【約束のネバーランド】120話のネタバレで鬼の正体がが明らかに

ノーマンとの再会を喜ぶエマやレイに一緒に旅を続けた子供達。

再会を喜ぶ中、ノーマンから鬼についての新事実を聞かされることに。

鬼はなぜ人間を食べるようになったのか?

ノーマンが思い描く未来とは一体?

約束のネバーランドの最新話である120話のネタバレをまとめていきます。

約束のネバーランド120話のネタバレの要約

 

鬼はどのように生まれた?

「鬼とは何なのか?」

ノーマンから言われた言葉に疑問を持つ子供達。

 

「そういう怪物じゃないの?」

エマもノーマンの言葉を思い出しながらノーマンからの答えを待っていた。

 

「奴らはヒトを食べなければ、あの姿も形も保てない。形のない怪物なんだよ」

ノーマンがそう切り出し、今まで調べたことを交えながら鬼の真実を語り始めた。

『最初の姿は誰も知らない。恐らく「細菌」に似た何かだった。細菌は主に”分裂”により数を増やす。変わらないただひたすらに増える。同一体(クローン)のコピー。そんな細菌がどうやって進化・変容を遂げてきたのか。答えは”突然変異”そして”遺伝子の水平伝播”である。

”遺伝子の水平伝播”とは、他の生物の遺伝子を(ときに種を超えて)取り込むこと。”彼ら”の進化もそれに似ていた。”彼ら”は食べることで進化する。食べたものの遺伝子を取り込み、その形質を受け継ぐのだ。虫を食べては虫のような何かに、魚を食べては魚のような何かになった。それを繰り返す中で様々な形質を手に入れた。様々な形へと進化していった。

そして”彼ら”はやがてヒトを食べた。そうしてヒトに似た姿と高度な知能、言葉や文化を獲得した。人間は”彼ら”の最大の好物となり、”彼ら”はみるみる人間を超え人間の天敵となった。
驚異的な速度で進化・変容を遂げていく圧倒的存在。人間は”彼ら”を畏れ鬼・悪魔・怪物・神、様々な名で呼んだ。

しかし”彼ら”も一生物であり、その特性も利益一辺倒ではなかった。”彼ら”の速すぎる進化の代償。個体差はあるし、元に戻るわけでは決してないのだが食べ続けなければ形質を保っていられない。鬼が人間を食べるのはそうしなければあの形も知能も保っていられないから。

一度知った人間の味を知能を形質を欲して鬼は人間を食べ続ける。”約束”の締結を経てもなお』

「それが鬼の正体だよ。」

 

ノーマンの話を聞き終わる頃には子供達の顔が引きつっていた。

「食べて進化する・・・?」

「だから色んな姿形の鬼が・・・」

「だから農園をつくってまで食用児を養殖して・・・」

 

子供達からは様々な言葉が出てきていたが、レイもノーマンの話を聞き、驚きを隠せずにいた。

「けど・・・細菌みたいな単純な構造の生物ならともかく、これだけ複雑な生物と化してなおそこまで柔軟な遺伝子の組み替えが可能だなんて」

「ありえない・・・まさに脅威だよ。」

 

ノーマンはさらに話し始める。

「でもその分良くも悪くもすぐに遺伝情報が書き替わる。極めて不安定な生き物なんだ。だからね、農園を潰せばいずれ鬼は滅ぶ。この100年粗悪な量産肉を食べ続けて下級の鬼達の形質保持能力は輪をかけて弱まっている。早い個体なら半年もヒトを食べなければ知恵を失い野に返るだろう。質の悪すぎる量産肉とそれに対する下級鬼の不満は今や鬼達の社会問題になっているくらいだ。」

「農園を潰せば鬼は野良鬼のようになる・・・だからノーマンは農園を・・・」

ノーマンの話を聞いていたエマが今までノーマンの行動を理解し始める。

 

新農園ラムダの秘密

「でもそれって全部の農園をでしょう?できるの?そんなこと人間に・・・食用児に・・・」

ギルダがノーマンに質問する。

 

「できるよ。エマ、ザジを見たでしょう?あの子の力を」

「刀で鬼を斬り斃してた・・一撃で三体も・・・」

 

ノーマンの質問にエマは答えると、ノーマンはラムダのことを話し始める。

「ラムダの実験の副産物だ。ザジはラムダで生まれた。もっと多種多様な高級肉をもっと質の良い量産肉を食欲と実用を伴って今鬼が求める人肉を。鬼の5つの貴族とラートリー家が手を組んでありとあらゆる手立てで・・・手段を選ばず生み出している。

それが試験農園Λ(ラムダ)7214!!

繰り返される投薬と実験、品種改良・・・その過程で筋肉や神経系感覚などにおいて異常な発達、変則的成長を見せる個体が予期せず次々と発生した。」

 

その話を聞いてやっとレイは納得する。

「それがザジやハヤト達ってことか!!」

 

ノーマンが出した答え

「うん。ただし、ジンやハヤトはラムダではなくその系列の新型量産農園の生まれだけれどね。この力を鍛えれば鬼にも勝る戦力になる。皮肉にも全て鬼がくれたんだ高級食用児の知恵同様にね。

彼らの”イレギュラー”を確保する意味でも僕らはまずラムダと系列農園から襲い解放した。今のアジトにいる仲間達の何割かは未来のザジなんだ。ラムダの檻でずっと考えていた。エマならきっと家族みんなで笑って暮らせる未来を、そのためにも自分や家族だけじゃない全食用児を救う道を望むって。でしょう?エマ。

僕もつくりたい。家族も仲間も全食用児が笑って暮らせる未来。エマやレイやみんなと今度こそ一緒に生きたいんだ。だからそのための最善の方法は何か考えた。これが僕の答えだ。

策は既にある。武器戦力その他手配準備はできている。鬼は滅ぼす絶滅させる。

大人になれない世界(ネバーランド)はもう終わり。この世界に全食用児の楽園を築こう。」

 

子供達はノーマンの話を聞き、興奮していた。

しかし、エマの顔は喜びよりも驚きの顔をしていた。

約束のネバーランド120話のネタバレの考察

 

鬼の実態”遺伝子の水平伝播”?

今回ノーマンは鬼のことを専門的な言葉で説明していました。

読んでいてわからなくなった方も多いのではないでしょうか。

簡潔に鬼のことを解説していきたいと思います。

 

わからないところは”遺伝子の水平伝播”ではないでしょうか。

例えば、

  • そのAとBの間に子供が産まれると、ABという子供が生まれます。
  • さらにAとCの間に子供が産まれると、ACという子供が生まれます。

これが”遺伝子の水平伝播”です。

 

”遺伝子の垂直伝播”と呼ばれるものもありますが、こちらは世代みたいなものです。

  • AとBから生まれた子供はAB←これは水平伝播
  • ⇅この受け継ぎが”遺伝子の垂直伝播”
  • 生まれたABとCから生まれた子供はABC←これも水平伝播

ということで後に「だから色んな姿形の鬼がいたのか・・」と子供達が納得する部分がありました。

 

まさに”遺伝子の水平伝播”を理解したことになります。

きっとレウウィス大公の肩に乗っていた猿の鬼は、猿の遺伝子と交ざり、あのような鬼が生まれたのだはないでしょうか。

それで納得がいくと思います。

今後の鬼の予想

”遺伝子の水平伝播”で鬼が生まれることがわかりましたが、今後どのような鬼が出現するのかを考察したいと思います。

そもそもエマたちのいる世界では鬼以外の生物はあまりいません。

しかし、100年という歴史の中で鬼が食べていったということが考えられます。

 

そこで今後出現しそうな強力な鬼を予想したいと思います。

 

亀の遺伝子で生まれた鬼硬い

甲羅を持っているのでなかなか倒すには苦戦しそう。

 

スズメバチの遺伝子で生まれた鬼

鋭い針とスズメバチのサイズのまま鬼になっていたら素早そう。

 

蛇の遺伝子で生まれた鬼

柔軟な身体を持った鬼でさらに毒までも扱えたら強力な鬼。

 

このように様々なことが考えられるようになったので、今後出現する鬼の描写は楽しみです。

まとめ

約束のネバーランドの鬼の真実が明らかになりました。

さらにラムダのことも明らかになったので、今後の展開の幅が広がったのではないでしょうか。

なぜか今回の約束のネバーランドの話は、テラ○ーマーズみたいだと思ってしまいましたが今後の物語や出現する鬼に注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です