。

 

ゾロはうしみつのことを知らず質問する。

「どこの誰だか知らないけど・・真夜中丑三つ刻に現れて都の悪い金持ちから金を盗み貧乏長屋にそれをバラまき去っていく!!」

「一体誰なんだろうねーありがたやー!!ハハハ!!」

 

「だから今日はみんなで”ごちそう”を買ったんだよ!うふふ」

すると一人の女の子がゾロに近づき一杯の水を手渡す。

「どうぞ一杯!!浪人さんも!!」

 

それを見たゾロは透明な水に気づくと、女の子はそのお金で買ったのと説明する。

ゾロは周りを見渡すとそこに古びて使われていない井戸があった。

ゾロは遠慮するものの、町の人たちからはヤスさんが連れてきたんだから良い人だと言われありがたく一杯の水を飲む。

 

「うまいだろーしみわたるー!?笑わなくっちゃ福が逃げちまうよ!!みんなニコニコ笑う事をね。この国じゃ・・『えびす顔』ってんですよ旦那!!だからここは『えびす町』!!貧乏なんかにゃ負けねェよ!!泣いても貧乏笑わなきゃ損!損!!」

そんな明るいえびす町の人々やトの康の姿にゾロも頬が緩む。

 

ビッグ・マム海賊団の襲来!!

ーーーー現在『鬼ヶ島』

「南東の海より接近中!!」

「撃ちまくれ!!絶対に入国させるな!!このババア!!・・・!」

「鯉に艦を引かせ突進中です!」

「なぜ”滝登り”の方法を知ってんだ!?」

「ビッグ・マムの情報力は業界一と定評があり・・・・」

「黙れ!!どうでもいい!!来るとわかってたやつらだぞ!!さっさと沈めろ!!」

 

慌ただしい鬼ヶ島では、ビッグ・マムがワノ国へ入国しようとするのを何としてでもカイドウは止めようとしていた。

「ダメだ!砲弾を弾かれる!!」

ビッグ・マムの子供たちが入国するために後押しをする。

 

「ハ〜〜〜ハハハハ!!来たぜカイドウ!!待ってろ麦わらァ〜〜〜!!ゼウス!!てめェも帰って来るんだよ!!」

船体の上から意気揚々とビッグ・マム率いる海賊団たちが勢揃いしていた。

 

「滝を登れ〜〜〜!!」

その一声でワノ国に入国するための滝を船ごと登っていく様子に驚く他のビッグ・マム海賊団。

 

「入れるなぁ!!!何してやがるバカ共!!!リンリンのガキ共は一緒か!?ガキ共は幹部だ!!上陸されたら全面戦争になるぞ!!」

カイドウは部下たちに怒り心頭していた。

 

「着いたぞーーーー!!『ワノ国』〜〜〜!!!マ〜〜〜ママママ!!ハッハッハッハ〜〜〜!!!」

喜ぶビッグ・マムだったが空から何か向かってくることに気づく。

 

すると滝を登ってきた船を追い返すかのように突き落とす。

「あいつは?プテラノドン!!まさか!!『キング』!!?」

落ちていくビッグ・マム海賊団の船を見ているのは、百獣海賊団の大看板”火災のキング”の姿が。

 

「キング様が蹴り落としたぁ〜〜〜!!」

カイドウの部下たちは歓喜を上げ、カイドウ本人も一安心していた。

海の中へと落ちていくビッグ・マムはいかに・・・!?

 

サンジの秘策とは?

ーーー同刻『花の都』

「おい何で俺たちまで逃げなきゃならねぇんだ!!追われてんの”そば屋”だぞ!?」

「お前も一人潰したろ!?きっかけは何にせよ。お前らが見つかる事で一味全員の大捜索が始まるぞ!!」

「それはマズイ!ナミさんとロビンちゃんが危ねぇ!!」

 

花の都を逃げ走るサンジとロー、フランキーにウソップ。

「お前ら!!もし捕まっても侍達やミンク族の事を吐くなよ!何も喋らず殺されろ!」

ローの一言にウソップがビビりまくる。

 

「顔隠して戦うってのはどうだ!?」

「100%勝てるならな!ケガ一つでも”決戦”の戦力ダウンだ。今は戦うな!!」

 

フランキーの提案もあっさりとローに却下される。

「何だてめぇ船長顔しやがって!!俺は捕まりゃ全部喋って助かるぞ!!」

「フザけんなてめぇ!じゃ全力で守ってやる!!」

「やったーー!!」

 

ウソップとサンジのやり取りを聞いたローは仲良しかとツッこむ。

するとどこからか女性の悲鳴が聞こえてくる。

声がする方を見ると家が崩れ落ちていた。

 

「やめてくれ!ウチは関係無いのに!!」

するとそこには百獣海賊団真打ちのページワンの姿が。

「”そば屋”だ。他のそば屋を教えろ!!そうでなきゃ・・・『サン五郎』と大声で叫べ!『狂死郎一家』に手を出したバカを!!」

 

すると襲われたそば屋の亭主は、大声でサン五郎の名を叫び続ける。

「ヒヒヒ腰抜けなら永遠に出て来ねぇだろうが・・・!!あぁ次はフルーツ食いてぇな。」

 

そう言いながらページワンはその場から離れていく。

亭主の声が聞こえたサンジはいてもたってもいられず、声のする方へと走りだす。

 

相変わらず別の家を壊し続けていたページワンに俺はここだと蹴りをかます。

「ん〜〜ヒヒヒ!来たか手間取らせんなよ。あーこちらページワン!!6条2区標的を発見!!」

サンジを見つけたページワンはさっそく連絡する。

 

「何してるサン五郎構うな!!ドレークとホーキンスが来たら終わりだ!!」

ローたちが必死にサンジを止めようとするもののサンジは話し始める。

 

「くしくもこいつはおれを知らねぇ。バレねぇしケガもしねぇ!!こんなバカは一瞬で片付く!こっちの戦力増やすのもいいが、あっちを減らしとくのもいい筈だ。お前ら先に行け!!バレなきゃいいんだろ?俺の正体が。」

そう言いながら、サンジの手にはジェルマ66から受け取っていたレイドスーツが・・・。

ワンピース930話のネタバレの考察

 

レイドスーツの能力とは!?

サンジが最後に持っていたジェルマからもらったレイドスーツをいよいよ使うときがきました。

今まで散々否定していたジェルマのスーツをサンジが着るとどのような能力を発揮するのか楽しみです。

そこで、サンジの兄弟たちの能力を紹介しながら、サンジの能力を考察していきたいと思います。

 

長女のレイジュは毒の攻撃を得意としていました。

イチジは光のようなレーザー光線を得意とし、ニジは電気系の能力を発揮していました。

最後にヨンジは純粋に肉体強化を得意としていました。

 

それぞれが得意とする攻撃を強化しているように思えるので、サンジの得意技ディアブルジャンプから炎系の能力のスーツを着たら強化されるのではないかと考えられます。

果たしてサンジの力は一体どのようになるのか楽しみです。

まとめ

ビッグ・マムの襲来をなんとか阻止することができたカイドウたちでしたが、このままビッグ・マムは入国を諦めてしまうのか?

また大看板の一人、キングの能力も明らかになり、最後の一人のクイーンの能力がさらに気になる形となりました。

最後にサンジがいよいよジェルマの力をつかう時がきたので、今後のワンピースも目が離せない内容ばかりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です