【約束のネバーランド】119話のネタバレでノーマンが生存していたことが判明

ハヤトやザジのおかげで無事ミネルヴァさんが住む子供達の住処へ辿り着いたエマたち。

そこでミネルヴァさんから呼ばれたエマだったが、そこにはなんとノーマンの姿が!

死んだはずのノーマンがなぜミネルヴァさんとして生きていたのか?

奇跡の再会を喜ぶエマとノーマンとレイ。

ノーマンからは鬼について話しておくべきことがあると言われるが・・・。

約束のネバーランドの最新話である119話のネタバレをまとめていきます。

約束のネバーランド119話のネタバレの要約

 

奇跡の再会

エマはノーマンの姿を確認して戸惑い自然と涙が溢れていた。

「ノーマン・・・ノーマン・・なの・・・!?」

エマは心の中で「嘘?どうして?あの日出荷されて鬼に食べられたはずじゃ・・?」と困惑しながらもノーマンの名を呼んでいた。

 

するとノーマンもエマと名を呼び、二人は駆け寄り抱き合う。

「何度夢に見ただろう。ノーマンが生きている世界。何度後悔しただろう。何度挫けそうになっただろう。私、頑張ったよ。諦めないで頑張ってこれたよノーマン。」

涙を流しながらノーマンとの思い出や、GF(グレイス=フィールド)の脱獄やノーマンが出荷されるときにした約束を思い出していた。

 

「会いたかったずっと・・・無事でよかったエマ」

「嘘みたい・・ノーマンが生きてる生きてる・・・!」

二人は抱き合いながら再会を喜びあっていた。

 

「本当に本当にノーマンだよね?そっくりさんとかオバケとかじゃないよね??なんで?どうして?あのとき出荷されたのに・・・」

エマはノーマンがなぜ生きているのか、疑問に思うことを吐き出すように質問する。

 

「僕だけは別の農園に送られたんだそこでまた鬼に飼われていた。」

別の農園と聞き混乱するエマ。

 

ノーマンもエマに質問しようと左頬を触れようとすると、エマの身体の異変に気づく。

それに気づいたエマは慌てて話し始める。

「あ・・・左耳・・ハウスに置いてきたの。でも脱獄はできた!レイも連れてきたよ。」

 

そう言いながらエマは一緒に来た子供たちをノーマンの元へ連れてくる。

GF(グレイス=フィールド)出身の子供たちはノーマンの姿を見て、自分の目を疑うかのように驚いた表情をしていた。

 

「今の私の仲間(かぞく)!!」

エマは誇らしげにノーマンの紹介する。

 

「すごいや増えたなぁ。大家族だ!」

ノーマンも人数の多さに驚いていた。

 

「え・・・え!?どういうこと?」

「待って、え??ミネルヴァさん・・・」

「あの子だ。エマの写真の・・え・・でもあの子って・・」

「生きてたの!?ほっ本物!?」

 

それぞれが状況をすぐには飲み込めず驚くもの、戸惑うもの、泣き始めるものと子供たちはそれぞれだったが、GF出身の幼い子供たちはノーマンだと気づくと泣きながら駆け寄る。

「よかったぁ生きてた!!生きてた!!なんでー!!」

 

GV(グランド=ヴァレー)出身の子供たちはどうなっているのか説明してもらおうとレイを呼びかけるが、レイは黙ってノーマンの前に立ち、いきなりノーマンにビンタをする。

「酷いなぁ。挨拶もナシに報復かぁ。ハハハ。いいモノ見れただろ」

 

ノーマンは笑いながらもレイに話しかけると、今まで黙っていたレイは涙を流しながらノーマンを抱きしめ、エマも抱き寄せる。

「生きててよかった・・・!お前ももう二度と死のうとすんじゃねぇぞ馬鹿ノーマン。」

「うん・・・了解!馬鹿レイ。」

二人は多くは語らずただただ抱き合っていた。

 

ノーマンが歩んだ道のり

「そうか・・フィル達はまだハウスに・・・でもみんな本当によく頑張ったね。GV(グランド=ヴァレー)の皆さんにも会えて嬉しいです心から。」

再会を喜ぶのもひと段落つき、ノーマンは話し始めていた。

 

「・・ごめんね。シェルターの場所や襲撃ももっと早くに察知できていれば・・・」

「あれは悪いのはラートリー家だよ!」

謝るノーマンに対してみんなはかばうかのように話す。

 

さらにノーマンが今までどこにいのかを質問する。

「”別の農園”にいたとは聞いだけれど・・」

 

するとノーマンはシャツを脱ぎ始め、胸のマークを見せ始める。

「僕がいたのは、Λ7214(ラムダ)。食用児の実験場だ。」

そのマークを見た子供たちはアダムと一緒のマークだと気づく。

 

「”西の果ての新農園”・・じゃあ二人同じ農園に?」

驚いた様子のGVの子供たち。

レイはそこからどう出てきたのかと問いかける。

 

「脱獄した。共犯者を見つけ、ミネルヴァの支援者の力を借りてラムダを壊して出てきたんだ。」

ノーマンは支援者のことや、今までどのように生きてきたのかを説明し始める。

「”スミー”と名乗っていた。シスター・クローネにペンを与えた人だったよ。その彼も今は殺されてしまったけれど・・・当主ピーターによる粛清でラートリー家の中に潜んでいた支援者は今度こそ一掃された。でも最後の一人(スミー)が死ぬ前に、僕は彼の情報と関係網を受け継いだんだ。」

 

さらに、このアジトもスミーのネットワークの賜物だということを聞かされる。

「にしてもスゲーよノーマン・・・ミネルヴァさん本人ならともかく一食用児があれだけの人間をわずか半年で・・一体どうやって・・・」

あまりの成長ぶりに驚くドン。

 

「あの放送もノーマンが・・・?」

エマが質問するとノーマンが答え始める。

「ミネルヴァを名乗っていればエマ達にも辿り着けると思ったし、それに楽園の造成、人脈の使用、ラートリー家への脅し、鬼達への宣戦布告、全てにおいてミネルヴァとジェイムズ・ラートリーの名は色々と都合がよかったからね。」

 

レイもその話を聞き、ノーマンに質問する。

「なぁノーマン。聞きたいことが山ほどある。ラムダのこと、このアジトのこと、ハヤトやザジこの集落の人間のこと・・・他にも。でもその前に一つ聞かせてくれ。お前は何をしようとしている?農園を襲って壊してこの”楽園”をつくって、一体何を・・・」

 

するとノーマンは、レイの質問を答える前にあることを話す。

「・・・その質問に答えるには、僕からも話しておかなければけない話がある。みんなは知ってる?なぜ鬼は人間を食べるのか。食べなければならないのか!”鬼”とは何なのか・・」

約束のネバーランド119話のネタバレの考察

 

鬼とは一体なんなのか!?

ノーマンが生きていたことにより、奇跡の再会を果たすGF(グレイス=フィールド)の子供たち。

特に仲が良かったエマとレイは相当喜んでいました。

ノーマンが今まで歩んできたことは、どれもエマたちが知らなかった情報ばかりで戸惑いながら話を聞いていましたが、今まで散々苦しめられてきた鬼の核心をつくかのような話をノーマンが最後に話し始めようとしています。

そこで鬼とは一体何なのかを考察していきたいと思います。

 

仮説① 鬼は元々人間説

この仮説はありきたりかもしれませんが、何かのウィルスによって人間の大人たちだけがウィルスに侵されてしまい鬼になってしまった。

他にも人体実験を繰り返すうちに鬼が生まれてしまったなども考えられるかもしれません。

 

仮説② 人間が作り出した説

人体実験の話と似ていますが、人間の遺伝子と何かしらの遺伝子を組み合わせたことによって人間が作り出したものが鬼なのかもしれないということです。

 

仮説③ 生物学的な進化説

何百年という間に何かしらの生物が進化して今の鬼が誕生した説になります。

元は人間だけではないものの、人間の知性に強く憧れを持つ生物の進化が鬼なのではないかと考えられます。

例えば現代で身近な犬や猫のペットなど。

 

この3つの仮説のどれもがハズレかもしれませんが、来週その鬼とは一体なんなのかが明らかになるので楽しみです。

まとめ

やはり生きていたかノーマン!!!っと約束のネバーランドを初めから読んでいる人は、待望の瞬間だったと思います。

さらに散々苦しめられてきた鬼の詳細なども次週明らかになるかもしれないので、読者の方は期待感に溢れているのではないでしょうか。

次週も約束のネバーランドが楽しみです。

ちなみに個人的にはGF(グレイス=フィールド)の元ママ、イザベラが今後は出てくるのではないかと期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です